問題書

2011年6月 7日 (火)

マーラー Gustav Mahler の世界(5) : 没後100年記念として・・・・

語ることに尽きないマーラー~特にユダヤ人として~

 私にとっては、ショスターコーヴィチそしてマーラーというのは一つのテーマでもある。両者はここで何回か取り上げて来たが、そのマーラーGustav Mahler は1911年2月に連鎖球菌敗血症により亜急性心内膜炎を発症し重体となり、5月にはアメリカ(1910年に渡米していた)を離れパリで治療を受け、その後5月にはウィーンへ戻り、レーヴのサナトリウムに移され、状態悪化で死亡。50歳であった。
 そして今年2011年はマーラー没後丁度100年という年である。それを記念して諸々の企画がある中で、今ここで改めてマーラーを見つめてみようという機運も高まっている。そんな時に私が興味を持ったマーラー特集本があるので紹介しよう。

Photo 文藝別冊(KAWADE夢ムック)「マーラー : 没後100年記念 総特集 」 河出書房新社 2011.4.30発行

 マーラーの特集本であるだけに、総曲解説・CD評などからマーラー年譜などそれなりに一応網羅している。ただし、データなどはかなり大まかで、それほど期待しない方がよい。
 ただ私の興味をひいたのは、ここに12人の各分野の著名人のエッセイが載っていることだ。むしろこうしたところがこの本の読みどころであるといっていい。

 以前に紹介した音楽の友社の「作曲家・人と作品シリーズ:マーラー」(2011.1.16 マーラーの世界(2)参照)の著者の精神医学者村井翔氏は”マーラーの精神分析”を、フロイトとの出会いから始まってマーラーの心理状態を作品と対比して書いている。
 又、必ずマーラー論となると妻のアルマが登場するわけであるが、これに関しても音楽評論の加藤浩子が”ファム・ファタルか触媒か”と題して彼女をとりまく男性群を分析している。(触媒という発想が面白いが・・・)

 常にマーラーの音楽のよって来るところを語るとなると、必ず彼のトラウマ論が出てくるのであるが、子供、男性、夫ということでは母親との関係、妻との関係が語られるし、音楽の世界としてはブラームスやヴァーグナーそしてブルックナーなどが語られる。

Gustav_mahler_1909_2  しかし、マーラーにとって基本的に非常に重大であったのは、やはりユダヤ人としての宿命であったと思う。そしてそれについては、ここでは・・・・・

末延芳晴
”マーラーにおけるユダヤ性と普遍共同性~失われた「大地」を求めて”

        ・・・・というエッセイが非常に面白かった。
 ここでは、マーラーが当時オーストリア領のチェコ近郊のベシュト村(現チェコのカリシュチェ)に、ユダヤ商人のベルンハント・マーラーとその妻との間に、2番目の子として生まれたことからその宿命は始まることから書かれている。つまり人間が人間として生きていく上で不可欠な、言語、宗教、生活習俗、国家、市民権といった普遍的共同性を奪われたところで生きていく運命として・・・・。
 そうした環境下で生きて行く道は三つしかないと語る。
 ①一つは、徹底的に特殊共同性を背負らされた人間としてそのその特殊性を際だたせること。しかしそれはゲットーという檻の中に閉じこめられ、忌避と蔑視、差別の対象として生きていくことを強いられる。
 ②もう一つは、可能な限りユダヤ的な記号性を消し去る。存在する国家共同体に同調・同化して生きる。マーラーはこの道を選んだ。それは罪責意識、深刻な内面的分裂と葛藤に苦しみ悩むことになる。
 ③ところが、第三の道として、人間を分断する現実世界の壁を、言葉や思想や音、さらには知の力によって暴力的に絶対突破し、そこに開けたアナーキーな、しかし自由で可塑的な時空間に、宗教であれ、思想や哲学であれ、芸術であれ、それまで存在することのなかった、全く新しい価値の普遍性を体現した世界(トポス)を対抗的に創造すること。全く新しく独立した絶対普遍共同的世界を創り上げる。これはイエス・キリストやカール・マルクスの世界であり、それをマーラーは目指したのか(交響曲「巨人」、「復活」などのよって来たるところからみて)?。
 こうして著者はマーラーのユダヤ人としての音楽世界における格闘の分析を試みている。(参考:著者末延芳晴は1942年生まれ、東大文学部卒、ニューヨークに25年在住、米国現代音楽批評、帰国後文芸評論も。著書「永井荷風の見たあめりか」、「森鴎外と日清・日露戦争」など)興味あるエッセイであった。

 マーラーは1911年に没したために、その約20年後のナチスのユダヤ人迫害(1933年頃から)をみてはいない。ホロコーストholocaustの悲劇は体験していないが、それに進みつつある世界の中にいた。彼が音楽の世界で、指揮者として、作曲家として何かを超えようとしていたことは、死後100年を経た今日の彼の音楽や世界観の研究が続いていること自体がその証明であると言っていいのであろう。

Photo
(花の季節 : カルミヤ(白) = 我が家の庭から)

 
 
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月14日 (土)

冷静に読めるか?広瀬隆著「福島原発メルトダウン」(朝日新書)

”津波に暴かれた人災”を訴える

Photo 朝日新書「広瀬隆著 / FUKUSHIMA福島原発メルトダウン」朝日新聞出版 2011.5.30第1刷発行

 あの3.11東日本大震災から2ヶ月経過した。日本人の忍耐力が今復興に一歩一歩進んではいるが、そこに立ちはだかる最大の問題は、あの福島第一原発の事故である。戦後の復興に甘んじていた日本において今最大の危機といっても過言でない。

 著書「東京に原発を!」で話題になった広瀬隆氏の最も新しい著書がこれだ。「東京に原発を!」は、原子力発電をテーマに逆説を展開した問題の書。政府も電力会社もそんなに原発が必要かつ安全というなら大電力消費地である東京の、西口公園に原発を誘致しようと提案する皮肉を述べながらの警告の書。
 その後も私は全てを読んでいるわけではないが、広瀬氏は「危険な話」「原子炉時限爆弾」などの書があり、原子力の危険を訴えてきた人だ。
 遂に起きてしまった今回の原発事故、それは彼にとっては何ら不思議なことでないと力説する。

Photo_2 この書「福島原発メルトダウン」は、左のような内容だ(クリック拡大)。
 ”序章”では、大震災と原発事故は、同じ地震によって起こった一連の出来事のように見えて、しかしはっきりと異なる二つの現象で、これを峻別しなければなりません。その根本にあるものがまつたく違うからです。・・・地震や津波そのものによる天災は避けられないということを私たちは納得できなくても、受け入れるしかありません。これは日本列島に住み着いた日本人の「宿命」といえます。しかし、福島第一原発の大事故は、天災でも宿命でもありません。この悲惨な出来事は、悪意によって引き起こされた人災です。人知のおよばない自然災害に比べれば、はるかに容易にに予測でき、この大きな危機をあらかじめ回避できた出来事なのです。と、訴えることから始まる。つまり、原発事故とそれに伴って起こっている災害は人災であること、そしてこれからも起こりうる同様の事故を回避すべくこの書をあらためて書いたことを述べている。
 
Photo_3  第一部は、東京電力、政府、保安院・原子力安全委員会、原子力関係の学者を含む専門家の怠慢を、原発事故の内容分析をしながら指摘している。
 第二部は、巨大地震の激動期に入った日本においての「第二、第三の福島」を回避すべく各地の原発の実情を訴える。又放射能の危険性に医学的分析も含めて警鐘をならす。
 終章は、電力エネルギーの今後の対策への提言
 広瀬氏の今回のこの書はこんな内容になっている。


 さて、話の展開はがらっと変わるが、実は私がこのブログでも過去に紹介してきた「硫黄島の砂」とか「赤い河」という映画があるが、これの主演はアメリカの最もタカ派といわれるジョン・ウェインである。彼は肺ガンで何度かの手術を受けながら、ガンを克服したかにみえたが、1979年6月11日ガンの為この世を去った。
 そのジョン・ウェインの死に疑問を持ったこの広瀬隆氏は、1982年に・・・・・・・・・・
「ジョン・ウェインはなぜ死んだか」(文芸春秋社)という書を書いている。

Photo_4 この本(左)は、映画盛んなりし1950年代のハリウッド・スターを総なめにして、それぞれの映画活動を整理し、そして最後の死に至らしめた疾病を調べ上げての一つの結論へ導いた労作であると同時に、やはり警鐘の書である。
 
 もちろん主たるテーマはジョン・ウェインであるが、彼が肺ガンであることが判明したのは1964年。あの痛快西部劇「リオ・ブラボー」の公開5年後である。
 そしてこの書では、特に注目しているのは1956年公開の映画「THE CONQUEROR 征服者」だ。この映画は当時私は娯楽ものとして観たのを覚えているが、蒙古人のジンギス・カンの物語で、痛快活劇映画といったぶるいのもの。
 この映画の撮影はハリウッドから東へのユタ州にて、砂漠の中で1954年に行われた。熱風の吹き荒れる中ロケーションは敢行され、それはまさに地に火がはいったような地獄の暑さと、大砂塵が舞い上がる中での重労働であったようだ。制作はあの有名なハワード・ヒューズで、当時で20億円もかけての大作であった。
Photo_5  そしてこの映画は砂漠の中で壮烈な死闘をくり広げるシーンが目玉で、役者たちは馬から転げ落ち、砂ぼこりを胸深く吸い込み、全身ドロまみれにならなければ監督からOKがもらえなかった。当然主演のジョン・ウェインも同じであったし、監督、映画製作スタッフも同様に砂まみれになって格闘したという。
 さて、そのユタ州の砂漠とは・・・、当時この隣のネバダ州では頻繁に核実験が行われており、その死の灰が実は砂に堆積していたことが後に証明されたのである。

 ジョン・ウェインが肺ガンを発見されたのは、それから10年後。そして監督のディック・バウェルも1960年胸と首のリンパ腺にガンが見つかった。又ジョン・ウェインの相手役の人気女優スーザン・ヘイワードは、1971年体の数カ所のガンがみつかり、1974年に亡くなった。
 こうして、ユタ州撮影隊には不吉な噂も語られるようになったようだが、事実近郊の街でも白血病の発病が異常に多い事実も浮かび挙がった。
 こうした事実をこの著者広瀬隆は問題として取り上げたのである。死の灰も、かなりの量がジョン・ウェインの場合も肺に沈着したことは否定できない。彼の肺ガンとの因果関係は神のみぞ知るということであるかも知れないが、こうした事実をみるにつけ、放射能汚染の未知なる怖さを訴えているのだ。

 今回の福島第一原発事故においても、こうした問題にも真剣に対応することが必要であろう事は言うまでもない。そして第二第三の福島原発事故を未然に防がねばならないことは、今こうしている我々の任務であることを知るべきである。今何を成すべきか・・・・・。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Audio | CLASSIC | Progressive ROCK | アイオナ | アガ・ザリヤン | アデル | アヤ | アレクシス・コール | アレッサンドロ・ガラティ | アンジェイ・ワイダ | アンナ・マリア・ヨペク | アヴィシャイ・コーエン | イエス | イタリアン・プログレッシブ・ロック | イメルダ・メイ | イモージェン・ヒープ | イリアーヌ・イリアス | イーデン・アトウッド | ウィズイン・テンプテーション | ウォルター・ラング | エスビョルン・スヴェンソン | エミリー・クレア・バーロウ | エンリコ・ピエラヌンツィ | エヴァ・キャシディ | カレン・ソウサ | キャメル | キャロル・ウェルスマン | キング・クリムゾン | キース・ジャレット | クィダム | クレア・マーティン | ケイテイ・メルア | ケティル・ビヨルンスタ | コニー・フランシス | コリン・バロン | サラ・ブライトマン | サラ・マクラクラン | サンタナ | ザーズ | シネイド・オコナー | ショスタコーヴィチ | シーネ・エイ | ジェフ・ベック | ジャック・ルーシェ | ジョバンニ・グイディ | ジョバンニ・ミラバッシ | ジョルジュ・パッチンスキー | スティーヴン・ウィルソン | スティーヴ・ドブロゴス | ステファン・オリヴァ | スノーウィ・ホワイト | セルジオ・メンデス | ターヤ・トゥルネン | ダイアナ・クラール | ダイアナ・パントン | ダイアン・ハブカ | チャーリー・ヘイデン | ティエリー・ラング | ディナ・ディローズ | デニース・ドナテッリ | デヴィット・ギルモア | デヴィル・ドール | トルド・グスタフセン | ドリーム・シアター | ナイトウィッシュ | ニッキ・パロット | ノーサウンド | ハービー・ハンコック | パトリシア・バーバー | ピアノ・トリオ | ピンク・フロイド | フェイツ・ウォーニング | ブラッド・メルドー | ヘイリー・ロレン | ヘルゲ・リエン | ペレス・プラード | ホリー・コール | ポーキュパイン・ツリー | ポーランド・プログレッシブ・ロック | ポール・コゾフ | マティアス・アルゴットソン・トリオ | マデリン・ペルー | マリリオン | マルチン・ボシレフスキ | マーラー | メコン・デルタ | メロディ・ガルドー | モニカ・ボーフォース | ユーロピアン・ジャズ | ラーシュ・ダニエルソン | リッチー・バイラーク | リリ・ヘイデン | リヴァーサイド | リーヴズ・アイズ | ルーマー | レシェック・モジュジェル | ロジャー・ウォーターズ | ロバート・ラカトシュ | ローズマリー・クルーニー | 中西 繁 | 写真・カメラ | 北欧ジャズ | 問題書 | 回顧シリーズ(音楽編) | 女性ヴォーカル | 戦争映画の裏側の世界 | 手塚治虫 | 文化・芸術 | 映画・テレビ | 波蘭(ポーランド)ジャズ | 相原求一朗 | 私の愛する画家 | 私の映画史 | 絵画 | 趣味 | 雑談 | 音楽 | JAZZ | POPULAR | ROCK