キャロル・ウェルスマン

2015年10月28日 (水)

キャロル・ウェルスマンCarol Welsmanのニュー・アルバム「alone together」

もうカナダではベテラン組で・・・・大人のしっとりムードも

 とにかくカナダからは、これでもかこれでもかと女性ジャズ・ヴォーカルものがお目見えしてくるが、このキャロル・ウェルスマンCarol Welsmanは、1980年代より登場で、もうベテラン組。ここでも過去に何回か取り上げ来ているので紹介はそちらで(http://osnogfloyd.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/carol-welsman-8.html )。

 さて今年になって、2012年以来3年ぶりのニュー・アルバムが登場している。

      <Jazz>
             Carol Welsman 「alone together」
           WELCAR MUSIC / US / WMCD368 / 2015


Alone_together2
Vocals/Piano:Carol Welsman
Bass: Rufus Reid
Drums: Lewis Nash
Trumpet: Wallace Roney
Guitar: Jay Azzolina (tracks 3, 6, 8)
Percussion: Steven Kroon (track 3)


 キャロル・ウェルスマンは、ピアニストでもあり、このアルバムは彼女のピアノ・トリオのパターンをとって、そして実力派そのものの大人の味を十分堪能させてくれるヴォーカルを披露。ジャズ・ベーシストとしては大御所といってよい Rufus Reidがしっかりバック演奏を固めている。ドラムスも Lewis Nashが努めてなかなか豪華メンバー。
 そして更に曲によってギター、トランペット、パーカッションなどが加わって、そのギターも良いし、トランペットもいい。 つまり演奏陣も洗練されたジャズを演奏してくれて、大推薦のジャズ・スタンダード曲盤である。

Cw1(Tracklist)
 
1. Day By Day
2. It Might As Well Be Spring
3. Sand In My Shoes
4. My Ship
5. Alone Together
6. Disappointed
7. If The Moon Turns Green
8. You Taught My Heart To Sing
9. The Blues Are Out Of Town
10. I Didn't Know About You
11. Killing Time

 1曲目”Day By Day”は、ピアノ・トリオにミュートを効かせたトランペットが乗って、ジャズ・アルバムに相応しいリズムカルな展開をみせ、2曲目”It Might As Well Be Spring”で、一転してしっとりと歌い上げるところは憎いスタートをみせるアルバムだ。
 相変わらず彼女のヴォーカルは低音から高音まで安定した響きで、小手先のテクニックに頼らない歌唱で、聴く者にとっては安定感たっぷり。
 5曲目に登場するアルバム・タイトル曲”Alone Together”は、バックなしの彼女の唄から始まって、中盤からジャズの醍醐味であるトリオ演奏が軽快で、ピアノ、ベース、ドラムスのリズムの刻みが楽しめる。
 7曲目”If The Moon Turns Green”の説得力ある歌い込みのバラードは、いよいよ私好みの世界が登場し、このアルバムはそれ以降の後半がなかなか魅力的。

(参考)<キャロル・ウェルスマンのDiscography>

  • 1987年 - Just Imagination (EMI)
    1995年 - Lucky to be me (Welcar Music)
    1997年 - Inclined (Welcar Music)
    1999年 - Swing Ladies, Swing - A Tribute to Singers of the Swing Era (Welcar Music)
    2001年 - Hold Me (BMG Music Canada)
    2003年 - The Language of Love ( Savoy)
    2005年 - What'cha Got Cookin' (Ludlow Music, Columbia Records)
    2007年 - Carol Welsman (Justin Time Records)
    2008年 - "Memories of You" - A tribute to Benny Goodman,  ( Muzak Records,Welcar Music)
    2009年 - I like Men – Reflections of Miss Peggy Lee ( Welcar Music)
    2012年 - Journey (Justin Time Records)
    2015年 -  (当アルバム) 「alone together」 (Welcar Music)
  • (視聴)

    | | コメント (4) | トラックバック (0)

    2013年9月21日 (土)

    とにかくムードたっぷりジャズ~「Jazz For When You're Alone」

    これは、聴いたもの~誰もが納得シリーズだ!

    <Jazz> Jazz for relaxing
          
    「Jazz For When You're Alone」
                  SAVOYJAZZ   COCB-53117⇀18  ,   2003

    Jazzalone
     とにかくジャケのムードを感じてください。最近ちょっと内緒で聴いていたんですが、あんまり一人で楽しむのも何なんですから、そのもののムードをしっかり感じられるアルバムを紹介しちゃいます(笑)。
     ”Over 100 minutes of gently swinging jazz in a deluxe 2 CD set !”というやつで、「SAVOY JAZZ」の企画物。このとおりのCD二枚組。全17曲をたっぷり聴かせてくれますので、一晩はこれがあれば十分ですね。このレーベルは1942年設立、以来ジャズを売り続けているところで、まあ名門と言うことになるようです。そうですよね、なんと70年以上の歴史となるわけですから。
     そんなところの企画物で、歴史的演奏が含まれるのですが、それが最近の高録音ものに聴けるのです。まあ私には良く解らないけど、”最新アナログ・マスタリング方式(VMF)採用”となっていて、それがこの音なんでしょうか?。とにかくピアノの響きはクリアで、ギターの音も良好、サックスの重厚な音は体に迫ってくるし、トランペットの泣きは哀しげに夜を描く~まあちょっと大袈裟かも知れないが、それぞれの演奏が手に取るように聴こえることは事実。こうした企画物としては良録音なんですね。
     いやはや、秋の夜中にはぴったりですね。とにかく暗くなく騒がしくなくそしてムーディーで言うこと無しですね。

    Jazzalonelist Tracklistと演奏者は左のごとくである(クリック拡大)。これはまさにスタンダード・ナンバー集。それぞれがゆったりと一人の夜を慰めるが如く聴かせてくれる。
     私はもともとpiano,bass,drumsのピアノ・トリオ派なんですが、ここではヒューストン・パーソン、ウィルス・ジャクソン、ソニー・ステットのサックスが何とも言えず心地よく心を和らげてくれる。
     ドナルド・バードのトランペット、ケニー・バレル、ラリー・コーエルのギターそしてレッド・ガーランドのピアノなどなど、ジャズはこれだとばかりに迫ってくる。
     しかしこんな時代の音がここまで良質であると言うことは、それなりにちゃんとしたマスター・テープが残っていると言うことなんでしょうか?。私はかっての名演と言っても音が悪ければ「感動」の「カ」の字もないほうでしてこのアルバムは合格です。
     
     もう一つは、最後に私の好きなキャロル・ウェルスマンのヴォーカルが登場する。いやはやニクイですね、ここまでオーソリティーの演奏を聴かせて、そして彼女の歌声が締めてくれるのである。

     さて、このアルバムに辿り着くには、その所以なる根拠があるのです。それはこの下のアルバムを爵士さんの紹介で知ったことから始まったです。なにせこのジャケですからね(ほんとは、こんなシースルーじゃない方がむしろ品のあるムードがあって良いと思うのですが)。これを知ってしまったので、それではと、日頃の私なりに探っていってこの上のアルバムを発見できました。是非とも座右に置きたいですね。これら二つのアルバムは両方二枚組で、一部曲が重なりますが・・・・お勧めです。(実は更にその後のお話しもありますが・・・機会があればと言うことで)

       <Jazz> 「Jazz For A Rainy Afternoon」
                         SAVOY JAZZ    SVY17171,   2003

    Jazzrainyafternoon

      どうですか、このジャケのムードは?。二枚組20曲、たっぷりムードに浸れます。そしてこのムードの世界を、これもキャロル・ウェルスマンが最後を締めくくります。いやはや驚かされながら、秋の夜をしっとりと過ごしているのである・・・・と言うところであります。

     (試聴) http://www.youtube.com/watch?v=9OBOcNYmceo

    | | コメント (2) | トラックバック (0)

    2012年4月25日 (水)

    大人のジャズ・ヴォーカル~キャロル・ウェルスマン Carol Welsman のニュー・アルバム「journey」

    相変わらず癖のないヴォーカルを披露

    Journey 「Carol Welsman / journey」 Justin Time Records  JUST 244-2  ,  2012

     ダイアナ・クラールとよく比較されるカナダのジャズ・ピアニスト・ヴォーカリストのキャロル・ウェルスマンの久々のニュー・アルバム。

     前作「I Like Men」(日本編集盤「Memories of You」)はペギー・リーをトリビュートしていただけあってのオーソドックスなスタイルに徹していた彼女であるが、今回もそのパターンは全く変わっていない。(参照:2010.8.28”聴きやすいジャズ・ヴォーカル” http://osnogfloyd.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/carol-welsman-8.html
     ハービー・ハンコックお墨付きのピアノ・プレイは今回も披露しつつ、ヴォーカル・アルバムを作り上げた。

    Jouneylist 収録曲は左のような全14曲。
     今回もバックは自己のピアノにベース(Marc Rogers)、ドラムス(Jimmy Branly)のトリオのパターン。曲によってギター、トランペットが加わる。
     このアルバムは彼女の曲はなく、スタンダード・ナンバーに徹している。内容は多彩。
     とにかく癖のないそして低音が充実し高音部まで素直な唄い方をする彼女のヴォーカルは、ジャズのお手本的なスタイルである。1996年の2ndアルバム「inclined」では、カナダのジャズ・レポート誌で”ベスト・女性ヴォーカリスト・オブ・ジ・イヤー”に選ばれただけのものがある。その点は一般受けはよいのでは?と思うところであるが、若干寂しいところでもあると言うところ。更に演奏も変な凝り方はなく非常に聴きやすい。

     躍動するリズムカルなピアノ演奏の曲”route 66.”でスタートする。そして2曲目”on the road again”とアルバム・タイトルどおりの楽しい旅行がイメージされる。夜のイメージを醸し出す女性ヴォーカルものが多いが(私の趣向はどちらかというとそっちのほうなのだが)、このアルバムは明るい昼間の姿である。しかし悪くはない。
    Carolwelsman6  ”by the time i get to pnenix”は、じっくりと歌い込む。ピアノのプレイも間をうまくとって美しく旋律を聴かせ、ドラムスのブラッシングやシンバルの音も控えめでよく、私好み。このあたりは大人のジャズ・ヴォーカルそのもの。そんな意味では”two for the road”も同様であり、この曲にはギターも加わって味わい深い。
     ”samba do avia'o”のサンバもよいが、”travelin light””detour ahead””Si J'Etais un homme”のようなスローな曲はなかなか聴きどころである。

     こうしたオーソドックスなジャズ・ヴォーカルも、日本ではもう少し評価し注目されても良いのではと思いつつ聴いているのである。

     

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2010年8月28日 (土)

    聴きやすいジャズ・ヴォーカル/ピアノを演ずるキャロル・ウェルスマンCarol Welsman

    オーソドックス・スタイルの15年の歴史を持った実力派

    Carolwelsman4  近年カナダから多くの女性ジャズ・ヴォーカリストがお目見えしているが、その中ではもう既にアルバム・デビュー15年の経験のあるキャロル・ウェルスマンCarol Welsman に焦点を当ててみたい。
     
     彼女はピアニストでありソングライティングの実力派。カナダということでダイアナ・クラールを思い起こすが、それが明確な違いを持っている。どちらかというと編曲、ヴォーカルとも比較的オーソドックスで、癖がない。その為非常に聴きやすいし、又前衛風な難しさもない。声も全域にわたって標準的な美しさを持っている。
     彼女の紹介を見ると、もともと祖父はトロント・シンフォニー・オーケストラの創始者で、父はサックスを奏し、母は芸術派と音楽一家で育ったという。アメリカ・ボストンのバークリー音楽大学にてピアノを選考してジャズに傾いてゆく。パリにも渡って経験を積んできたようだ。

    「Carol Welsman / I LIKE MEN reflections of miss peggy lee」 Welcar Music WMCD366 , 2009 

    CdilikemenCarol Welsman (voc/piano)
    Pat Kelly (g)
    Rene' Camacho(bass)
    Jimmy Branly(drum/cajon)
    Kevin Richard(percuss.)
    Ken Peplowski(clarinet) 
                             etc.
    1. I LIKE MEN
    2. DO I LOVE YOU?
    3. LOVER
    4. I LOVE BEING HERE WITH YOU
    5. THE FOLKS WHO LIVE ON THE HILL
    6. WHY DON'T YOU DO RIGHT?
    7. JUST ONE OF THOSE THINGS
    8. JOHNNY GUITAR
    9. I'M GONNA GO FISHIN'
    10. DANCE ON YOUR OWN
    11. REMIND ME
    12. FEVER
    13. WHEN YOU'RE SMILING
    14. ANGELS ON YOUR PILLOW

     このアルバムが彼女の最新のものである。しかしこのリリース直前に2009年の4月には・・・・

    「Memories Of You ~ Carol Welsman sings Benny Goodman and Peggy Lee」  MUZAK MZCF1191, 2009

    Memories_of_benny_goodmanキャロル・ウェルスマン (VOCAL,PIANO)
    ケン・ペプロウスキー (CLARINET)
    フランク・キャップ (DRUMS)
    レネ・カマチョ (BASS)
    ピエール・コーテ (GUITAR)
    ジミー・ブランリー (DRUMS)
    カッシオ・デュアルテ (PERCUSSION)

    ・・・・・・・というベニー・グッドマンとペギー・リーへのトリビュート・アルバムを発表している。実はこのアルバムを私は友人から頂いて彼女のアルバムを初めてじっくりと聴くことになったのだが、どうもこのアルバムは2008年に録音して日本先行発売ということになっているが、日本向けの試作品であったようだ。従ってこの「I LIKE MEN」が正式アルバムということになるようだ。

     そんな事情で、この両アルバムは4曲が重なっている。しかし基本的にはあの歴史的名歌手であり銀幕スターでもあったペギー・リーに迫ろうとしたことの企画の下で行われたことであると思われる。その重なった曲の3曲は同一バージョンである。
     しかし、「Memories Of You」のほうは、ケン・ペプロウスキーのクラリネットの音を意識した曲作りであって、そうした演奏の楽しさがある。一方今回の「I LIKE MEN」は、彼女自身のピアノに加えてGuitar、Bass、Drumsを中心とした曲作りになっていてその違いがある。
     内容はペギー・リーの比較的上品さをイメージしたヴォーカルを展開し、彼女の父親に捧げた形をとっている。そのことによるのか、とにかく彼女の歌声もそうであるが、上品に癖のないジャズ・ヴォーカル・アルバムに仕上げられている。こうしたアルバムは、確かに聴きやすいし、又違和感なく受け入れられ、ジャズ入門盤的ニュアンスすら感じられる。ただ、こうした癖のなさがある意味では魅力を欠くことになることでもあるのだが・・・。
     更に、どうもこの「I LIKE MEN」のアルバムのジャケ・デザインは彼女の顔のクローズ・アップであまりセンスを感じない。それにひきかえ「Memories ・・・・」のほうは、ピアノに寄り添って足下にクラリネットを置いて、にそれなりに工夫されたデザインで魅力がある。

    Cdcarolwelsman ここで、彼女の1995年来の数枚のアルバムの中での私のお薦め盤を紹介する。

    「CAROL WELSMAN」 Justin Time Records JUST220-2, 2007

    1.brazasia
    2. hold me
    3. dans cette chambre
    4. what a foll believes
    5. eu vim de bahia
    6. cafe
    7. live to tell
    8. nosotros
    9. too close for comfort
    10. with me
    11. dans mon ile
    12. beautiful
    13. ora

     2000年にはビルボード・ジャズ・アワードでハービー・ハンコックにより全米に紹介され一流どころの烙印もある彼女であり、このアルバムでもなるほどと言わせる彼女のピアノ・プレイとヴォーカルが聴ける。そして、Jimmy Haslip(Bass)、Jimmy Brandly(Drums & Percussion)、Pierre Cote'(Acoustic & Electric Guitars)がバックを支え、その外にSoprano Sax などが曲により加わる。
     まず、ジャケ買いしそうなスリーブ・デザインであるが、それも決して間違いではない。ラテンタッチの曲群によってなかなか聴き応えあり、私はお勧めする。3曲目”Dans Cette Chambre”あたりから静かな南米のムードがスペイン語で歌われ押し寄せてくる。全体的にボサノバ風ギターやパーカッションが生きていて、ピアノもしっとりタイプで大人のムードに包まれている。私としてはこのアルバムのパターンが買いである。取り敢えずお勧め盤だ。

     カナダからの女性ヴォーカルにこのところジャズ界では話題が多いが、その中でも実力派のキャロル・ウェルスマンを取り上げてみた。

     

    | | コメント (1) | トラックバック (0)

    その他のカテゴリー

    Audio | CLASSIC | Progressive ROCK | アイオナ | アガ・ザリヤン | アデル | アヤ | アレクシス・コール | アレッサンドロ・ガラティ | アンジェイ・ワイダ | アンナ・マリア・ヨペク | アヴィシャイ・コーエン | アーロン・パークス | イエス | イタリアン・プログレッシブ・ロック | イメルダ・メイ | イモージェン・ヒープ | イリアーヌ・イリアス | イーデン・アトウッド | ウィズイン・テンプテーション | ウォルター・ラング | エスビョルン・スヴェンソン | エミリー・クレア・バーロウ | エンリコ・ピエラヌンツィ | エヴァ・キャシディ | カレン・ソウサ | ガブレリア・アンダース | キャメル | キャロル・ウェルスマン | キング・クリムゾン | キース・ジャレット | クィダム | クレア・マーティン | ケイテイ・メルア | ケイト・リード | ケティル・ビヨルンスタ | コニー・フランシス | コリン・バロン | ゴンザロ・ルバルカバ | サスキア・ブルーイン | サラ・ブライトマン | サラ・マクラクラン | サンタナ | サン・ビービー・トリオ | ザーズ | シェリル・ベンティーン | シゼル・ストーム | シネイド・オコナー | ショスタコーヴィチ | シーネ・エイ | ジェフ・ベック | ジャック・ルーシェ | ジョバンニ・グイディ | ジョバンニ・ミラバッシ | ジョルジュ・パッチンスキー | スザンヌ・アビュール | スティーヴン・ウィルソン | スティーヴ・ドブロゴス | ステイシー・ケント | ステファン・オリヴァ | スノーウィ・ホワイト | スーザン・トボックマン | セリア | セルジオ・メンデス | ターヤ・トゥルネン | ダイアナ・クラール | ダイアナ・パントン | ダイアン・ハブカ | チャーリー・ヘイデン | ティエリー・ラング | ティングヴァル・トリオ | ディナ・ディローズ | デニース・ドナテッリ | デヴィット・ギルモア | デヴィル・ドール | トルド・グスタフセン | ドリーム・シアター | ナイトウィッシュ | ニコレッタ・セーケ | ニッキ・パロット | ノーサウンド | ハービー・ハンコック | パスカル・ラボーレ | パトリシア・バーバー | ヒラリー・コール | ピアノ・トリオ | ピンク・フロイド | フェイツ・ウォーニング | フランチェスカ・タンドイ | フレッド・ハーシュ | ブッゲ・ヴェッセルトフト | ブラッド・メルドー | ヘイリー・ロレン | ヘルゲ・リエン | ペレス・プラード | ホリー・コール | ポーキュパイン・ツリー | ポーランド・プログレッシブ・ロック | ポール・コゾフ | マティアス・アルゴットソン・トリオ | マデリン・ペルー | マリリオン | マルチン・ボシレフスキ | マーラー | ミシェル・ビスチェリア | メコン・デルタ | メッテ・ジュール | メラニー・デ・ビアシオ | メロディ・ガルドー | モニカ・ボーフォース | ユーロピアン・ジャズ | ヨーナス・ハーヴィスト・トリオ | ヨーナ・トイヴァネン | ラドカ・トネフ | ラーシュ・ダニエルソン | ラーシュ・ヤンソン | リッチー・バイラーク | リリ・ヘイデン | リヴァーサイド | リーヴズ・アイズ | ルーマー | レシェック・モジュジェル | ロジャー・ウォーターズ | ロバート・ラカトシュ | ロベルト・オルサー | ローズマリー・クルーニー | 中西 繁 | 写真・カメラ | 北欧ジャズ | 問題書 | 回顧シリーズ(音楽編) | 女性ヴォーカル | 女性ヴォーカル(Senior) | 女性ヴォーカル(ジャズ2) | 女性ヴォーカル(ジャズ3) | 戦争映画の裏側の世界 | 手塚治虫 | 文化・芸術 | 映画・テレビ | 時代劇映画 | 波蘭(ポーランド)ジャズ | 相原求一朗 | 私の愛する画家 | 私の映画史 | 索引(女性ジャズヴォーカル) | 絵画 | 趣味 | 雑談 | 音楽 | JAZZ | POPULAR | ROCK