« ナーマ・ゲーバー Naama Gheber 「Dearly Beloved」 | トップページ | ブラッド・メルドー Brad Mehldau 「Concert in Hannover 2020」 »

2020年7月 3日 (金)

ジュリア・カニングハム Julia Cunningham 「SONGS FROM THE HARP」

ハープ奏者のエレガントな優しさ溢れるヴォーカル・アルバム


<Jazz>
Julia Cunningham 「SONGS FROM THE HARP」
Soul Harp Music / IMPORT / JC1901 / 2019

Songsfromtheharp

Harp & Vocals: Julia Cunningham
Piano: Miles Black
Violin & viola: Richard Moody
Trumpet: Miguelito Valdes
Guitar: Reuben Wier (tracks 1, 2, 4, 5, 10-12)
Adam Dobres (tracks 2, 7, 8, 10, 11)
Quinn Bachand (solos on tracks 1 & 4)
Joey Smith (track 13)
Bass: Joey Smith (tracks 1, 2, 4-6, 10, 12, 13, 15)
Joby Baker (tracks 3, 7, 8, 11)
Congas: Joby Baker
Drums: Kelby MacNayr

Recorded at Baker Stugios, Prospect Lake, BC, Canada

 カナダの美人ハープ奏者でありヴォーカリストであるジュリア・カニングハムが、変動的コンポ編成をバックに録音したアメリカン・スタンダードを中心としての作品。彼女はカナダのブリティッシュ・コロンビア州ヴィクトリアを拠点として活動を続けているという。
 ノスタルジックなムードで優しくエレガントなヴォーカルと彼女のハープ演奏も入ってのなかなか聴きやすいアルバムだ。

Juliacunninghambardw

(Tracklist)

1. Medley: Dream a Little Dream of Me & I’ve Got a Crush on You
2. Sunny Side of the Street
3. There’s a Small Hotel
4. Aged and Mellow Blues
5. God Bless the Child
6. My Romance
7. Besame Mucho
8. Bye Bye Blackbird
9. All I Do Is Dream of You
10. Pennies from Heaven
11. L-O-V-E
12. Boy from Ipanema
13. What the World Needs Now
14. Smile

  このハープ奏者がどのような経過でジャズ・ヴォーカリストとなったかは知らないのだが、非常に落ち着いた優しく優雅なジャズ・ヴォーカルを展開する。曲によっては得意のハープの演奏も入って、ジャズとしてはちょっと変わったタイプの味が出ている。
 このアルバムはジャズ特有の夜のムードとか、ちょっとした酒場のムードとかとは違った暗さは全くなく又哀愁という世界でもない。どちらかというと難しさのない自然体での心地よいエレガントな親近感たっぷりの世界を展開する。恐らく彼女はヴォーカルというよりはハープ演奏が主体であったと思われる若干素人っぽいヴォーカルもなかなか聴きどころというか、特別のところがないのが取り柄という面白い世界なのである。
   M7."Besame Mucho"はハープ演奏を主体にビオラも入ってインストでの演奏、久々にハープの良さも堪能した。
 14曲の中で最も長い曲がM6."My Romance"であり5分12秒だが、なかなかシットリとしたムードが漂って彼女の囁き様のヴォーカルで気持ちが休まる。M14."Smile"も同様だ。
 M9."All I Do Is Dream of You" 3分弱の短い曲だが、ハープ演奏に加えて最も彼女らしいやや夢のある展望の曲だ。
 M.11"L-O-V-E" 聴き慣れたこうゆう曲もなかなか軽快に無難にこなしている。

 しかしカナダは後から後から、女性・ジャズ・ウォーカリストが出てきて、ちょっとしたブームを感じますね。そんな中からの一枚だ。とにかく彼女は期待株。

(評価)
□ 選曲・歌     80/100
□   録音       80/100

(視聴)
   このアルバムの曲が見つからないので参考までに・・曲「Fragile」の彼女の演奏

 

|

« ナーマ・ゲーバー Naama Gheber 「Dearly Beloved」 | トップページ | ブラッド・メルドー Brad Mehldau 「Concert in Hannover 2020」 »

音楽」カテゴリの記事

JAZZ」カテゴリの記事

女性ヴォーカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ナーマ・ゲーバー Naama Gheber 「Dearly Beloved」 | トップページ | ブラッド・メルドー Brad Mehldau 「Concert in Hannover 2020」 »