ヘイリー・ロレン

2016年4月18日 (月)

今年も「ヘイリー・ロレンHalie Loren東京ライブ」に参加・・・・

大人のジャズ・ヴォーカルに成長しつつも・・・・

 今年も昨年に続いて東京ライブを行なったヘイリー・ロレン、ローカルの地に住む私ですがたまたま今年もタイミングよく上京中にて、昨年に続いて連年で一夜を楽しませて頂きました。
 そうそう、そう言えば昨年のライブのアルバムもこれに併せてリリースされていて、昨年を思い出しながらのライブ参加となった。

(参照)http://osnogfloyd.cocolog-nifty.com/blog/2015/02/halie-lorenbutt.html

    <Jazz>
           HALIE LOREN  「LIVE AT COTTON CLUB」
      VICTOR Entertainment / JPN / VICJ-61749 / 2016

Cottonw
(Tracks) 
1 スウィングしなけりゃ意味がない IT DON'T MEAN A THING (IF YOU AIN'T GOT THAT SWING)
2 青い影 A WHITER SHADE OF PALE
3 フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン FLY ME TO THE MOON
4 ヒット・ザット・ジャイヴ、ジャック HIT THAT JIVE, JACK
5 アワ・ラヴ・イズ・ヒア・トゥ・ステイ OUR LOVE IS HERE TO STAY
6 フォー・センチメンタル・リーズンズ FOR SENTIMENTAL REASONS
7 ラヴ L-O-V-E
8 ブルー・スカイズ BLUE SKIES
9 バタフライ BUTTERFLY
10 アイヴ・ガット・トゥ・シー・ユー・アゲイン I'VE GOT TO SEE YOU AGAIN
11 トゥー・ダーン・ホット TOO DARN HOT
12 勝手にしやがれ IS YOUR IS OR IS YOU AIN'T MY BABY
13 フィーリング・グッド FEELIN' GOOD
14 パハップス、パハップス、パハップス PERHAPS, PERHAPS, PERHAPS
15 この素晴らしい世界 WHAT A WONDERFUL WORLD
16 みんなビューティフル EVERYTHING IS BEAUTIFUL
17 いとしのエリー ELLIE MY LOVE

HALIE LOREN ヘイリー・ロレン(VOCAL)
MATT TREDER マット・トレダー(PIANO)
MARK SCHNEIDER マーク・シュナイダー(BASS)
BRIAN WEST ブライアン・ウェスト(DRUMS)

2015年2月 東京コットンクラブ 録音

Japan2016tour
 今年の彼女は、やっぱり少々貫禄もついてきたかなぁ~という印象で、そう考えて見ればデビューからもう10年になるしね。ジャズ・ヴォーカリストはこれからが勝負だと言いたいところで観賞だ。バックは昨年と同じMatt Trederピアノ・トリオでステージに立った。
 昨年は意外にライブ参加者の出足が遅く、自由席予約であったがゆっくり行っても最前のテーブルでの観賞。今年(4月16日)は開始40分前に会場に入ったがほゞ満席状態。そうだ考えて見ると今日は土曜日だったなぁ~と。
 ロックと違って会場は老弱男女(私は”老”のほうだなぁ~と)、ここに集まった皆はヘイリー・ロレンは何時もどんな環境で聴いているのかなぁ~~と想像しながらの観賞。

 相変わらず、日本のオーディエンスはお行儀が良いので彼女もご満悦。そしてやっぱり”いとしのエリー”、”青い影 ”、”Fever”などが喝采を浴びていた。

Fullc2 年を重ねる度に、バラード調の曲が次第に味が乗ってきたように思う彼女だが、このパターンでこれからもゆくのかなぁ~と、実はふと昔の彼女自身のオリジナル曲で出来ていた・・・↓
 1stアルバム「Full Circle」( White Moon Productions / USA / 2006)
・・・・を思い出しながら、今となって、一度はあのパターンでもう一度アルバムを作ったらどうなるかと、面白いかもしれないと、思っているのである(”Numb”と言う曲なんかは面白いんだが)。
(参照)http://osnogfloyd.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/halie-lorenstfu.html
まあMatt Trederと組んでのアルバム「青い影 They Oughta Write a Song ..」がヒットしてそれ以来、そのJazzy not Jazz路線パターンで今日まで来ているのだが・・・・商業的にはしょうがないのだろう。
 そんな事を頭をよぎらせオーディエンスとなった一夜であった。

(参考視聴)   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月16日 (月)

ジャズ路線が強化~ヘイリー・ロレンHalie Loren の新譜「butterfly blue」そして”バレンタイン・スペシャル・ライブ”

        <My Photo Album 瞬光残像 =南イタリア編>

Dsc01253monowh2

アルベロベッロAlberobello(南イタリア)の夜・・・・・・
白い壁ととんがり帽子の屋根の可愛い家(トゥルッリTrulliと言われる)で、この村には1000以上が保存されている。この地方では石灰岩が採れ、それを積み重ねて作られているもの。1996年に世界遺産に認定されて、人気の観光地。
                                           (photo 2014.12)


                *    *    *    *

    <Jazz>
       Halie Loren 「butterfly blue」
       Victor Entertainment / JPN / VICJ61709 / 2015

Butterfly_blue

  この2月は例年のごとく、ヘイリー・ロレンのジャパン・ツアーが行われている。もう彼女は日本では売れ筋のジャズ・ウォーカリストだ。アラスカ出身の彼女が日本で話題になったのは、アルバム「青い影 they Oughta Write a Song・・・」で、当時ここでも取り上げたが、もう5年も経過したんですね(参照 :http://osnogfloyd.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/halie-loren-a9e.html)。
 今回、私も参戦したライブは、今年発売のこのニュー・アルバムを引っさげて「Butterfly Blue-Valentine Special」として東京”Cotton Club”で行われたもの。

Haliecottonclub もともと彼女は2ndアルバム「青い影」でロック畑からのプロコム・ハレムの売れた曲(かって日産のシルビアのコマーシャル・ソングにも使われた)のカヴァーを”Jazzy not jazz”路線で展開して好評、一気に日本でも売れたわけだ。従ってジャズといってもポピュラーに近いアプローチがその後のアルバムでも展開しており、私は是非是非ジャズ路線を深めて欲しいと期待しているのですが、しかし、こうしてライブに望んでみるとステージでの流れにおいてはやっぱりジャズ色が濃く、なかなかその点は良い。今回”A Whiter Shade of Pale”も当然登場したが、ジャズ・アレンジはアルバムのものよりは進んでいる。これがライブでなきゃ・・・というジャズの醍醐味ですね。

 大柄でないスマートな体型、そして手の動きなどは曲に合わせてのジェスチャーが堂に入っており、又腰から足へのリズムの取り方はまだ若いエネルギッシュなダンスを小気味よく曲に合わせて展開し、そこにあのジャケそのままの美人でもあって、ステージ・ショーは見事である。
 更に、アルバムでのウィスパーから高音域に入るところの声がひっくり返るというちょっとしたこねくり回す唱法は、今回のステージでは(曲にも依るが)、むしろ少なく私としては好感が持てた。

Butterflybluelist さて、今回のアルバムの話に戻るが、彼女のヴォーカルのバックは、2nd「青い影」以来相変わらずのピアノ・トリオ(Matt Treder(p), Mark "Mo" Scheider(b), Braian West(ds)=来日のステージもこのメンバー)。そして曲により、フォーン、ギターが加わる(William Seiji Marsh, David Larsen, Joe Frenen, Daniel Gallo)。
 収録曲は右のようなところ。内容の主たるは暦年のスタンダード曲であり、フランク・シナトラ、ナットキングコールなどに挑戦してくれている。今回はジャズ色の濃い編曲であり、一歩洗練されてきた印象にある。これは一つの進化とみたい。

Halie
 以前も触れたことがあるが、彼女のファースト・アルバムは2nd以降とは全く異なって、どちらかというと”オルタナティブ・ミュージック”のパターンであり(参照 : 「Full Circle」(2006年) http://osnogfloyd.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/halie-lorenstfu.html)、彼女はピアノ・プレイもみせた。しかしそれがその後”Jazzy not Jazz”路線が売れたため、その線でここ数年は経過して来た。そしてここにきてジャズの本質に迫ろうというアプローチを見せてくれたのである。さあこれは私は歓迎だが、これまでのファンの評価がどうなるか?、それによっては、これからの彼女の歩む道を決めるアルバムと言うことにもなりそうだ。

(試聴)

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月 1日 (月)

ヘイリー・ロレンHalie Loren のニュー・アルバム : 「Simply Love」

「愛」をテーマにヴォーカル・アルバムをリリース

    <JAZZ> HALIE LOREN 「Simply Love」
                     Victor Entertainmnt    VICJ-61686  ,  2013

Simplylove2_2

 前作「Heart First(参照 ①)から約1年半、まさに順調にニュー・アルバムの登場だ。実は前作がもうちょっとジャズよりへのアルバムを期待していたが、少々ポップよりで残念だった。さてさて今回はどうか?とそんなことを考えながら聴いたのであった。(ヘイリー・ロレンは何回か取り上げているので紹介は省略)

 とにかくこのところは彼女はあらゆるジャンルのヒットした曲を取り上げて、ヴォーカリストとしてのアルバム作りをしている。従ってその出来不出来も比較の対象があるためはっきりしてくるのだが、もともとはこうゆうスタイルの歌手としてデビューしたのではなく、シンガー・ソングライターとして主としてピアノを弾きながらの彼女の作品を売り物にするパターンだった(1st「Full Circle」参照②))。あの2ndアルバム「青い影」参照③)のヒット以来、レコード会社や取り巻きの方針でどうしても売れ筋を考えてのアルバム作りと言うところなんでしょうね。あの時のピアノでバックを支えてきた Matt Treder が今回もプロデュースしていて、つまるところあの延長線上のアルバムということになろう。Credits は、前作と全く同じ。そして多分このアルバムは日本先行発売のようだ。それだけ目下は日本において彼女は定着してきているところなのだ。

Simplylovelist1
TRACKLISTは左の14曲(12は日本盤ボーナス・トラック)。今回も彼女の売りとイメージを更に押しし進めての「愛」がテーマというところ。中身はジャズ・スタンダードの他、ノラ・ジョーンズの” 7. I've got to see you again ”を筆頭にカヴァー・ソングが多く収まっている。

 オープニングはストリングスの調べから始まり、おやおや優しく美しくというパターン。ピアノもポピュラー・ソング調に美しくというところで面白みはちょっと少ない。今回のアルバムもこのパターンかなぁ~~?と思いきや、続く2曲目は、誰もが知っている”L-O-V-E”だが、ありきたりではやっぱり面白くないと言うことだろうか、結構ジャズ演奏と彼女のヴォーカルもロレン節が出てきた。
 ”4. On the Sunny Side of the Street 明るい表通りで”のような曲もあまりにもポピュラーであるため、結構ギター演奏などもちょっと工夫が感じられ、彼女もジャズ方向に編曲されて唄う。
 ”5. I feel the Earth Move空が落ちてくる”、”6. My Funny Valentine”も、オルタナティブ・ジャズ調でなかなか面白い味のある出來で、このアルバムでの聴きどころ。この調子で行って欲しい。
 11曲目のタートルズの”Happy Together”をはじめ、後半も結構なことにジャズ因子がやや強めになってきている。

Halie_loren_portrait

 彼女の歌唱法はもうこのパターンに固まってきたと言っていいだろう。つまりウィスパー調で、時に息を漏らし、そして高音部は声がひっくり返ってややしつこさを感ずる。それでもこのパターンがうけるというところもあるようで、まあそのあたりはひと好き部好きでいいのでしょうね。

 取り敢えず、言うなれば近頃の”Jazzy not Jazz”に近いパターンであるが、このタイプが売れ筋のようで、そんな意味ではこのアルバムもそれなりのセールスを上げそうだ。それでも今回のアルバムは、ジャズ因子が以前より濃くなってきて味が出てきている。これは私は結構なことと歓迎するところである。変なもので、これでちょっとほっとしている私なのである。こうなると次作も期待が持てるというところ。

 Credits
   Halie Loren : Vocals
   Matt Treder : Piano
   Mark Schneider : Bass
   Brian West : Drums
   William Seiji Marsh : Guitar
   

(参照) ①「Heart First」 http://osnogfloyd.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/halie-loren-hea.html
            ②「Full Circle」 http://osnogfloyd.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/halie-lorenstfu.html
           ③「青い影」 http://osnogfloyd.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/halie-loren-a9e.html

(試聴) 「Cry me a river」 http://www.youtube.com/watch?v=5ccKrMpGK1Y  (まだ”YouTube”にニュー・アルバムが登場していないので、ライブの私の好きな曲を付けておく。後ほど追加紹介したい)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月22日 (木)

ヘイリー・ロレン Halie Loren (4) : ニュー・アルバム「ハート・ファースト Heart first」

Hlorenheart_first_5

 ここで、ヘイリー・ロレンについて書くのも4回目になってしまった。今回も一年の間隔でのニュー・アルバムの登場でさっそく聴いてみての感想だ。

「Halie Loren / Heart First ハート・ファースト 」Victor VICJ-61660  ,  2011

 前作(3rdアルバム「After Dark」)の野暮ったいジャケに比べると、今回は良くなっていますね・・・・と、ジャケ話から入るのもちょっと何ですが、彼女の日本デビュー・アルバムである2nd「青い影」から期待した3rdがいまいちであったことから、期待は50%の気分でこのニュー・アルバムに臨んだ事の結果である。

 さて、その結論からゆくと、またまた”中途半端なアルバムになっていた”というところだ。もともと彼女の1stアルバムを聴いてみると、彼女自身の曲で詰め込まれたかなり独創性のあるオルタナティブ・ミュージックととれて、なかなかジャズ畑と違った興味もたれるシンガーソングライターと思われた。
 しかし、日本デビューの2nd「青い影」はむしろジャズよりのアルバムに変身して、そのジャズ・ヴォーカリストとしての魅力が大きく開花したと聴き取れ、更にそのジャズよりの線で進化していくのかと思いきや3rd「After Dark」は、どっちとも言えない中途半端な線で収まってしまった。
 そこで、今回は・・・・と、まずそうした興味からアプローチしてしまった訳であるが、前作の線からどうも変わってはいない。ということは、どうもこのパターンが彼女の売りのポイントであるようだ。

Heartfirstlist  さてこのCDの収録曲は左の通りである。実はスタート曲の”taking a chance on love”を聴いたときには、おお、今度はなかなかJazzyにゆけそうなアルバムだと期待を持った。しかしそれに続く2,3曲ではなんとなくやはりシャンソンっぽくなってくるが、それはそれなりきに悪くはないのだが、私の期待とはちょっと方向が異なってくる。それでも”C'est Si Bon”なんかは、ヘイリー節と言っていいのだろう。
 ”Sway”が登場してびっくりするが、やっぱりこれはローズマリー・クルーニーに圧倒された私にとっては、ちよっと味気ない。
 6曲目の”heart first”は彼女とラリー・ウェイン・クラークの共作曲でこのアルバムのアルバム・タイトル曲だけあってちょっとした世界を聴かせてくれる。
 そしてそれに続く”my one and only love”は、このアルバムでも出色の出来だ。バックのピアノも生きている。このパターンで彼女は押していって欲しいと私は思う。その後の”feeling good”も彼女のヴォーカルのみでスタートしてムーディーな結構な出来。このアルバムの中盤に来てこの2曲で盛り上がる。
Halieloren3b  ポヒュラーな”fly me to the moon”は、まあ並と言ったところでしょう。
 ”lotta love”もこれといった味には欠けるし、ジャズ・アレンジとしても中途半端。
 ”in time”は彼女のピアノが聴ける唯一の曲。彼女の曲でもあるが、やはりこれを聴くとジャズの世界とは異なっている。しかし美しさは感じられる良い曲でもある。
 ”smile”これも歴史的ヒット・ナンバーだが、スローにじっくりとした味で彼女なりきの唄に仕上げようとしている努力は解る曲。

 このアルバムには、最初に書いたように本格的ジャズ世界を期待してはいけないのかも知れない。特に2曲のボーナス曲のうちの”ellie, my love”は余分であるし、私の偏見からはどうも中途半端。しかしこれが近年の流行のJazzy not Jazzというパターンと言えばそうなのかも知れない。そんなつもりで最初から聴けば良いのかも知れない。

 まあ、「青い影」以来の彼女は期待株であるのは事実である。ただ、高音部で声がひっくり返るところは、魅力と感ずる人には魅力であろうし、ちょっとねちっこくて耳障りと言えば又そのようにも聴ける。ここのあたりは聴く人の好みであろうと思っている。

(参照)
① 2010.10.28 ヘイリー・ロレン ニユー・アルバム「After dark」 http://osnogfloyd.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/halie-loren-3-a.html
② 2010.9.3    ヘイリー・ロレン 1st「Full Circle」 
http://osnogfloyd.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/halie-lorenstfu.html
③ 2010.5.25  期待のヘイリー・ロレン  http://osnogfloyd.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/halie-loren-a9e.html 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月28日 (木)

ヘイリー・ロレン Halie Loren (3) : ニュー・アルバム「After dark」登場

日本盤第2弾は、てんこ盛りの17曲

 今春日本アルバム・デビューで、少なからずの評判を勝ち取ったシンガー・ソングライターのヘイリー・ロレン、来日公演を控えてのニュー・アルバムが登場した。
 このブログでも2回に渉って検証してきたが、彼女のJazzyな世界の源にも若干踏み込むことが出来た。もともとジャンルを問わないスタイルが実は彼女そのものなのだ。
 さて、今回の日本盤2作目は?と、ここでアプローチしてみよう。

Afterdark 「Halie Loren / After dark アフター・ダーク」 Victor VICJ-61641 , 2010

 基本的には14曲のアルバムにボーナス・トラック1曲プラス日本ボーナス・トラック2曲の計17曲の収録サービスだ。
 前回彼女の1stアルバム「Full Circle」に触れたわけであるが、それは当に彼女のオリジナル曲でのオルタナティブ・ミュージックという世界だったわけだ。
 しかし日本盤デビュー「青い影」は、どちらかと言えばジャズ畑で取り扱われるタイプのヒット・パレード的曲群のアルバムだった。これが意外に評判が良く、日本に於いても注目株となった。又、彼女自身の美貌もその一役を担っているのかも知れないが・・・・。

 さて、このアルバムであるが、やはり基本的にはJazzyな世界を目指したものではあるが、4曲のオリジナル・ナンバーに加えてシャンソン(”バラ色の人生”も登場)が出てきたり、1stアルバム調のカントリー風あり、そしてサラ・ブライトマンのナンバー1ヒットの”Time to say goodbye”まで登場するというあれやこれやのてんこ盛り(ただし、サラの二番煎じでなく、ギターのバックで新解釈歌唱といっていい)。残念ながらアルバムとしての統一感はない。つまりジャズ系の後退作でありポピュラー・ミュージックといっていいのかも。

Afterdarkband バンド・メンバーは、前作と同じである(左)。( Piano: Matt Treder,  Bass: Mark Schneider,  Drums: Brian West )
 彼女のピアノ弾き語りはなく、ヴォーカルに徹しているようだ。それはそれで良いのだが、私にとっては残念なのは、このジャンルの中途半端な世界は少々残念であった。もともとの彼女のオリジナルなオルタナティブの世界は興味あるところであるが、ジャズ系でゆくのであるなら、もう少しその線をしっかり追って欲しかった。
 彼女の歌声は相変わらずで、高音部への裏声に変化するところは特徴的。そしてこのアルバムの作風は彼女の唄が前面で、全てバンド演奏は一歩退いてのサポート役である。まあ、演奏の綾には面白みはあまりない。

 注目曲としては、オープニング曲のアルバム・タイトルとなっているオリジナル曲”After dark”、これはクラシックなムードある心打つ曲だ。私が好むものとしては、7曲目の”Ode to Bille Joe”がドラムスとベースのリズムに乗ってなかなか粋に歌う。その他なんと日本盤のボーナス・トラックの”I fall in love too easily”, ”My foolish heart” の2曲がジャズ演奏されたものでいい。つまり雑多の中でも、ジャズ流に演奏され歌ったものがこのアルバムでは光っていた。やはりその世界に主力を於くともっと私にとってはこのアルバムは価値が上がったのかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 3日 (金)

ヘイリー・ロレン Halie Loren(2) 1st「Full Circle」の意外性

まさにオルタナティブ・ミュージック(alternative Music )の世界

Borders1_feb_08  今年、日本デビューのヘイリー・ロレンだが、アラスカ出身、サラ・マクラクランやダイアナ・クラールなどに憧れ、ピアノを演ずるシンガー・ソングライターとして、今年の5月25日にこの私のブログで取り上げた。
その時の話題は、初の日本盤リリースの3rdアルバム「They Oughta Write a Song...青い影」を中心に展開したわけだが・・・・このアルバムは、17曲が納められていて、どちらかというと彼女のオリジナル5曲に加えてジャズ畑のスタンダード・ナンバーを多く取り上げている。そしていわゆるジャズの演奏とヴォーカルを聴かせてくれたわけだ。しかし一方更にこのアルバムの収録曲をみると、日本盤アルバム・タイトルとなった曲”青い影”は昔私の好みだったロックのプロコムハルムの曲であるし、”終わりなき旅”はやはりロックのU2の曲である。このような曲を取り上げるところから彼女自身の世界はどんなものなのか?、いわゆる彼女のアルバム「青い影」は明らかにジャズ・アルバムといっていいものであるが・・・しかしその原点は?と、少々興味があって彼女のインディーの1stアルバムを外国から取り寄せてみた。

Fullcircle_2 Halie Loren 「 Full Circle」 White Moon Productions , 2006

 これが2006年の彼女の1stアルバムである。これはジョニ・ミッチェルの”River”一曲を除くと全て彼女のオリジナル曲で埋め尽くされている。そして意外や意外、全くのジャズ・アルバムとは異なる。ある意味では私の予想というか疑問に関しても納得の回答でもあった。
 曲によっては、ギター、ドラムス、チェロ、サックスなども登場するが、彼女のヴォーカルとピアノが主たるものである。まさしく彼女自身のアルバムなのだ。

 (メンバー)
    Halie Loren : Vocals, Piano, Synthesizer etc
    James M.House : Guitar, Bass, Percussion
    Chris Ward : Guitar, Bass
    Brian West Drums, Percussion
    Dale Bradley : Cello
    Paul Biondi : Saxophones

                      
 そしてその曲はどんなものかと言うと、ジャズ系世界でも話題になったとは言うが、私が聴いてみるに、これは当にオルタナティブ・ミュージックという分野と感じ取った。
 なるほど、彼女のお気に入りのミュージシャンはロックからジャズその他広い分野に及んでいるようで、その結果の彼女のオリジナル作品集は、やはり、かなり独創的で多彩である。究極は、ジャズというよりはロックに近いオルタナティブな世界である。
 そして、日本デビューアルバムの「青い影」は、むしろ彼女の世界に通ずる一般的受けを狙ったアルバムで、最近の流行のJazzyのタイプに仕上げてあるが、彼女の本質はこの1stアルバム「Full Circle」の、やや前衛性の加味された創造性に満ちたオルタナティブな曲なのだと思う。
 彼女の発声はこの1stにおいても、高音部への変化において裏声に変わるところが特徴的で、その点は変わっていない。

 さて、そんな原点探索が出来たことにより、この次のアルバムに興味は移る。つまりこの1stのタイプに帰って行くのか?、それとも「青い影」を延長してジャズもしくはジャズィな路線で行くのか?予測は難しいが、「青い影」の好評からこのジャズ路線ということになるかも知れない。しかしどうもこの1st「Full Circle」のほうに私はシンガー・ソングライターの芸術性において軍配を挙げてしまうのである。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年5月25日 (火)

日本デビューした期待のヘイリー・ロレンHalie Loren

それなりに個性ある女性ヴォーカリストのヒット・パレード的アルバム登場

Halieloren  JAZZYな女性ヴォーカリストが又日本盤でお目見えした。アラスカ生まれのヘイリー・ロレン Halie Loren だ。2009年”Just Plain Folks Music Awards 2009”にてベスト・ヴォーカル・ジャズ・アルバムに選ばれて、日本でも3枚のアルバムが輸入盤で売られていた。その3rdアルバム(2008年)の日本盤がVictorからつい最近発売されたのだ。

 そもそもは、自己のオリジナル曲のアルバムをインディ・レーベルから「Full Circle」というタイトルで21歳で2006年にデビューしている。オレゴン大学進学し音楽を学んで、米国地方都市に住んでいるという現在24歳という若さであるが、なかなか聴かせるヴォーカルで、今後の美貌のシンガー・ソングライターとして期待の星といったところか。


Photo 「Halie Loren / They Oughta White a Song... 青い影」 Victor VICJ61618 , 2009

 2008年の3rdアルバム13曲に、今年リリースされたライブ・アルバム「Stages」から4曲がボーナス・トラックとして加えられ17曲収められたアルバムだ。
(MUSICIANS)
  Halie Loren : Vocals
  Matt Treder : Piano
  Mark Schneider : Bass
  Brian West : drums
  Tim McLaughlan : Trumpet

 全17曲の中には、彼女自身のオリジナル曲5曲あるが、その他はまさにヒット・パレードといっていい有名曲。”枯葉”、”サマー・タイム”など、過去の有名ヴォーカルにとらわれず、自分の曲としてしっとりと歌い上げているところは見事である。”God Bless The Child”は、ブルース調を唄い込み、トランペットの音も聴きどころ。このようにジャズ・スタンダード曲もあるが、ロックからもあの英国プログレと言われたプロコル・ハルムの”青い影”とか、U2の”終わりなき旅”などが歌われる他、ジャズ畑でよく歌われる”Fever” なども登場する。
 ロレンのオリジナル曲の”How should i know”は、これもしっとりとしていて彼女の方向性が見えてくる。

 彼女の歌唱法は基本的にはブルージーに歌い聴かせるところであろう。声の質とか歌唱法はサラ・マクラクランに非常によく似ている。特に高音部での若干裏声に変化するところはそっくりだ。サラ・マクラクランはフォークそしてロック的ニュアンスが当初強かったが、このロレンはジャズ調に傾いた仕上げである。それも14.5歳頃にダイアナ・クラールに夢中になったようであり、そのことは伺えるところだ。又、ピアノを担当しているマット・トレダーの影響がそうさせているのかも知れないとのこと。
 いずれにしても、トータルに疲れない曲造りとヴォーカルで、聴く方もリラックスして聴けるアルバムである。
 ジャズ調の女性ヴォーカルの多い昨今であるが、その中でも今後の発展が期待できると思う一人である。
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Audio | CLASSIC | Progressive ROCK | アイオナ | アガ・ザリヤン | アデル | アヤ | アレクシス・コール | アレッサンドロ・ガラティ | アンジェイ・ワイダ | アンナ・マリア・ヨペク | アヴィシャイ・コーエン | イエス | イタリアン・プログレッシブ・ロック | イメルダ・メイ | イモージェン・ヒープ | イリアーヌ・イリアス | イーデン・アトウッド | ウィズイン・テンプテーション | ウォルター・ラング | エスビョルン・スヴェンソン | エミリー・クレア・バーロウ | エンリコ・ピエラヌンツィ | エヴァ・キャシディ | カレン・ソウサ | ガブレリア・アンダース | キャメル | キャロル・ウェルスマン | キング・クリムゾン | キース・ジャレット | クィダム | クレア・マーティン | ケイテイ・メルア | ケイト・リード | ケティル・ビヨルンスタ | コニー・フランシス | コリン・バロン | ゴンザロ・ルバルカバ | サスキア・ブルーイン | サラ・ブライトマン | サラ・マクラクラン | サンタナ | ザーズ | シェリル・ベンティーン | シゼル・ストーム | シネイド・オコナー | ショスタコーヴィチ | シーネ・エイ | ジェフ・ベック | ジャック・ルーシェ | ジョバンニ・グイディ | ジョバンニ・ミラバッシ | ジョルジュ・パッチンスキー | スザンヌ・アビュール | スティーヴン・ウィルソン | スティーヴ・ドブロゴス | ステイシー・ケント | ステファン・オリヴァ | スノーウィ・ホワイト | スーザン・トボックマン | セリア | セルジオ・メンデス | ターヤ・トゥルネン | ダイアナ・クラール | ダイアナ・パントン | ダイアン・ハブカ | チャーリー・ヘイデン | ティエリー・ラング | ティングヴァル・トリオ | ディナ・ディローズ | デニース・ドナテッリ | デヴィット・ギルモア | デヴィル・ドール | トルド・グスタフセン | ドリーム・シアター | ナイトウィッシュ | ニコレッタ・セーケ | ニッキ・パロット | ノーサウンド | ハービー・ハンコック | パスカル・ラボーレ | パトリシア・バーバー | ヒラリー・コール | ピアノ・トリオ | ピンク・フロイド | フェイツ・ウォーニング | フランチェスカ・タンドイ | フレッド・ハーシュ | ブッゲ・ヴェッセルトフト | ブラッド・メルドー | ヘイリー・ロレン | ヘルゲ・リエン | ペレス・プラード | ホリー・コール | ポーキュパイン・ツリー | ポーランド・プログレッシブ・ロック | ポール・コゾフ | マティアス・アルゴットソン・トリオ | マデリン・ペルー | マリリオン | マルチン・ボシレフスキ | マーラー | ミシェル・ビスチェリア | メコン・デルタ | メッテ・ジュール | メラニー・デ・ビアシオ | メロディ・ガルドー | モニカ・ボーフォース | ユーロピアン・ジャズ | ヨーナス・ハーヴィスト・トリオ | ラドカ・トネフ | ラーシュ・ダニエルソン | ラーシュ・ヤンソン | リッチー・バイラーク | リリ・ヘイデン | リヴァーサイド | リーヴズ・アイズ | ルーマー | レシェック・モジュジェル | ロジャー・ウォーターズ | ロバート・ラカトシュ | ロベルト・オルサー | ローズマリー・クルーニー | 中西 繁 | 写真・カメラ | 北欧ジャズ | 問題書 | 回顧シリーズ(音楽編) | 女性ヴォーカル | 女性ヴォーカル(Senior) | 女性ヴォーカル(ジャズ2) | 女性ヴォーカル(ジャズ3) | 戦争映画の裏側の世界 | 手塚治虫 | 文化・芸術 | 映画・テレビ | 時代劇映画 | 波蘭(ポーランド)ジャズ | 相原求一朗 | 私の愛する画家 | 私の映画史 | 索引(女性ジャズヴォーカル) | 絵画 | 趣味 | 雑談 | 音楽 | JAZZ | POPULAR | ROCK