« 2024年6月 | トップページ

2024年7月17日 (水)

シモーネ・コッブマイヤー Simone Kopmajer 「Hope」

相変わらずのスウィートにしてマイルドな歌声

<Jazz>

Simone Kopmajer 「Hope」
自主制作 /Import / SKLMR24  /2024

54a5474e54b24559w

Simone Kommajer - vocals
Terry Myers - saxophone
Paul Urbanek - piano
Karl Sayer - bass
Reinhardt Winkler - drums

Foto1w  過去に取り上げてきたオーストリア出身の歌姫、シモーネ・コップマイヤー(1981年生まれ)の新作、今回は自主製作版ようだ。もともと彼女の持ち味である爽やかな可愛らしさにスウィートにしてマイルドな歌声は相変わらずで聴きやすさが売り物だ。
  ここでも取り上げた評判の良かったアルバム『MY WONDERLAND』(2020)でバックを務めたTerry Myers(ts), Paul Urbanek(p)が今回もゆったりムードの演奏でシモーネの歌唱を支え。選曲は彼女自身の曲のほか、AORといわれる分野の曲からJazzまでの比較的やさしい曲で、シモーネの魅力を満たそうとした作品だ。

(Tracklist)

1. Pick Yourself Up (Dorothy Fields/Jerome Kern) (3:27)
2. Black Tattoo (Karolin Tuerk/Simone Kopmajer) (3:46)
3. Careless Whisper (George Michael/Andrew Ridgeley) (3:29)
4. Little Green Apples (Robert Russell) (4:19)
5. What A Difference A Day Makes (Stanley Adams/Maria Grever) (4:29)
6. Sittin´ On The Dock Of The Bay (Steve Cropper/Otis Redding) (4:01)
7. Amsterdam (Karolin Tuerk Paul Urbanek) (3:01)
8. Old Devil Moon (Burton Lane, E.Y. Harburg) (4:14)
9. Hope (Simone Kopmajer & Paul Urbanek) (4:02)
10. As The Night Goes By (Paul Urbanek) (4:40)
Bonus Track
11. So Faengt Das Leben An (Simone Kopmajer/Paul Urbanek) (3:13)

 彼女も年期も入ってきたので、このアルバムでは、もう少しジャズらしくなってきたかと思ったが、むしろポップス色が強くなっている感がある。その点は少々残念であったが、自主製作盤であって彼女自身の好みに準じての作風かも知れない。まあ時に気楽に聴くヴォーカルものとして良いとしておこう。

Kopmajer_simonew

 彼女のオリジナル曲に注目してみたが、ピアノのPaul Urbanekの協力を得ていて、アルバム・タイトル曲M9."Hope"は、AORタイプでちょっとカントリーっぽい曲だ。又M11." So Faengt Das Leben An"はあまり特徴のない曲となっている。
 M6."Sitting on the Dock of the Bay"は、オーティス・レディングの曲で有名だが、ペギー・リーなども歌っていて私にとっても最も親しみやすい曲だが、しっとりと仕上げていてこれはこれで納得。M3."Careless Whisper"ジョージ・マイケルの曲、これはまさにポップですね。本人が好きなのか、ファン・サービスか。
  ダイアナ・クラールなども歌っているM1."Pick Yourself Up"は、ちょっとジャズ・ムードでオープニング曲。ダイアナ・ワシントンの歌っていたM5."What a Difference a Day Makes"(縁は異なもの)はむしろ若々しく軽快にこなしている。

 そんな感じで、元来の彼女のソフトなスウィート、マイルドといったところを維持しながら、そろそろ円熟味もちょっと出したといった感じのヴォーカルでポップな味付けのジャズ・ヴォーカルが全編に渡って展開。ジャズ・ヴォーカル・ファンとしてはそのスタイルにちょっと物足りなさを感じたところだが、無難で広く勧められるアルバムとして結論づける。

(評価)
□ 曲・編曲・歌 :  87 /100
□   録音     :  85 /100

(試聴)
"What a Difference a Day Makes"

 

| | コメント (0)

2024年7月13日 (土)

ファーガス・マクリーディー Fergus McCreadie Trio 「 Stream」

見事な独創性で民族音楽とコンテンポラリー・ジャズの融合を図る

<contemporary Jazz>

Fergus McCreadie Trio / Stream
Edition Records / Import / EDN1228 / 2024

A1602348909_10w

Fergus McCreadie (piano)
David Bowden (double bass)
Stephen Henderson (drums)

 私にとっては初物の登場です。スコットランドの注目のピアニスト・作曲家ファーガス・マクリーディーの ピアノ・トリオ4thアルバム。ジャズとスコットランドの伝統音楽の革新的な融合で、スコットランドの伝統の美旋律を現代的なセンスで演ずるコンテンポラリー・ジャズ・サウンドが注目されている。
 彼はスコットランド出身のピアニスト兼作曲家。彼の注目度は2021年発表の2nd『Cairn』(下中央)以降急速に高まり、2022年マーキュリー賞の最終候補に選ばれ、同年の3rdアルバム『Forest Floor』(下右)はスコットランド・アルバム・オブ・ザ・イヤー(SAY)を獲得した。
 今回のこの新作を聴くにあたり前作『Forest Floor』を聴いてみたが、『Cairn』以来取り上げている「自然のテーマ」を明らかに継続しているようだ。そして今回は「水の本質」に焦点を当てているというのだが・・・。

8800155883754Zemi00051162995060509791538

 そしてこのトリオ構成は、デヴィッド・ボウデン(David Bowden, bass 下左)とスティーヴン・ヘンダーソン(Stephen Henderson, drums下右)という長年の仲間で、十代の2016年に権威あるピーター・ウィッティンガム・ジャズ・アワードを受賞したほか、その他各種の賞を受賞している。そしてトリオは、スコットランド各地のジャズフェスティバルに定期的に出演し、北欧などでツアーを行って、オスロやストックホルムのジャズ・フェスティバルにも参加。

1200x680_sc_fergusmccreadietriow


 デビュー・アルバムはマクリーディー20歳時の2018年春にリリースされた自主製作盤『Turas』(上左)で、"スコットランドの風景や音楽の伝統との関わりを反映しながら、ジャズ・ピアノの伝統をしっかりと理解している"と称賛され、国の名誉ある賞に輝いている。聴いてみるとスコットランドの風土をイメージさせる"静"と、民族的な雰囲気のある"動"の曲展開が見事。

 ファーガス・マクリーディーFergus McCreadie ( piano  上中央)は1997年スコットランドの小さな町・ジェームスタウン生まれ。幼少期からピアノの才能を示し、12歳の頃にはすでにピアニストの道を決めていたという。15歳で「U17s Young Scottish Jazz Musician award」を受賞。翌年も受賞し、同賞創立以来初の2連覇の偉業を成し遂げた。2018年にスコットランド王立音楽院を卒業し、最も影響を受けたピアニストはキース・ジャレットだという。

206291055_4637467w (Tracklist)

1. Storm 4.11
2. The Crossing 12.37
3. Driftwood 5.38
4. Snowcap 3.31
5. Sun Pillars 6.29
6. Mountain Stream 2.16
7. Stony Gate 5.26
8. Lochan Coire Àrdair 13.12
9. Coastline 5.47

 

 アルバム・タイトル通りの時に穏やかで、時に嵐のように、しかし常に前進する、水のように流れる音楽が展開される。
マクリーディーは「このアルバムで一番好きなのは、アルバムが進むにつれて暗いものから明るいものへと進化していくところだ。曇り空から晴れ空への旅みたいな感じで、曲の順番が恣意的だった以前のアルバムとは全く違うんだ」と。
 繊細なタッチと若さ漲る大胆なストロークを展開する彼らのサウンドは、過去の2作から積み上げてきた自然との対話と民族的な誇りに支えられての彼ら自身の独特な道を切り開く世界に確固たる前進の心をもってこのアルバム「Stream」を展開している。又一枚のアルバムにトータルに捉え描く意欲が見事と言いたいところだ。

306913910_52229312656w


 M1. "Storm " は、オープニングにふさわしくいかにも物語の始まり風の動と静の美学で迫る。中盤のの荒々しさは攻撃的な世界観を感ずる。そして再び静の世界に・・そして締めくくりの三者の合奏の盛り上がりで見事。
 M2. "The Crossing"12分以上の長曲。メロディーがどこか民族風で豊か、そして動の盛り上がりとの対比が面白い。
 M3. "Driftwood" "流木" 活発なドラムスから速攻展開のピアノと中盤のアクティブなピアノ が聴かせどころか
   M4. "Snowcap" 前半のピアノとベースの軽快なユニゾンが続く、山頂の雪の融雪と流れを描いているのか
   M5. "Sun Pillars" 確かに明るい展開が、中盤のベース・ソロが快活に、そして続くピアノも快活に展開
 M6. "Mountain Stream " ぐっと深遠なピアノの響き
   M7. "Stony Gate" 確かに心弾む展開に、民族的古来のメロディーか
   M8. "Lochan Coire Àrdair " ベースがメロディーを奏でる・・そして澄んだピアノの音とのユニゾンが美しく展開し、次第に雄大な流れを描く
   M9. "Coastline " 静かに美しく豊かなメロディー、最後は広大な海に

 こうして聴いてみると確かに水の流れから始まって雄大な川となる物語のようである。しかし描くところ自然の壮大さであろうが、そこには彼らの"人生観"をオーバーラップさせているようにも思う。時には穏やかで、時には激しく、しかし常に流れ続ける「stream」は、スコットランドの豊かな風景に反映された民族音楽と彼らの構築したコンテンポラリー・ジャズの世界を淀み無く流れている感がある。「暗」から「明」へという点に聴く者にとっては好感が持てる姿である。見事な独創性で民族音楽とコンテンポラリー・ジャズの融合を図る好作品と結論づける。

(評価)
□ 曲・演奏 :  88/100
□ 録音       :  88/100

(視聴)
"Stony Gate"

*
"Live in Glasgow 2023"

 

| | コメント (2)

2024年7月 8日 (月)

ディミトリ・ナイディッチ Dimitri Naïditch「Chopin Sensations」

ショパンをモチーフに自己のピアノ・トリオ・ジャズを展開

<Jazz>

Dimitri Naïditch「Chopin Sensations」
Piano Ma Muse / import / AD7876C / 2024

440747732_763227585fw

Dimitri Naïditch(piano)
Gilles Naturel (bass)
Lukmil Perez (drums)

   クラシックとジャズ両ジャンルの世界で活躍しているピアニスト、ウクライナ出身でフランスで活躍中のディミトリ・ナイディッチ(↓左)がピアノ・トリオとソロで、今度はショパンの楽曲をジャズとして解釈した作品。過去に2019年バッハ集(『Bach Up』)、2020年モーツァルト集(『Ah! Vous dirai-je...Mozart』)、 2022年フランツ・リスト集(『Soliszt』) をリリースしていて、ここでも過去に取上げてきたが、それに続くものだ。
 相変わらず美しいクラシカルなタッチで、軽妙にジャズ・アプローチを行って、表現の豊かさはさすがと言うところで魅力の演奏を聴かせてくれる。そしてドラムスのキューバ人のルクミル・ペレス(1970- ↓右)とフランス人のベテランベーシスト、ジル・ナチュレル(1960- ↓中央)の現在フランスで活躍している二人との相性もなかなか良さそうだ。

Channels4_profilew_20240706164001 Gillesnaturel995wP1644450_perezw

🔳 ディミトリ・ナイディッチDimitri Naïditchは・・・・
  父は科学者で母ピアノ教師のもと、1963年にウクライナの首都キーウ(キエフ)で生まれた。幼少期よりピアノを演奏してきている。1988年から翌年にかけて、リトアニアで開催された全国ピアノコンクールとポーランドで開催された国際コンクールで優勝し、その後キーウの高等音楽学校とモスクワのグネーシン音楽大学で学び技術を磨き上げる。
  1991年にフランスに渡りクラシックとジャズのコンサート活動を続け、1994年からはリヨン国立高等音楽院で教鞭を取るようになった。その後もフランスを拠点にソロ・コンサートから交響楽団との共演まで幅広く演奏活動を行っている。また、2007年から2009年にかけて、彼はウクライナの伝承音楽に焦点をあてた Les Chants d’Ukraine, Davnina と Trio Kiev というプロジェクトで各地でコンサートを行った。

(Tracklist)

1 Nocturne du Jour
2 Valse à Trois
3 Lasse Étude
4 Improvisation sur le Prélude n°7
5 Nocturne à Peine
6 Prélude en Boléro Bémol Majeur
7 Improvisation sur la Marche Funèbre
8 Valse des Astres
9 Pleine Étude
10 Improvisation sur le Prélude n°20
11 Ballade en Bolide
12 Valse N° 2en do dièse mineur Op.64

 編曲を駆使し又自由な即興演奏を取り入れて、原曲を見事にジャズ化している。ピアノトリオ編成でショパンに捧げる叙情性たっぷりのジャズだが、彼のセンスが溢れている即興演奏は見事で圧倒してくる。つまりショパンを演ずるのでなく、ショパンの味を自己の世界に取り入れるというところにあるのである。

438080151_665130715w


 つまり収録曲のラストのM12."Valses, Op. 64: n°2 en do dièse mineur"(ワルツ第7番 嬰ハ短調 作品64-2)以外の曲は、なんと全てディミトリ・ナイディッチの作曲クレジットとしており、それぞれ曲の要所にショパンのフレーズを引用して自分の曲や即興との交流を図り自己の曲として構築し美しい世界を描くところが凄い。
 それでも原曲のモチーフである前奏曲作品28-15「雨だれ」をしっかり聴けるM6."Prélude en boléro bémo lmajeur"とか、誰でも知っている練習曲10-3の「別れの曲」をちょっとイメージを変えたM9."Pleine étude"などのような曲もあり、親しく面白く聴けるのも楽しいところである。
 唯一このアルバムでショパンを名乗るM12.は、ショパンが晩年に残した有名なワルツだが、ここでは最後にその他の曲とは一線を画し、即興をほぼ入れずに、ディミトリのソロでショパンの世界を我々に知らしめるのである。

 全体に少々残念なのは、ベース、ドラムスがうまくアクセントをつけてサポートして盛り上げているのだが、ピアノ主導の因子が強く、もう少し彼らも前面に出ての独自の世界の主張の即興などを織り交ぜてくれるとジャズ・トリオらしさが出たのではと思ったところがあった。

 過去のナイディッチのバッハ、モーツァルト、リストものに於いては、それぞれが全く異なった世界を聴かせたところは驚きであったが、このショパンものは、これ又それらとは全く異なるセンチメンタルな抒情性の美学が漂っていて、これはそれぞれの歴史的作曲家の本質を知り尽くしての技であろう。そんなところも聴き込むに価値ある演奏であった。

(評価)
□ 編曲・即興・演奏  90/100
□ 録音        88/100

(試聴)

"Pleine Ētude"

 

| | コメント (2)

2024年7月 3日 (水)

トーマス・スタンコ・カルテット TOMASZ STANKO QUARTET 「 SEPTEMBER NIGHT」

スタンコの荒々しさとダーティーな哀感の世界をマルチン・ボシレフスキ・トリオが支える

<Jazz>

TOMASZ STANKO QUARTET 「 SEPTEMBER NIGHT」
Universal Music / Jpn / UCCE-1207 / 2024

Ucce1207_iuy_extralarge

トーマス・スタンコ TOMASZ STANKO (trumpet)
マルチン・ボシレフスキ MARCIN WASILEWSKI (piano)
スワヴォミル・クルキエヴィッツ SLAWOMIR KURKIEWICZ (bass)
ミハウ・ミスキエヴィッツ MICHAL MISKIEWICZ (drums)

録音年 2004年9月9日
録音場所 ミュンヘン、ムファットホール

 2018年に享年76歳で他界したポーランドを代表するトランペッターのトーマス・スタンコ(1942-2018 下左)が、“21世紀のECM”を代表する同じポーランドのピアノ・トリオと繰り広げた今から20年前の2004年のライヴ音源が登場した。つまりECMデビュー前夜のマルチン・ボシレフスキ・トリオ(下右、まだ“シンプル・アコースティック・トリオ”として活動していた頃)をフィーチャーしたカルテットで繰り広げた2004年のミュンヘンでのライヴ音源。
 この年には、このカルテットでのアルバム『Suspended Night』がリリースされて、彼としても更なる発展段階にあった時で魅力的なドキュメントであり、又我が愛するマルチン・ボシレフスキにおいても、若手としての技能の高さで注目度の高まった時期の状況を知れるものとしても魅力たっぷりのアルバム。

Maxresdefaultw_20240703215501Assetsw

  この組み合わせは、2年前の2002年にこのポーランドのカルテットとしての共演作がお目見えし、トーマス・スタンコを新たな評価へと押し上げた。 それがボシレフスキ、クルキエヴィッツ、ミスキエヴィツとのECM第1弾『Soul of Things』(2002)であり、 ヨーロッパ・ジャズ賞を受賞することになる。
 そして今回のこのライブ音源は、その2004年このカルテットでの第2作アルバム『Suspended Night』のレパートリーである歌曲の形式と、翌2005年に録音された第3作アルバム『Lontano』で探求された即興的な分野の間を巡り巡っているところが、グループの音楽の発展段階を捉えた魅力的なドキュメントとなっていて貴重であるのだ。

  この2004年には、ボシレフスキ、クルキエヴィッツ、ミスキエヴィッツは、彼ら自身も確固たる国際的評価を確立していた。10代に結成した「シンプル・アコースティック・トリオ」として10年間を経て、彼らは「マルチン・ボシレフスキ・トリオ」として新たなアイデンティティを確立し、アーティストとしてますます力をつけている。これにはトーマス・スタンコは当時、彼らを評価し語っている「ポーランドのジャズ史上、このようなバンドは存在しなかった」「私は毎日、このミュージシャンたちに驚いている。 そして、彼らはますます良くなっている」と。

(Tracklist)
1. Hermento’s Mood ヘルメントズ・ムード 5:28
2. Song For Sarah ソング・フォー・サラ 6:20
3. Euforia ユーフォリラ  9:44
4. Elegant Piece エレガント・プレイス 10:22
5. Kaetano カエターノ 8:48
6. Celina セリーナ 10:44
7. Theatrical シアトリカル 6:34

 このこのミュンヘン公演は、スタンコ・カルテットがアメリカとヨーロッパで大規模なツアーを行った年の最高潮の演技と言えるものであると言われている。当時、過去にポーランド・ジャズの大御所クリシュトフ・コメダとの共演などの多くの実績のある偉大なトランペッターとしての評価のあるスタンコは、ここでリーダーシップと最高の魅力を十二分に発揮し、スラブの伝統に根ざしクラシック音楽からの発展形をベースに新しいジャズを演じてきていた若きボシレフスキ、クルキエヴィッツ、ミスキエヴィッツのピアノトリオのエネルギッシュなサポートと見事なカルテットとしての演奏力に力を得て、彼らしい素晴らしい演奏を披露している。

Imagesw_2024070321570120marcinwasilewskifotecmrecords


  M2."Song For Sarah "あたりから、マルチン・ボシレフスキ・トリオの本質がちゃんと見えてきて、彼らがピアノによる深遠な世界を構築し、スタンコがダーティーに乗って行くかのスタイルが見える。
 M3."Euforia"は、ベースのリードからスタートして、それにスタンコがエネルギッシュに盛り上がると、反応するがごとくピアノ・トリオが動を即興で演じ更にエモーショナルな展開をみせ、中盤は今度はピアノが語り始め、ドラムスが展開を形作る。まさにピアノ・トリオの主導のバトルに再び終盤にはトランペットが逆に収める役を果たし、ドラムスが答えて最後はトリオとスタンコでまとめあげる。
 そしてM4."Elegant Piece "は再び静の世界に、10分を超える曲で中盤からトランペットの訴えが始まり、つづいてピアノが延々と語り始める。最後は両者の響きでハーモニックなところを見せながら納める。

 このような、四人の対等なカルテットの演奏が流れ、やはりスタンコのトランペットは彼独特の荒々しい音色は響かせるのだが、ドラマチックな展開の中に憂鬱感の暗さがあったり、哀愁感に満ちたりと人間的な世界を描くところは抜きんでている。そこに又ジャズの激しさをちらっと見せグルーヴ感をちゃんと聴かせながらも、どこか深淵にして人の心を哀感を持って描いてくれるポーランド風ボシレフスキ・ピアノ・トリオの世界が顔を出し、いつの間にか引き付けられてしまう。これがライブ録音かと思うぐらいカルテットとして充実していて、曲の配列も見事でアルバムとしても完成している。
 ここに来て、スタンコの名盤に入るアルバムが登場した感がある。

(評価)
□ 曲・演奏   90/100
□ 録音     87/100

(試聴)

 

| | コメント (4)

« 2024年6月 | トップページ