« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »

2021年3月29日 (月)

マッシモ・ファラオ Massimo Faraò 「Nuovo Cinema Paradiso」

ジャジィーな演奏に期待しないで、ポピュラー的演奏で
・・・エンニオ・モリコーネをトリビュート

<Jazz>

Massimo Faraò 「Nuovo Cinema Paradiso」
~ tribute to Ennio Morricone
Venus Records / JPN / VHCD1286 / 2021

81gvw

MASSIMO FARAO マッシモ・ファラオ (PIANO)
DAVIDE PALLADIN ダヴィデ・パラディン (GUITAR #1-6,8,9,12)
NICOLA BARBON ニコラ・バルボン (BASS)
BOBO FACCHINETTI ボボ・ファッキネネィック (DRUMS)
CESARE MECCA (TRUMPET #12)

Recorded at Riverside Studio in Torino on July 21&22,2020

Engineered by Alessandro Taricco
Mixed and Mastered by Tetsuo Hara
Produced by Tetsuo Hara

Enniomorriconew  イタリアのジャズ・ピアニスト、マッシモ・ファラオが、マカロニ・ウェスタンで人気を上げたイタリア映画音楽の巨匠、エンニオ・モリコーネ(1928-2020)(→)の名曲を、シネマ・ジャズに仕立て上げたアルバム。もともとあまり欧州独特の味というのは無く、又Venusレコードというところで、興味もそれ程無かったピアニストだが、今回のこのエンニオ・モリコーネを取上げたと言うことで、なかなか興味をそそるのも上手というか、商業的にもうまいというか、そんなところに操られて手にしたアルバムである。

(Tracklist)

1_20210329081901

  やはり思った通りの一通り演奏しましたという感じの出来だ。いつも思うのだが、彼の演奏にユーロ・ジャズの味がどうも感じない。Venus Records との連携の結果であろうか、今回のように一人の作曲者に絞っているので、その対象が何を描きたかったかというところにほんとに踏み込んで演奏しているのかと、ちょっと疑いぽくなってしまう。作品という感じがしないのだ。

Xat1245697832x

 ここで前回取上げたマッシモ・ファラオ・トリオのアルバムは、ストリングス・オーケストラとの共演の『Like An Elegant Wine』(VHCD1278/2020)であったが、あれも変化というモノが無く、ポピュラー演奏版といった感じであった。今回もとにかく一通り演奏しました聴いてくださいというアルバムで、ジヤズの面白さというところがあまり感じないアルバムなのである。

 そしてこのアルバムの特徴は、トリオにギターを加えたところだが、それもピアノと交互に旋律を奏でるという手法であまり面白くない。ジャズ・ミュージシャンとしてのアドリブや展開の色づけというところでは、ちょっとそのあたりが見えたのがM2."Il Buono Il Brutto Il Cattivo 続・夕陽のガンマン"であった。
 まあ、ポピュラー音楽的に、多くの誰にも聴けるというところを狙っての刺激の無い演奏というところではこれで良いのかも知れない。
 私が期待したM3."Gabriel's Oboe"、M5."C'era Una Vilta Il West"では、単に旋律をたどった演奏。そしてM10."Playing Love"の「海の上のピアニスト」のテーマ曲、これもあの哀感がもっとあって欲しかった。
  いずれにしても映画音楽であるので、もう少し遊び心の展開と、叙情的なジャズ・アレンジが欲しかったと思うのである。しかしこれは単なる私の希望であって、これはこれで"聴きやすさで良し"とするところもあるのだろうと、取り敢えずVenusレコードの希望に添ったものだったのかもと思うのであった。

(評価)
□ 編曲・演奏   75/100
□ 録音      83/100

(試聴)   このアルバム関係が見当たらないので、参考までに・・・

 

| | コメント (0)

2021年3月25日 (木)

2020-2021年  冬の想い出 (2)

この冬の撮影記録第二回です。
例年に近い積雪の冬でしたが、それでも昔の冬よりは少ない雪でした。
そして、三月は例年より暖かく早い融雪の時となった。

                                (クリック拡大)

Aadsc00074tr2mw

1  (PL)

 

 

 

Aadsc00081tr3m2w

2   (PL)

 

 

 

Aadsc09972trxmw

3   (PL)

 

 

 

Aadsc04227trxcw

4    (PL)

 

 

 

Aadsc04319tr2bw

5    (IR)

 

 

 

Aadsc00069tr2xmw

6    (PL)




 

Aadsc00028xtr2mw

7    (PL)



 

 

Aadsc04334trxw

8    (IR)

 

 

 

 

Aadsc04242xtr3

9   (IR)

 

 

 

Aadsc01130tr3mirw

10   (IR)

 

 

 

Aadsc04335tr2w

11   (IR)

 

 

 

 

Aadsc04484tr2w

12  (IR)

 

(使用機種)
Sony ILCE7RM4, FE4/24-105 G OSS, PL
Sony ILCE6000(fullspectrum), Zeiss Vario-Tessar F4/15-25 ZA OSS, IR720-760

PL = PL(polarized light ) Filter    偏光
IR = InfraRed Filter (720, 760) 赤外線

| | コメント (0)

2021年3月21日 (日)

エンリコ・ピエラヌンツィ Enrico Pieranunzi 「THE REAL YOU」

ピアノとベースのデュオでエヴァンス・トリビュート・アルバム

<Jazz>

Pieranunzi , Fonnesbaek 「THE REAL YOU」
Stunt Records / Denmark / STUCD 20132 / 2021

71wdfxpss3l_ac850_20210317195801

Enrico Pieranunzi (piano)
Thomas Fonnesbæk (bass)

  イタリアのベテラン・ピアニストのエンリコ・ピエラヌンツィが三年前にベースのトーマス・フォネスベック(1977デンマーク生まれ)とのデュオ『Blue Waltz』作品を発表したが、それ以来のこのコンビでの二作目の登場。それもなんと今や伝説のビル・エヴァンス(1929-1980)のトリビュート・アルバムとして気合いが入っている。
 このところエンリコも多作で又々の登場となるが、意外に脇役的アルバムも多かったところに、おそらくこの企画は彼自身の意欲から産まれたものであろうと期待していたものである。
 まあエンリコと言えば、私としてはソロやトリオものにおいても、美旋律叙情派演奏が期待面の大きいところだが、近年は若干その様相を変えインタープレイの妙に傾いているのかと思わせるところがある。そんな点がどうかと興味を持って手にしたアルバム。

Pieranunzifonnesbaek1_c_ (Tracklist)

01. Hindsight *
02. Only Child (B.Evans)
03. The Real You *
04. Passing Shadows *
05. Our Foolish Hearts %
06. Sno' Peas 
07. Il Giardino Di Anne *
08. I Will Look After You # 
09. Dreams And The Morning *
10. Interplay (B.Evans)
11. More Stars %
12. People Change #
13. Bill And Bach %

 *印 Enrio Pieranunzi  ,  #印 Tomas Fonnesbæk ,  %印 Enrico & Thomas

Pieranunzifonnesbaek_c_annettahrends1500

  M01."Hindsight" 案の定、美旋律というよりはインタープレイ美学。
  M02."Only child" で、ビル・エヴァンスとの対峙を演ずる。テンポ・アップで演奏しており、エヴァンスの演奏にみるところの何となく物思いの回顧に誘導される世界は、残念ながら感じない。
 M03 "The Real You"は、エンリコのオリジナル曲で、アルバム・タイトル曲、聴きやすいメロディーが流れるが感動はない。
 M04 "Passing Shadows "は、やや哀愁のあるピアノ旋律から入って、中盤のベース演奏も印象深い。次第にアクティブな演奏に転じて、ここでは"ビル・エヴァンス奏法"の雰囲気は、それなりにイメージさせられる。M03、M04の二曲はクラシック寄りの美的演奏。
 M05."Our Foolish Hearts "ピアノが流すオリジナル旋律に、ベースが流す"My foolish heart"曲で作り上げる技に驚かされる。奇抜な手法での美しさに脱帽。見事な老獪な技の世界。
 M07."Il Giardino Di Anne"は、M3に似た技法だが刺激は少ない。
 M08."I Will Look After You"はフォネスベックの曲となっているが、エンリコの世界そのもの。
 M10." Interplay" 再びエヴァンス曲の登場、新しさは感じなかったが、M11." More Stars "の歯切れの良い高速インタープレイが圧巻。
 M12."People Change" ラスマエのゆったり美学。
 M13." Bill And Bach"のエヴァンスとバッハのテクニックを凝らしての対比が面白い発想。中盤のバッハに痺れる。

 エンリコのピアノは、相変わらず端正にして歯切れの良いピアノ・プレイだ。ドラムス・レスでベースとのデュオとしたところにインタープレイを描くにはとりやすかった手法か。所謂、"哀愁抒情性の美学"のアルバムではなく、"インタープレイ美学"であったと結論づける。まあ、彼らの満足度が大きいかも知れない。それがビル・エヴァンス世界のトリビュートとすればうなずけないことも無い。

(評価)
□ 曲・演奏 : 85/100
□   録音   : 88/100

(試聴)   "Our Foolish Hearts"

| | コメント (2)

2021年3月17日 (水)

ステファニア・タッリーニ Stefania Tallini Trio「UNEVEN」

クラシック/ジャズ界で活躍の女流ピアニストのジャズ・ピアノ・トリオ作品

<Jazz>

Stefania Tallini & M.Bortone, G.Hutchinson「UNEVEN」
ALFA MUSIC / Import / AFMC226 / 2020

Unevenw

Stefania Tallini ステファニア・タッリーニ (piano except 02, 11) (electric piano on 02, 11)
Matteo Bortone マッテオ・ボルトーネ (double bass except 12)
Gregory Hutchinson グレゴリー・ハッチンソン (drums except 12)

Recrded at Forward Studios ,Grottaferrata(Rome) ,2020

  イタリアのステファニア・タリーニ(1966年生まれ)はジャズ/クラシック界双方で輝かしいキャリアと高い評価を得ている20年以上の円熟ピアニストだ。ジャズでは8枚のリーダー作を残してきた。ピアニストであり作曲家としても評価が高い。一方クラシックでは多くのクラシック国際的評価を勝ち取ってきている。演奏のみならず、作曲、演劇曲やサウンドトラックの制作等と活躍の幅は広い。本作は久々のジャズ・ピアノ・トリオ作品。参加メンバーは、ベースにマッテオ・ボルトン(イタリア)、ドラムスは米国より招聘したグレゴリー・ハッチンソン。
 かってのアルバムからみても、このアルバムは彼女のオリジナル曲が主体であり、エレピの登場もあり多彩なタイプの演奏に期待が持てる。

60cc84c437c313826fae7b063fa3db15137dc545 (Tracklist)

1.A Twin Thought
2.Uneven
3.Il Sogno
4.Le isole Dei ciclopi
5.In The Night
6.Bluesme
7.Nell'Intramente
8.Inútil Paisagem
9.Triotango
10.Anna
11.In a Cave
12.The Nearness of You

All composed by Stefania Tallini except M8 and M12

  やはり多彩なタイプの演奏がこのアルバムには納められていて、聴く方は単調にならない。端麗にして耽美派な演奏に、ロマンチックな曲もあり、そうかというと自由奔放なアクション攻勢の見られる硬質な三者のインタープレイがあったり、更に瞑想性の曲や、エレピによるファンク調な展開、はたまた牧歌的な世界の色もみせる。

Uneventrioprojectw
M2."Uneven" 何故かアルバム・タイトル曲がエレクトリック・ピアノでのファンキーっぽい演奏。
M3."Il Sogno" 優雅な夢か、メロディアスなピアノのトリオ演奏。
M4."Le isole Dei ciclopi" パーカッションを生かしたラテン・ムード展開。
M5."In The Night" 瞑想性のあるピアノとゆったりとしたトリオ演奏。
M6."Bluesme" スピード感たっぷりの攻撃性、破壊性の展開、変調とインプロの展開が入り乱れて面白い。
M7."Nell'Intramente" 物語様のメディアム・テンポ曲。刺激が無く美しく暖かい。
M8."Inútil Paisagem" ゆったりした中に、不思議に刺激性の躍動感。ジャズ特有の世界がシンバルの響きに、そしてピアノの流れが秀悦。
M9."Triotango" タンゴ風とは言うが、典型的なところには至らず。
M.12."The Nearness of You" 最後は真摯に安定感をゆったりとソロ・ピアノで聴かせる。

 しかし、飽きさせないアルバム展開が秀悦。録音も一流で聴き応えある。そう叙情的というところにはない世界。いわゆるパターンは決めがたいが、全編品格があるところが聴かせ処か。M5.M6,M8あたりの曲に注目した、特にM6、M7あたりの関係が見事。

(評価)
□ 曲・演奏 :  88/100
□  録音   :  88/100

(視聴)

*

 

| | コメント (0)

2021年3月13日 (土)

エンリコ・ピエラヌンツィEnrico Pieranunzi & Bert Joris 「AFTERGLOW」

なかなかトランペットものは、私的には敷居が高い

<Jazz>
Enrico Pieranunzi & Bert Joris 「AFTERGLOW」
CHALLENGE Records / Austria / CR73460 / 2020

71qkqxymgwl_ac_sl900

Enrico Pieranunzi エンリコ・ピエラヌンツィ (piano)
Bert Joris バート・ヨリス (trumpet, flugelhorn)

Recording Studio : MotorMusic, Mechelen(Belgium)
Recording dates : September 7&8, 2018

  このところ矢継ぎ早にお目見えするエンリコ・ピエラヌンツィ(1949-)のアルバム。殆ど企画ものが多いのだが、このアルバムも2018年録音モノでベルギーの名トランぺッター、バート・ヨリス(1957-)とのデュオ。もともと私はトランペッターものは、ほんの限られた演奏者のものしか聴かないのだが、取り得合えず叙情派といってよいエンリコとのデュオものであるというところと、オリジナル曲によるものであることから、アプローチしてみた。

(Tracklist)

01. Siren's Lounge (4:24) *
02. Afterglow (3:31) *
03. Millie (3:18)  #
04. Cradle Song For Mattia (2:51) *
05. Five Plus Five (5:10) *
06. Anne April Sang (5:20) *
07. Freelude (2:24) %
08. What's What (2:38) *
09. How Could We Forget (5:22) #
10. Not Found (3:33) %
11. The Real You (3:03) *

*印 composed by E.Pieranunzi
#     composed by B.Joris
%    composed by E.Pieranunzi & B.Joris

Eb

 案の定、予想通りのエンリコのむしろ黒子役のデュオだ。ヨリスは心得たりと演じているが、これもファンにとってはたまらないと言えるのか、私にとってはどうもイマイチというよりは、心に迫る良い音として聴けないところは、自分自身でもナサケナイ。

 アルバム・タイトルの「Afterglow」は、エンリコのオリジナル曲M2."Afterglow"からきていると思うが、一日でも美しい夕映えや残光を意味する言葉で、"こまでも美しく、きらめくピアノと柔らかいラッパの音色"と言うことのようだが、どうもその世界はこの曲とその他の2-3の曲で聴ける以外では、理解できなかった。
   敢えて言うならば、収録の11曲の中では、それなりの美的世界は感じられたというのが、M2.以外では、M4."Cradle Song For Mattia ", M6."Anne April Sang", M7."Freelude "位で、M4.はメロディーが親しみやすく、M6.は静かな中に味わい深いトランペットの響きが美しい。M7.はスローな展開で、ちょっとした異世界に誘われる。
 M8."What's what"は、ハイレベルな演奏での掛け合いのインタープレイが面白いが、M10."Not found"と共に、アクロバティックで演ずる二人の楽しみのようで、殆ど聴く方としての私個人の興味は湧かなかった。

71wdfxpss3l_ac850  実はこのところリリースされたエンリコ・ピエラヌンツィのアルバムに、もう一枚『THE REAL YOU』(STUCD 20132/2021)(→)というのがあって、こちらはピアノ+ベースのデュオで、実はそれに期待していました(紹介はいずれ)。従ってこちらのこのアルバムに関してはこんな紹介程度にして納めておく。トランペットものの愛好者には是非聴いていただいて評価を聞いてみたいと思うのである。

(評価)
□ 曲・演奏  75/100
□ 録音    80/100

(試聴)

 

| | コメント (0)

2021年3月 8日 (月)

エル Elle 「Close Your Eyes」 

演奏展開がジャズらしさを増して

<Jazz>

Elle 「Close Your Eyes」 
TERASHIMA Records / JPN / TYR-1095 / 2021

Closeyoureyesw

Elle  : Vocal
Alessandro Galati : piano
Guido Zorn : bass
Lucrezio Seta : drums

 我が愛するアレッサンドロ・ガラティに見出されてレコーディング・デビューに至ったというイタリアの若手歌姫:Elle=エルの新作。前第1作『So Tenderly』(TYR-1081)は、「ジャズ批評」誌で2019年ジャズ・オーディオ・ディスク大賞のヴォーカル部門でトップ(金賞)に輝いた注目株。実はあのトップに関しては私はちょっと納得しなかったんですが、まあアレサンドロ・ガラティの曲作りと演奏に魅力があるところで納めていた。
 寺島靖国に言わせると、女性ヴォーカルは巧さより声の質に魅力が無ければ・・・と、成る程その意味においては私も取り敢えず納得しておく。
 今回も前作と同じくガラティ率いるトリオをバックにしたニュー・アルバムだが、全曲ガラティが編曲したという構成であるが、ただ同じモノは造らないと言うことか、オープニングの曲から若干イメージは変わって来ている。

 

1_20210305105701 (tracklist)

01. Comes Love
02. If I Should Lose You
03. Autumn In New York
04. Close Your Eyes
05. My Old Flame
06. I Concentrate On You
07. Once In A While
08. I Fall In Love Too Easily
09. Besame Mucho
10. I'll Be Seeing You

 エルのヴォーカルは、あるところで「"大人の夜の小唄セッション"ぽい」と表現されていたが、確かにそうかなと言うところか。とにかく力を抜いたテンダーにしてアンニュイ、そしてセクシー度も適当というところが魅力か。歌の巧みさというところでは、クラシック歌手を経てきていると言うのだが高度というところにはイマイチだ。ただ声の質が女性としての魅力があるところが支持されるポイントであろう、ウィスパー・スタイルが売り処。

 今回もガラティの編曲演奏がやはり注目するところだ。ロマンティックな耽美性は相変わらずだが、彼の持ち味の嫌みの無い展開が時にスウィングし、時に刺激的なところを織り交ぜての過去の曲の演奏スタイルにとらわれない独自の世界がいい。選曲そのものは寺島靖国が行なったようだが、編曲にはガラティの独自的解釈が強化されて、バラードっぽくを期待した面を特にM1."Comes Love"のようにスウィングした軽快な出だしで、期待とは別展開させているところが面白い。アルバム・タイトル曲M4."Close Your Eyes"も同様でありピアノ、ベースの演奏も楽しめる。しかしどんな場面でも決して力んだ展開はみせず、あくまでもソフト・テンダリーに押さえている。曲の中で、ガラティのピアノ演奏の占めるところも多く、そんな意味では今回の方が、ある意味では変化が多くジャズっぽい。

Img_25e85d3805e717f52941723ff962c5091394

  いずれにしても、このエルのヴォーカル・スタイルは、やっぱりウィスパー系がぴったりで、M5."My Old Flame"の流れはいいし、中盤のガラティのピアノも美しい。そしてそのパターンは、M8."I Fall In Love Too Easily"の世界で頂点を迎える。ここではヴォーカルのイメージを大事に間をとりながらのピアノ演奏の世界が美しく、しかも進行して行くうちにスウィングしてみせたり、その流れは如何にもガラティの世界。

 このタイプの女性ジャズ・ヴォーカル世界は、"特にジャズならでは"というムードであって、それを寺島靖国は求めて企画した事がひしひしと伝わってくる。そんなアルバムとして評価したい。

(評価)
□ 編曲・演奏・歌  85/100
□ 録音       85/100

(視聴)
Elle の映像が見当たらないのでA.Galati Trio ものを ↓

 

| | コメント (0)

2021年3月 4日 (木)

2020-2021 冬の想い出 (1)

    

1 「初冬」  December. 2020

 当ブログから写真関係は「瞬光残像」http://photofloyd.exblog.jp の方に分派させたため、こちらへの投稿が減っているが、ここでこの「2020-21:冬」の何枚かを二~三回に分けて当ブログに記録しておく。
 (先ずは初冬の11枚 - 全てMonochrome)    <クリック拡大>

 

11dsc09942tr2m

1 (PL)

 

 

12dsc09948tr2m

2 (PL)

 

 

13dsc04122trw

3 (IR)

 

 

14dsc04079tr1w

4 (IR)

 

 

15dsc04071tr2w

5 (IR)

 

 

16dsc04175trw

6 (IR)

 

 

17bdsc09328xtrmw

7 (PL)

 

 

18dsc04153tr2w

8 (IR)

 

 

19dsc04243tr3w

9 (IR)

 

 

20dsc04312trw

10 (PL)

 

 

21dsc09399trmw

11 (PL)

 

(使用機種)
Sony ILCE7RM4, FE4/24-105 G OSS, PL
Sony ILCE6000(fullspectrum), Zeiss Vario-Tessar F4/15-25 ZA OSS, IR720-760

PL = PL(polarized light ) Filter    偏光
IR = InfraRed Filter (720, 760) 赤外線

 

| | コメント (2)

« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »