イメルダ・メイ

2011年2月 8日 (火)

ジェフ・ベック Jeff Beck : とにかく楽しい「Rock'n'Roll Party」

1950-60年代の楽しかったロックン・ロールの再現

Rocknrolldvd 「Jeff Beck / Rock'n'Roll Party ~honoring Les Paul  ジェフ・ベック ライブ・アット・イリディウム」 DVD eagle vision YMBA-10235  ,  2011

 今、こうしてロックン・ロールをジェフのギターで聴いてみると、ほんとにあの時代は楽しかったのを思い出す。
 今回のライブは、ニュー・ヨークの中心街にあるもともと100人程度の収容のレス・ポール所縁のイリディウム・ジャズ・クラブのもの。前回のライブものも、あの小さいロニー・スコッツでのものであったし、どうゆう訳か?ジェフは近年そんなライブものをオフィシャルにリリースする。

 ゲスト参加は、イメルダ・メイ(Vo.)、ダレル・ハイアム(Vo.  Guit)、トロンボーン・ショーティー(Trom.)、ゲイリー・US・ボンズ(Vo)、ブライアン・セッツァー(Guit.)で、キーボードのジェイソン・リベロも登場。
 バンドはイメルダ・メイ・バンドの面々だ。2009年にロンドンのTheO2のインディゴ2での共演で息はピッタリ合っている。
 主力のロックン・ロールの曲目は、イメルダ・メイとの共演を既に私はO2アリーナのライブ・ブートDVD(このブログの20010.4.8-9で紹介)しっかりみているため、大きな驚きはなかったが、しかしこのオフィシャル盤の映像とサウンドですっかり堪能してしまった。

Rocknrolldvd2  このライブの一つのポイントは、なんと言ってもジェフがアルバム「Emotion & Commotion」で共演したイメルダ・メイだ。とにかく彼女の唄うパフォーマンスは圧巻だ。彼女は”アイルランド”の歌姫と言われるロックン・ロールの実力派。私は彼女を”アイルランドの美空ひばり”と命名しているが、それはあるところで喝采を浴びた。実は発声も似ていると思うし、唄がうまいところは、まさにそんな感じなのだ。

Jeffbeckimelda  そしてこのDVDの見せどころは、ロックン・ロールの楽しさは勿論だが、やっぱりジェフの操るギター・テクニック。数種のギターのオンパレード。まずはギブソンのES-175、そしてディオ・ジェット、テレキャスターそしてレス・ポールとギターをとっかえひっかえして楽しませる。やっぱりストラトキャスターは当然登場させる。ジェフのゲストと共演のリラックスした姿は、彼の円熟をも物語っているのであろう。
 50年以上前のあらゆる社会情勢が上昇していく環境がこうしたロックン・ロールの世界を造り出した。そんな中でリアル・タイムにエルビス・プレスリーを楽しんだり、レス・ポールのサウンドに酔ったりの時代が蘇ってくる。
 とにかく懐かしい曲がどんどん出てくる。”Apache”は、私は好きな曲で1960年代の流行当時キャバレーと言われる場所で流したらひんしゅくをかったことのある思い出の曲だ。まだまだ日本では少数派だった。
 イメルダ・メイは”cry me a river”のようにしっとりと歌うのも良いし、”Walking in the sand”のような曲をもののみごとに歌い上げる。彼女はまさに花である。

 このDVDは、27曲収録しているが、視聴しているとあっという間に終わってしまうほど楽しさいっぱいである。このライブ映像は、無条件に歓迎しましょう。

1. baby let's play house
2. double talkin'baby
3. cruisin'
4. Train kept a rollin'
5. poor boy
6. cry me a river
7. my baby left me
8. how high the moon
9. sitting on top of the world
10. bye bye blues
11. the world is waiting for the sunrise
12. vaya con dios
13. mockin'bird hill
14. i'm a fool to care
15. tiger rag
16. peter gunn
17. rocking is our business
18. apache
19. sleep walk
20. new orleans
21. walking in the sand
22. please mr.jailer
23. casting my spell on you
24. twenty flight rock
25. the girl can't help it
26. rock around the clock
27. shake, rattle & roll

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月26日 (水)

ライブで健闘のジェフ・ベック Jeff Beck

ライブで楽しむジェフ・ベック

Rcknrollparty  アルバム「エモーション・アンド・コモーション Emotion & Commotion」のヒット以来、各地でのライブの成功が話題になっているジェフ・ベック。
 近々、2010年6月8日、9日にニュー・ヨークのレス・ポールにゆかりの深いイリディウム・ジャズ・クラブで行ったスペシャル・ライブのステージの模様の映像アルバムがリリースされる(「Jeff Beck / Rock'n Roll Party honouring Les Paul」) 。左のスリーブ・デザインで見るとおり、ギブソンのES-175や名機レス・ポールを弾く姿が拝めるということもあり注目されている。
 近年ロカビリー軍団のイメルダ・メイ・バンドとの共演など(既にここでも取り上げたが)ジェフの活動は多岐に及んでいるが、このステージでもゲストとしてイメルダ・メイが参加しているし、その他多彩なゲストの名が挙がっている。

 こんなジェフ・ベックの話題が尽きないところであるが、先日LAのグラミー・ミュージアムで行ったライブ音源を収録したCDを手にしたので、ここで取り上げておく。

Grammymuseum 「JEFF BECK / LIVE AND EXCLUSIVE from the grammy museum」 ATCO R2-526419 , 2011

2010年4月22日、LAのGrammy Museum で行われた公演のライブ音源。当初この音源は、ネット配信(iTune Music Store)でのみということで、不満が巷にあったが、その後CD-Rでの販売があったりしたもの。しかしこの盤はしっかりしたCD盤。

 この時は、親しい仲間を集めての小ホールでの限定ライブで、そのうち8曲が収録されている。又アルバム「Emotion & Commotion」とはメンバーが異なっていて、2010年4月の来日メンバーと同じだ。キーボードは、Jason Ribello で変わっていないが、ドラムスはかっての仲間 Narada Michael Walden が久々の登場。そして可愛い女性ベーシストのタル・ウィルケンフェルドに変わって、これまたベテラン女性ベーシストのRhonda Smith という陣容だ。

(収録曲)
   1.corpus christi carol
   2.hammerhead
   3.over the rainbow
   4.brush with the blues
   5.A day in the life
   6.nessun dorma
   7.how high the moon
   8.people get ready

 この8曲であるが、来日時の演奏と基本的には変わっていない。しかしアルバムより一歩進化した印象を受けるのは、ウォルデンのドラムスによってパワー・アップした感があり、又スミスのベースもJazzyなタルとは若干異なってロックそのもののエネルギーを感ずる。
 しかし、ライブものはスタジオ盤と違ってのその場の変化や迫ってくるパワーが違って素晴らしい。それはこの好録音も見逃せないところだ。
 さて、この盤の印象を語れるのは、やはりジャパン・ツアーの内容を体験しているからに他ならない。又そんな意味でもこの良質のブートも巷に流れていることをチェックしておこう。

Tokyo1 「JEFF BECK  International Forum, Tokyo, Japan 13th April 2010」 Bootleg , 2010

2010年4月13日の東京国際フォーラム全曲オーディエンス収録2枚組ブート・アルバムである。
 これがなかなかクリアなサウンドで、ここまでブートで演奏22曲全曲聴けるのであるから嬉しいことだ。さすが日本、オーディエンスは比較的良好な態度だ。肝心の演奏はしっかり聴いている。録音に全くの支障ないところが立派。
 上の Grammy Museum の演奏と比較しても決して手を抜いていないのが解る。

2010tokyolive_3  Jeff Beck はかってはライブもののリリースを拒んでいた経過があるが、近年逆にライブものに結構力が入っているようにも見える。
 そして今回は、メンバーの影響もあるのかとも推測するが、演奏そのものにもウォルデンのパフォーマンスが明るくパワフルで、ジェフ本人は結構楽しんでいるようにも見えし、66歳になった彼が一歩も二歩も我々に近くなってくることに嬉しく思うのは私だけではないであろう。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年4月 9日 (金)

ジェフ・ベック とデヴィット・ギルモア、イメルダ・メイの競演

2009年7月:ジェフ・ベック英国ツアー(ロイヤル・アルバート・ホール)

今年も又日本公演のジェフ・ベックであるが、2009年の活動も盛んであった。そのうちの英国ツアー最終日はロンドンはロイヤル・アルバート・ホール(7月4日)であった。メンバーはあの可愛い女性ベーシストの Tal Wilkenfeld の参加で話題になった2007年以来変更無し(Jason Rebello(keyb), Vinnie Colaiuta(drums))。これも又ブートによるチェックをしてみよう。

Royalalbert1 「JEFF BECK / ROYAL NIGHT 2009」 Live at Royal Albert Hall LONDON 2009  VIDEOSMASH VS-104R

 このライブでは、殆どあのRonnie Scott's ライブと曲目は同じだ。ただしゲストとしてピンク・フロイドのデヴィット・ギルモア、そして今回のベックのニュー・アルバムに登場のイメルダ・メイの競演があった。このブートは完全収録でその様子はしっかり見れる。
 ギルモアとのギター競演の曲は”Jerusalem”だった。両者はお互いに認め合ってのギター・テクニックで、いかにも楽しそうに演奏する。ギルモアはこの画面見る限り、若干肥満はとれたように見えるが、どうもスキン・ヘッド状態。そこにイメルダ・メイが再登場して、なんと曲”Hi-Ho Silver Lings”では珍しくベックのヴォーカルも入ってギルモア、イメルダ・メイと3人で歌い上げる。これで盛り上げてこのライブは終了となるが、最後に例のごとくベックの”Where were You?”で幕を閉じる。
09davidgilmour2 09_imeldamay_gig2  このライブは、途中でイメルダ・メイのヴォーカル曲”Lilac Wine”が登場し、彼女の円熟した歌声が聴ける。ベックは彼女の実力をかっているのであろう。
 又楽しいのはタルがベースを弾きながら前に出てテクニックを披露するが、そこに左サイドにベックが立って、曲”Freeway Jam”では、タルのベースに手を出して2人で一つのベースを演奏するという芸も見せた。
 ただし、いかんせんこのブートは正面からの映像で捉えているが、やはり画像は不十分。又音も落ちる。まあこんな雰囲気だったと観るところで収めておかないと不満が残る。

Royalalbert2  このブートDVD、実はおまけがありまして2009年10月30日のホール・オブ・ヘイム25周年記念コンサートが、ニューヨークMSGで開催された模様を、USTVバージョン収録もので5曲収められている。
 こちらは画像はバッチリで、スティング、バディ・ガイ、ZZトップを招いてのジェフ・ベックの競演が観れる。なかなか貴重だ。
 バック・バンドは、こちらも、タル、カリウタ、リベロが登場する。Ronnie Scott's は2007年ですから、既に2年近く過ぎているせいか、タルはかなり大人っぽくなっているように見える。
 ”A Day in the Life”はゲストなしの彼らだけの演奏で収録されている。その後に追加映像としてスティーヴィ・ワンダーと彼らのバンドにベックが加わって”Superstition”の演奏も収録されていて、取り敢えず視聴価値がありこのあたりは一応納得のブートである。

(ブート評価 ★★★☆☆ 3/5)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 8日 (木)

ジェフ・ベックとイメルダ・メイ・バンドの競演

イメルダ・メイ・バンドに客演としてのジェフ・ベックの味

最近、少々ブートから離れていましたが、やはり私の関心のあるミュージシャンのライブ活動が盛んであると、ついついそっちの方面にも手がでてしまう。ジェフ・ベックのニュー・アルバムとの関係で、このブートを紹介する。

Shakerattleroll1 「JEFF BECK LIVE / SHAKE RATTLE & ROLL with IMELDA MAY BAND」 Live at Indigo2,The O2,London U.K. Sept.21st 2009  NTSC JBD101cd

 アイルランド出身の女性ロッキン・スウィンギン・シンガー・ソングライターのイメルダ・メイとジェフ・ベックの競演が2009年9月にロンドンはO2アリーナで行われたが、その模様を収録しているCD2枚+DVD1枚のブート。
 ここでは、ベックのギターとイメルダ・メイ・バンドが、まさにスウィングし、特にリラックスしたジェフのロカビリーやジャズ・スタンダード・ナンバーのギター演奏が楽しい。

Shakerattleroll2  このCD盤2枚のほうには、当日演奏された25曲が完全収録されている。(左収録曲リスト、クリックにて拡大)
 一方DVD盤は、客席からの人影の間からの撮影で、かなり無理もあるが、何とかクローズ・アップも行われ、ステージの様子は取り敢えずは収録されたといった代物である。ベックやイメルダ・メイの表情も一応解るので、良いとしておこう(22曲収録)。

 サウンドは、オフィシャル盤とまでは行かないが、それなりに厚いサウンドで、ブートとしてはまあ良い方だ。
 とにかく、イメルダ・メイ・バンドは50年以上前のロカビリー・スタイルを現代に生かすことによって、新鮮味を持たしたことは恐れ入る。そしてイメルダ・メイの歌唱能力の高さと魅力のある声が売り物と言っていい。ベックがこのバンドのライブに客演したものであるが、殆どの曲にベックのギターの音が、いつものベックのライブとは明らかに緊張度が違って、かなり気持ちよく楽しんでいるという雰囲気が伝わってくる。しかし客演と言っても、ベックのライブそのものの活躍ぶりである。

 今回のベックのニュー・アルバムの”corpus christi carol”、”lilac wine”も登場する。更に日本盤ボーナス・トラックの2曲も登場して、特に”cry me a river”はイメルダ・メイのヴォーカルが入る。比較してみると面白い。又、イメルダ・メイのアルバム曲”Love tattoo”なども当然登場。しかし、こうして映像で観ると、彼女は新進気鋭といっても貫禄十分にベックと渡り合っている。
 その他、なんと懐かしの”Apache”が登場して驚いた。これで私の若き時が甦った。こんな曲も忘れていた曲の一つだ。そして最後は例のごとくベックのギターで”over the rainbow”で幕を閉じる。

(ブート採点=★★★★☆(4/5)) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 5日 (月)

ロカビリーを唄いこなすイメルダ・メイ IMELDA MAY

何故かジェフ・ベックと の競演が最高だ


今回のジェフ・ベックのニュー・アルバム「EMOTION & COMMOTION」に、ヴォーカル登場するイメルダ・メイIMELDA MAY。彼女は最近注目のアイルランド出身のシンガー・ソングライター・ロカビリー歌手。英国では絶賛を浴びているところとか。ということで、彼女のアルバムに接してみた。目下は2007年リリースの一枚のみであるが、既に彼女のためのバンド・メンバーも構成されていて、彼女の歌唱力とかっての1950年代を彷彿とさせるビートによって、50年以上も経っての現代に新風を運んでいる。

Imeldamay 「Imelda May / LOVE TATTOO」 Ambassador Records B0013082-02 , 2007

 まさに、オープニングの”Johnny Got A Boom Boom”から、こりゃー確かにロカビリーだ。ベースのリズムが快感で、恰好良いリズムが押し寄せてくる。懐かしさも手伝って圧倒されそして感動ものだ。歌声は新進歌手ということだが、なかなかのテクニック。それもそのはず既に1974年生まれと言うから今年で36歳(このアルバム録音時は33歳か)。私は既にこの曲はお気に入りの一曲として自分に登録してしまった。

Imeldaspain01 (収録曲)
    1.johnny got a boom boom
    2.feel me
    3.knock 123
    4.wild about my lovin'
    5.big bad handsome man
    6.love tattoo
    7.meet tou at the moon
    8.smokers' song
    9.smotherin'me
   10.falling in love with you again
   11.it's your voodoo working
   12.watcha gonna do

 彼女は幼いときからロカビリーもの(多分ピェアロカビリーの時代のもの)に凝って、聴きこんできたらしい。 自ら作曲し、そしてヒーカップ唱法もこなし込んでいる。更に3曲目の”knock 123”では一転してスロー・ナンバーをピアノ、ギターをバックにしてのいわゆるJAZZYな歌いこなしは見事。
 彼女のバンド・メンバーは、Al Gare(Double bass,Bass guitar) 、Dean Beresford(Drums)、 Darrel Higham(Guitar) 、DavePriseman(Trumpet,Flugelhorn) 、Danny McCormack(Piano)という布陣だ。そして彼女はこのメンバーのDarrel Higham と結婚している。
 その他のロカビリー曲はそれなりに聴かせるんですが(アルバム・タイトル曲”love tattoo”は、その典型的ロカビリーで高音部に彼女の独特の声が聴きどころ)、私の好みはやっぱりスローなジャズ的ナンバーですね。そんな意味では更に7曲目”meet you at the moon”,10曲目”failing in love with you again”なんかが気に入りました。これらを聴くと彼女の巧さと声の良さが実感できる。

Imeldagrammy04  いずれにしてもジェフ・ベックとの関係も注目だ。2000年に7月にはロイヤルアルバートホールで競演しているし、2010年第52回グラミー賞表彰式でのジェフ・ベックのレス・ポール追悼演奏に競演して、その評価を高めている。このあたりはブートにて視聴できるので、次回に取り上げたい。
 とにかく、ベックの今回のニュー・アルバムはヒットしているし、そこに登場して、又注目度を上げたのは事実だ。特に日本盤のボーナス・トラックの”poor boy”は、ベックのギターと彼女のヴォイスのマッチングもよく、ムードも最高、私のお気に入りでもある。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月31日 (水)

ジェフ・ベック Jeff Beck ニュー・アルバム「Emotion & Commotion」

7年ぶりのスタジオ・ニュー・アルバムは変身?

Emotioncommotion 「JEFF BECK / EMOTION & COMMOTION」 Deuce Music WPCR 13816 , 2010

 ジェフ・ベックの久々のスタジオ・ニュー・アルバムだ。まず残念なのは、このジャケ(左)のセンスはちょっと頂けない。なにか変ですね。それはそれとして、2003年アルバム「ジェフ」以来で、もう既に7年経過しているんですね。先般のライブ・アルバム「Live at Ronnie Scott's」で、間を埋めてくれていたので、なんとかひどい欲求不満にはなっていなかったんですが・・・。
 
 さて、このアルバム、まずはちょっと驚かされた。なんと殆どの曲がストリングスを中心としたオーケストラとの競演である。又、全体の印象が、アグレッシブという面はなくちょっと枯れたニュアンスを感じた。そもそもこれはワーナー・ミュージック移籍第一弾ということで、トレヴァー・ホーンのプロデュースによるもの。その為の変化とも言えるのか?。
 (収録曲)
    1.corpus christi carol
    2.hammerhead
    3.never alone
    4.over the Rainbow
    5.I put a spell on you
    6.Serene
    7.lilac wine
    8.Nessun Dorna
    9.There's no other me
   10.elegy for Dunkirk
 オープニングの1曲目は、非常に静かな聖歌をギターで歌い上げる。オーケストラのバックも静かだ。そして2曲目になってジェフ・ベックらしい熱いギター・サウンドが展開。バックは例のライブでお目見えのTal Wilkenfeld のBass、Vinnie Colaiuta のDrums、Jason Robello のKeyboards が支える。フュージョンっぽいロックといっていいのか。
 3曲目、これも哀愁のギターだ。そして4曲目にはなんとあの「虹の彼方に」であり、こうゆうのは期待している人は、ジェフ・ファンにどの位いるのでしょうか?。
Jossstone そして5曲目は、お待たせとばかりにジョス・ストーンJoss Stone (左)がヴォーカルで登場。私にとっての1960年代のロックへの入り口になった Jay Hawkins の曲で、CCRがヒットさせた”I Put A Spell On You”だ。いっや~~、懐かしい。そして又、ジェフのギターにマッチングしてジョスが熱唱。これは頂き。これだけでもこのアルバムを買った価値はある。
Ccr ちょっと余談ですが、今、懐かしのCCR(CREEDENCE CLEARWATER REVIVAL)ものを聴くには左のアルバム(「CCR / CHRONICLE」FANTASY FCD-CCR2-2)がある。
 特に、私のお気に入りは”SUSIE Q”であるのだが、この”I put a spell on you”もよく聴いたもので、今回ジェフ・ベックには40年以上も前を思い出させて頂いて感謝感激といったところか。
 いずれにしても、このアルバムではジョス・ストーンが9曲目の”There's no other me”にも登場して、フュージョンっぽい世界を展開。これでは例のメンバーのバックも乗っていて楽しい。このアルバムのポイントにもなっている。
Imeldamay2  更に、ジョスに続いて、アイルランド出身の人気ロカビリー女性シンガーのイメルダ・メイ Imelda May(左) が7曲目の”Lilac Wine”に登場。語りかけるようなヴォーカルにジェフのギターがゆったりと流して美しいブルース調の曲に仕上がっている。
 8曲目の”Nessun Dorma 誰も寝てはならぬ”は、プッチーニの曲で、サラ・ブイトマンがよく歌ってヒットした曲。これもオーケストラとジェフのギターが聴かせる。しかしこうした曲を取り上げるジェフのアルバムも珍しい。
 10曲目は、このアルバムを締めるにふさわしく、オーケストラとジェフのギターが美しくも哀愁を持って終わる。

 さてこのニュー・アルバムは、ちよっと大人っぽいと言うか枯れた雰囲気で仕上がったアルバムだった。しかし、なかでもやはり光るものはある。それはやはり、ロックそしてフュージョン流の曲であったというのは間違いない。ジェフの世界はしかし今挑戦というよりは、こうした安定期なのか?。

Bonustracks  ここで、一つ追加しておかねばならない。実はこのアルバムは日本盤は左の2曲が追加されている。”Poor Boy”は、イメルダ・メイが登場して、彼女のバンド・メンバーと共に何とも言えないスウィング・リズムが素晴らしい。又もう一曲”Cry Me River”もジェフの得意の聴かせもののブルース調のギターの調べ。感動ものである。
 と、言うことで今回は絶対にこの2曲のボーナス曲の入った日本盤(少々高いが)がお勧め。いずれ映像DVD付の輸入盤も登場するが、今回ばかりは日本盤だ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Audio | CLASSIC | Progressive ROCK | アイオナ | アガ・ザリヤン | アデル | アヤ | アレクシス・コール | アレッサンドロ・ガラティ | アンジェイ・ワイダ | アンナ・マリア・ヨペク | アヴィシャイ・コーエン | イエス | イタリアン・プログレッシブ・ロック | イメルダ・メイ | イモージェン・ヒープ | イリアーヌ・イリアス | イーデン・アトウッド | ウィズイン・テンプテーション | ウォルター・ラング | エスビョルン・スヴェンソン | エミリー・クレア・バーロウ | エンリコ・ピエラヌンツィ | エヴァ・キャシディ | カレン・ソウサ | ガブレリア・アンダース | キャメル | キャロル・ウェルスマン | キング・クリムゾン | キース・ジャレット | クィダム | クレア・マーティン | ケイテイ・メルア | ケイト・リード | ケティル・ビヨルンスタ | コニー・フランシス | コリン・バロン | ゴンザロ・ルバルカバ | サスキア・ブルーイン | サラ・ブライトマン | サラ・マクラクラン | サンタナ | ザーズ | シェリル・ベンティーン | シネイド・オコナー | ショスタコーヴィチ | シーネ・エイ | ジェフ・ベック | ジャック・ルーシェ | ジョバンニ・グイディ | ジョバンニ・ミラバッシ | ジョルジュ・パッチンスキー | スザンヌ・アビュール | スティーヴン・ウィルソン | スティーヴ・ドブロゴス | ステファン・オリヴァ | スノーウィ・ホワイト | スーザン・トボックマン | セリア | セルジオ・メンデス | ターヤ・トゥルネン | ダイアナ・クラール | ダイアナ・パントン | ダイアン・ハブカ | チャーリー・ヘイデン | ティエリー・ラング | ティングヴァル・トリオ | ディナ・ディローズ | デニース・ドナテッリ | デヴィット・ギルモア | デヴィル・ドール | トルド・グスタフセン | ドリーム・シアター | ナイトウィッシュ | ニコレッタ・セーケ | ニッキ・パロット | ノーサウンド | ハービー・ハンコック | パスカル・ラボーレ | パトリシア・バーバー | ピアノ・トリオ | ピンク・フロイド | フェイツ・ウォーニング | フランチェスカ・タンドイ | フレッド・ハーシュ | ブラッド・メルドー | ヘイリー・ロレン | ヘルゲ・リエン | ペレス・プラード | ホリー・コール | ポーキュパイン・ツリー | ポーランド・プログレッシブ・ロック | ポール・コゾフ | マティアス・アルゴットソン・トリオ | マデリン・ペルー | マリリオン | マルチン・ボシレフスキ | マーラー | ミシェル・ビスチェリア | メコン・デルタ | メラニー・デ・ビアシオ | メロディ・ガルドー | モニカ・ボーフォース | ユーロピアン・ジャズ | ヨーナス・ハーヴィスト・トリオ | ラドカ・トネフ | ラーシュ・ダニエルソン | リッチー・バイラーク | リリ・ヘイデン | リヴァーサイド | リーヴズ・アイズ | ルーマー | レシェック・モジュジェル | ロジャー・ウォーターズ | ロバート・ラカトシュ | ロベルト・オルサー | ローズマリー・クルーニー | 中西 繁 | 写真・カメラ | 北欧ジャズ | 問題書 | 回顧シリーズ(音楽編) | 女性ヴォーカル | 女性ヴォーカル(Senior) | 女性ヴォーカル(ジャズ2) | 戦争映画の裏側の世界 | 手塚治虫 | 文化・芸術 | 映画・テレビ | 時代劇映画 | 波蘭(ポーランド)ジャズ | 相原求一朗 | 私の愛する画家 | 私の映画史 | 絵画 | 趣味 | 雑談 | 音楽 | JAZZ | POPULAR | ROCK