« ルネッサンス Renaissance 「Sight and Sound in Concert」 | トップページ | イーグルス Eagles 「Largo 1977」 »

2021年2月17日 (水)

シャイ・マエストロ Shai Maestro 「Human」

イスラエル風民族音楽的なムードを生かしつつ・・・
実は「彼の思い」が込められたアルバムだ
・・コンテンポラリー度、リリカル度、スリリング度が適度で素晴らしい

<Jazz>

Shai Maestro 「Human」
ECM / Germ. / ECM 2688 089 0670 / 2021

Humanw

Shai Maestro シャイ・マエストロ (piano)
Jorge Roeder ホルヘ・ローダー (double bass except 04, 07)
Ofri Nehemya オフリ・ネヘミヤ (drums except 04, 07)

Philip Dizack フィリップ・ディザック (trumpet except 06, 07, 08, 11)

Recorded Feb. 2020, Sudio Studios La Buissonne, Pernes-Les-Fontaines

  ECMの前作『The Dream Thief』(ECM 2616 6771112/2018)にてその素晴らしさを味わったNYシーンで活躍するイスラエル出身の人気急上昇ピアニスト:シャイ・マエストロShai Maestro(1987年イスラエル生まれ)の、ECMでの2作目、前作と同じ彼のトリオに、新たにトランペットが加わってのカルテット作品となっている。

Shaimaestrow  彼のピアノの素晴らしさは、実はAvishai Cohen Trio で気に入ってから注目はしているところだが、ここに来てECMからのリリース2枚目で、私にとっては尚更興味津々と言うところなのである。
  
  彼は、なんと8歳の時にオスカー・ピーターソンのアルバムを聴いてジャズに開眼したとか。そして19歳の若さででベース奏者アヴィシャイ・コーエンのバンドに抜擢されたのだった。2010年に自身のユニットを結成。以来活動を共にし、これまでリリースした4枚のリーダー・アルバム全てに参加するホルヘ・ローダー(b)と、同郷イスラエルのドラマー、オフリ・ネヘミヤ(ds)に、本作では、米国人トランぺッター、フィリップ・ディザックを加えている。

(Tracklist)

01. Time
02. Mystery And Illusions
03. Human
04. GG (tp & p duo)
05. The Thief's Dream
06. Hank And Charlie (p-b-ds trio)
07. Compassion (solo piano)
08. Prayer (p-b-ds trio)
09. They Went To War
10. In A Sentimental Mood *
11. Ima (For Talma Maestro) (p-b-ds trio)

*印以外Shai Maestroのオリジナル曲

 手頃にエスニック風の味付けがある独自のフォーク・ジャズ的と言うかイスラエル民族音楽的トラッド風と言うか、そんなムードが滲み出ているが、なんとなく引きつけられる世界を持っている。
 しっとりとした潤いと透明感溢れるピアノの音が、流れるように演じられ、又一方余韻をもって耽美的・哀愁的情景を描いてくれる。そして独特の異国情緒は今回はトランペツトの響きによって描いているのが特徴。カルテット演奏はドラマティックな展開も織り込んでいてジャズとしての味付けはちゃんとみせる。アルバムを通して聴いてじっくり感動が沸いてくる。

91ejmcqt5ll1000

 もともと私の好みからは、ビアノ・トリオ+トランペットというのは恐らく否定的な方向に感ずる処だ。確かにM4." GG", M5."The Thief's Dream"あたりは、ピアノの美しさがトランペットによって消されてしまう感覚になる。しかし救いは、ECM盤ということで想像していたことだが、全体に寧ろ優しく歌うトランペットであったことだ。
 M2."Mystery And Illusions", M3." Human"で意外だったのは、イスラエル的エスニック風の味付けがやはりあるが、それはなんとトランペットの響きから一番感じられるところなのだ。そこがこのカルテットとした味噌なのかも知れない。
 しかし中盤に入って、M6."Hank And Charlie " M7."Compassion ", M8."Prayer "はピアノ・トリオのみの演奏で、ようやく美しいピアノ、ベースの休まる音、余韻を大切にしたピアノの音から沈着な世界に美しさが漲る(M7はピアノ・ソロで情緒豊か)。又M6.は故ハンク・ジョーンズとチャーリー・ヘイデンの音楽にトリオが敬意を表している。このピアノ・トリオ・スタイルが私好みの世界のだ。
Idf_back_from_lebanon
 ところが、M9."They Went To War" が注目曲、ここでトランペットの素晴らしさに浸れる。"彼らは戦争に行った"・・その苦しさ、哀しさが、静かに演じられるトランペットの音に哀しく訴える心が感じられ感動。これがマエストロの描きたい一つの世界とみた。
 そしてM11." Ima"でこのアルバムは納められるが、そこには、心のよりどころとなる世界を見事にペットなしのマエストロ・トリオが描くのである。ここには民族的ムードは無く、世界に普遍的に未来志向のムードで響く。

 なかなか、したたかなアルバムである。中盤から後半で完全に虜にされた。やはり前作と同様、このシャイ・マエストロとは、ただ者で無い。とにかくスリリングなところも魅せながらコンテンポラリーな味付けがあったり、リリカルな世界があったり、哀愁度と、それが手頃に納める技はお見事と言いたい。そして彼の思いが込められていることに感動した。推薦盤だ。

(評価)
□ 曲・演奏 :  88/100
□ 録音   :  85/100


(視聴)

*

|

« ルネッサンス Renaissance 「Sight and Sound in Concert」 | トップページ | イーグルス Eagles 「Largo 1977」 »

音楽」カテゴリの記事

JAZZ」カテゴリの記事

ピアノ・トリオ」カテゴリの記事

ユーロピアン・ジャズ」カテゴリの記事

シャイ・マエストロ」カテゴリの記事

コメント

静かなところは静かで、情念的な盛り上がりもあって、なかなか想像力を掻き立てられるような仕上がりになってました。イスラエル的と言えば、そういう場面もあると思いますが、普遍的に聴いている人の内面が揺さぶられるようなものも持っていますね。いいアルバムを聴きました。

当方のブログアドレスは下記の通りです。

https://jazz.txt-nifty.com/kudojazz/2021/01/post-8f4b44.html

投稿: 910 | 2021年2月17日 (水) 14時00分

910さん
こんばんわ、コメントどうも有り難う御座います
ピアノ・トリオ+トランペットというカルテットで、ピアノのリリカルさがどうなるかと心配しましたが、さすが、トランペットの目的をきちんととっていて、その味わいが聴き取れました。そしてピアノを生かすところはトリオとソロで演じて、自らのオリジナル曲で「心」を、そして「人間」・「社会」にまでアプローチした姿は見事でした。
 演奏はECM世界を貫いて、深遠さも聴くことが出来て良かったですね。

投稿: photofloyd(風呂井戸) | 2021年2月17日 (水) 21時34分

風呂井戸さま、、思うところは同じ気がします。
このトリオにトランペットかぁ、、って、思った自分は馬鹿でした。
素晴らしい音楽空間ですよね。

リンクもありがとうございました。m(_ _)m

https://mysecretroom.cocolog-nifty.com/blog/2021/02/post-9c55a3.html

投稿: Suzuck | 2021年2月20日 (土) 12時32分

Suzuckさん
こんばんわ、コメントどうも有り難う御座います。
Suzuckさんのご評価が、私も聴いてみようと思った一つの要因でした。
これは聴いておくべきアルバムですね。ジヤズという世界の現代版の一つの世界をきちんと構築していると思います。
又イスラエルという国も、日本では解らない複雑にして厳しい社会環境に思いを馳せますと、ふと気になります。そこも見てこのアルバムにも心を寄せたいと思っています。
TBありがとうござすます。

投稿: photofloyd(風呂井戸) | 2021年2月20日 (土) 22時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ルネッサンス Renaissance 「Sight and Sound in Concert」 | トップページ | イーグルス Eagles 「Largo 1977」 »