ジョバンニ・ミラバッシ

2017年3月 8日 (水)

ジョヴァンニ・ミラバッシGiovanni Mirabassiのピアノ・ソロ・ライブ 「LIVE IN GERMANY」

これはミラバッシらしい音の洪水に溢れたアルバムだ

<Jazz>
Giovanni Mirabassi「LIVE IN GERMANY」
CAM Jazz / ITA / CAMJ79102 / 2017.2

Gmjermanyw

Giovanni Mirabassi (piano) solo
Recorded on 16 Sept. 2014 at Bauer Studio, Ludwigsburg

  私はあのアルバム「AVANTI」 以来、イタリア出身でフランスで活躍しているのミラバッシGiovanni Mirabassiのファンなんですが、このライブ・アルバムの購入は若干躊躇していたんです。それも近作の2016年「NO WAY OUT」は、彼の一つの挑戦がみえて良かったんですが、 「VIVA V.E.R.I」、「Animessi」あたりが、実はそれ程面白くなかったせいかも知れない。
 ところが、そうこうしている時に爵士さんからこのアルバムを薦められました。いっやー、このアルバムは成る程あのミラバッシらしさが聴かれて喜んでいるんです。それも彼のかなり力みの無いリラックスした姿を感じ取れるんです。

 このアルバムは、ドイツでのステージ・ライブものなんだが、どうゆう訳か?エラ・フィッツジェラルド、メルセデス・ソーサ、エディット・ピアフ という3人のシンガーに捧げるという酒肴なんですね。
 エラ・フィッツジェラルド(Ella Jane Fitzgerald、1917- 1996年)はコール・ポーター、ジョージュ・ガーシュィン、アントニオ・カルロス・ジョビンなど唄ったし、メルセデス・ソーサ(Haydée Mercedes Sosa, 1935 - 2009年)はアルゼンチン・フォルクローレの女性歌手である。
 そしてエディット・ピアフ(Édith Piaf, 1915 - 1963年)は、フランスのシャンソン歌手で、有名な”ばら色の人生”とか”愛の賛歌”等のヒットがある。何故この3人三様の全く異なった歌手を選んだのかよく解らないが、とにかく共通点は人間模様、喜びと哀しみ、熱い情熱と陰のある憂愁 と・・・・多彩な人生模様といったところなのか。それによって彼の心の一部を覗かせてくれているんです。

Mirabasshi01(Tracklist)
1. Sous Le Ciel De Paris (J. Dréjac - H. Giraud) 4:31
2. Canción Con Todos (A. Tejada Gomez - J. C. Isella) 4:42
3. The Man I Love (I. Gershwin - G. Gershwin) 6:21
4. Hymne À L’Amour (E. Piaf - M. Monnot) 3:29
5. Sólo Le Pido A Dios (L. Gieco) 5:51
6. Mercedes (G. Mirabassi) 3:58
7. My Old Flame (S. Coslow - A. Johnson) 5:11
8. J' M'en Fous Pas Mal (M. Emer) 5:44
9. Ella (G. Mirabassi) 6:17
10. Duerme Mi Tripón (O. Galíndez) 4:43
11. Bewitched (L. Hart - R. Rodgers) 4:48
12. Edith (G. Mirabassi) 5:03
13. I've Grown Accustomed To Her Face (A. J. Lerner - F. Loewe) 2:56


 いやはや、これはやはりミラバッシですね。非常にポピュラーな曲を演じているのだが、それぞれ1曲1曲の展開が複雑な展開を加味させて、何か一度に二つ以上の曲を聴いているような気分になります。
 まずはオープニングM1. ”Sous Le Ciel De Paris”で、このソロ・コンサートの意味を聞かせるが如くシャンソンがミラバッシ流のピアノの音の洪水で満たされるのである。
 今回はあの気になる唸りを上げるような熱演と言うよりは、かなりさらりとした演奏をベースにしているので、違和感なく気楽に聴けるところが良いです。ただライブということで曲間に拍手が入って、どうも私の感覚だと、ミラバッシの世界にのめり込めずにやや客観的に冷静に聴くというところになってしまうのですね。記録と言うよりは聴かせるアルバムとして、拍手を入れたかったら最後だけで良かったのでは?。
 しかし彼はやっぱり技法としては尋常なパッサージ・ワークではないですね。これだけ単調なメロディーでありながらも、そこに聴かれる音の多彩さに圧倒されます。
 アルバム全体で見ると、後半になるにつれ優しさが溢れてきて、心も落ち着いてホッとする世界に連れて行ってくれます。

(ジョヴァンニ・ミラバッシ紹介=http://osnogfloyd.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/giovanni-miraba.html 参照)

(視聴)

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2015年4月 9日 (木)

ジョヴァンニ・ミラバッシGiovanni Mirabassiのニュー・アルバム「NO WAY OUT」

ヴィブラフォンをフューチャーしてミラバッシの挑戦は続く・・・・・

<Jazz>
       GIOVANNI MIRABASSI QUARTET 「 NO WAY OUT」
           Cam Jazz / CAMJ 7884-2 / 2015

Nowayoutbb
 ジャズ・ピアノを愛する者にとっては、なんと言っても説得力のあるのは、イタリア出身でフランスを拠点に活躍しているピアニストのジョヴァンニ・ミラバッシ(1970年生まれ)だ。ここで彼のニュー・アルバムを取り上げよう。
  そういえばミラバッシと言うと、 「Animessi」という日本企画もののジブリのアニメ・ソング・アルバムが昨年リリースされていたが、こっちはCAMJazzから彼の久々の本格的ニュー・アルバムの登場。今回は次のようなメンバーによるカルテットである。

Giovanni Mirabassi : Piano
Stefon Harris : Vibes
Gianluca Rebzi : Double Bass
Lukmil Perez Herrera : Drums

Nowayout2_2 なんとミラバッシお馴染みのピアノ・トリオ+ヴィブラフォンのカルテットだ。このところ私にとってはヴィブラフォンものは久しぶりである。かってのようにどこにも登場した感のあった時代があったが、最も代表的なMJQを思い起こすと、その現代性は隔世の感ありの進歩がこのアルバムにある。まあ近年はヴィブラフォンものが、ちょっと少ないように思うのは・・・私の好みの為だろうか?。それはそれとしてこのアルバムはそんなところの注目点がある。

 ミラバッシのCAMJazzからというと、韓国での収録のオーケストラをバックにしてのトリオもの「VIVA V.E.R.D.I.」が2013年にリリースされて以来の第2弾だ。あのアルバムの評価は若干私は戸惑ったところがあったのですが、その時に、ふとミラバッシはある壁に当たっているのではないか?という事が、頭をよぎったのであった(彼の存在感を世に示した2001年の「AVANTI!」の再現盤2011年の「ADELANTE!」もその一つか)。そして今回のヴィブラフォンを加えてのカルテット、これはやっぱり一つには彼の壁を破りたい挑戦なのだろうと私はこのアルバムを聴いて確信を持った。

Nowayoutlist 収録曲(右)は8曲で、全曲ミラバッシのオリジナルという気合いの入ったモノ。そしてトリオは前作と同じメンバーだが、ヴィブラフォン奏者は、まさに現代を代表するアメリカのステフォン・ハリスStefon Harris を呼んでNYブルックリンで2013年12月の録音。
 まずこのアルバムの出来は一口に言ってハイレベル演奏だ。とにかくミラバッシのピアノ・プレイは更に磨きがかかっていて、密度の高い流麗にして詩情豊かで、しかもダイナミックなプレイを展開。彼の新展開への意気込みが伝わってくる。そしてハリスのヴィブラフォンとの交錯、共鳴、アンサンブルはちょっと並のレベルではない。

Nowayout1 なんと言っても3曲目の”Two finger snaps”が凄い。四者の劇的なスリリングなアンサンブル、そして又四者が交互に前面に出てくるうねりが圧巻。
 2曲目”The snow white syndrome”、4曲目”L'Audance”では、ヴィブラフォンの役回りが快調。ミラバッシのピアノとの交錯にメロディーの主張も響かせ、そこに多分ミラバッシのものと思われる”うなり”というよりは”歌声”がバックに重なって曲に色づけする(まあこの「声」は賛否両論あるだろうと思うところだが・・・私は否定的)。
 6曲目”What was that dream about”では、ミラバッシの従来の持ち味を感じさせるピアノ・トリオが前半に詩的叙情性を演じ、中盤にヴィブラフォンが主導して、後半の四者の盛り上がりへと流れ込む。
 最終曲”II Bandolero stanco”は、トリオの美しさで締めくくる。

 このアルバムは明らかにミラバッシが一つの壁を打ち破るべく、彼の技量をたたき込んで作り上げた一枚だ。それだけにレベルが高い。さてこの高さを聴く者がどこまで消化出来るかが問題のアルバム。
 (参考)
  http://osnogfloyd.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/giovanni-mirava.html

 (視聴) ”NO WAY OUT”がないので”Howl's moving castle”を

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月 8日 (土)

ジョバンニ・ミラバッシGiovanni Miravassi の初期2枚のアルバム 「ARCHITECTURES」、「DAL VIVO I」

ピアノ・トリオ・アルバムとそのライブ演奏にみる”美”

Mirabassi2  私の場合は、ジョバンニ・ミラバッシのピアノ演奏を聴いていると、何故かその他のピアニストものが若干物足りなくなってくる。そのよって来たるところは彼の演奏テクニック(特にパッセージワーク・テクニックとその流れ)、そして曲の運びにあると思うのであるが、聴き込んでゆくうちに離れられなくなる魅力に溢れている。
 そして彼については、アルバムのリリースにリアル・タイムには聴いてきたわけではないので、実際のところは初期のものといえども、近年のものと実は一緒に聴いている。しかしその中で何故か私にとって印象深いアルバムは意外にこの初期のものなのだ。
 このブログでは、彼のソロ・アルバムと言ってよいもので、しかも革命、レジスタンスといったものをテーマにした特異なアルバム「AVANTI!」(2000年)と「iADELANTE!」(2011年)を既に取り上げたので、彼の原点のトリオものにここでアプローチしてみたい。

GIOVANNI MIRABASSI 「ARCHITECTURES」
SKECH    SKE383010・HM79   ,  1999

Architectures このアルバムは所謂彼のピアノを中心としてのピアノ・トリオ・アルバムだ。
 しかも、彼の初のリーダー作であり、また全曲オリジナルというところで、最も原点的な意味での注目アルバムである。
 このアルバムをリリースして彼に対する注目度はぐっと上がった経過があるようだ。(そして衝撃のアルバム「AVANTI!」は、この翌年2000年にソロとして登場したわけだ)

 このアルバムのメンバー
   Giovanni Mirabassi : piano
   Daniele Mencarelli : Contrebasse
   Louis Moutin : Batterie

 彼等は2001年のライブ・アルバムまでこの三人のメンバーでトリオを組んでいる。

Architectureslist  収録曲は左の9曲。全てオリジナルで彼等の発想が見事に展開している。
 もう既にこのアルバムでミラバッシの美が溢れていることに気づく。
彼は、子供の頃からジャズ・ピアノに興味を持って多彩な活動をしてきたようだが、1992年にイタリアから活動をパリに移した(どうもこれはイタリアの音楽界に見切りをつけたことによるようだ)。そしてそのときにクラシックの巨匠アルド・チッコリーニに出会い、三年間にわたって個人レッスンを受け研鑽を深めたという。
 そしてその後フランスのジャズ界にて活動を展開した。そんな経過で生まれたのがこのアルバムであった。

 2曲目の”cafe français”を聴いてみても、このトリオはかなり練れていて、彼のピアノプレイは旋律の美しさのみならず、群を抜いた特技と言えるパッセージワークで歌い上げ、ベース、ドラムスとの関係も冴えている。そして美しく叙情的な世界は魅力的。続く”really don't match”とか”one more blues”ではジャズ・トリオの醍醐味のインター・プレイが見事で、ただ叙情、美というのでなくジャズを楽しめる。このあたりは円熟トリオに聴こえてくるところが恐ろしい。
 ”28 rue manin”のみギターの入ったカルテットになっているが、ちよっと中盤に違った雰囲気を入れる当たりは相当アルバム作りにも練り上げているところがみえてくる。見事と言えるアルバムなのである。

          *                *

GIOVANNI MIRABASSI 「DAL VIVO I」
SKECH  SKE333021・HM79  ,  2001

Dalvivoial  そしてミラバッシの究極の美は、このライブ・アルバムだ。録音は2001年パリで行われ、直ちに2001年にリリースされている。
 上のアルバム「ARCHITECTURES」の2.4.6.9.の4曲がここでライブ演奏されている(当然メンバーは同じ)。つまり彼のオリジナル曲のライブ版であるが、唯一最後に登場する”El pueblo unido jamas sera vencido”だけは、例の衝撃のソロのアルバム「AVANTI!」のトップを飾った曲で、チリの軍事政権を批判した政治闘争歌だ。その美しさに聴く者を虜にしたあのソロ演奏を、ここではトリオで演奏している。

Dalvivoi 収録曲を詳しくみると左のとおりの8曲。 ライブ演奏になるとアルバム版よりは演奏時間も長くなってくる。そのあたりは彼の感情の導入の結果でもあろう。

 スタートの”jean-paul chez les anges”は、私は先にこの後(2004年)の映像ライブ版「LIVE at SUNSIDE!」で視聴している為か、いかにもミラバッシと、ちょっと聴いただけで解る流麗なピアノの音が流れ出す。約10分に及ぶ演奏だが中後半のドラムスとの盛り上がりが見事。2曲目”place de la marie”はリズミカルでありながら美の世界が展開する。続く”28 rue manin”もライブで一段と叙情性が増して心に響いてくる。ドラムスのLouis Moutinも、このミラバッシとのトリオには手慣れたところで、一層味付けが増してブラッシング、シンバルの音が微妙にサポートして感動。
 そして4.”des jours meilleurs”以降も、ミラバッシのピアノは華麗にして叙情的、そしてその美しさに圧倒される。5.”requiem”ではベースのアルコ弾きが入って、更に盛り上がりが聴ける。
 最後の7.”cafe français”、8.”el pueblo unido ・・・”の美はもう表現を超えたところにあって何も語れない。まさにヨーロッパ・ジャズの素晴らしさを感ずるアルバムである。

(試聴)http://www.youtube.com/watch?v=OyBrEnp5ZLI

Pa082002trmonoblog
(ポーランド・ワルシャワにて   2012.10)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月 1日 (土)

ジョバンニ・ミラバッシGiovanni Mirabassi : 革命歌「iADELANTE!」

あの「Avanti!」から10年、再びソロで革命、レジスタンスに焦点を絞る・・・・・

 美しくも激しい心のほとばしりを描くミラバッシの2011年の作品と言いたいところであるが、とにかく多彩で圧倒もされる。

GIOVANNI MIRABASSI 「iADELANTE!」
Discograph  LC14846-614 957 2  ,   2011

Iadelante

 ジョバンニ・ミラバッシの活動は、やはり主たるはピアノ・トリオと言っていいと思う。既に積み上がった彼のアルバム群を聴くにつけ、彼がイタリアからフランスへと活動拠点を移したのは音楽的探求とその活動の充実のためなのか?、彼の描く世界の意味付けからなのか?、はたまた人生の生活の場としての意味なのか?、その点は解らない・・・・・。
  しかしこのアルバムはソロ活動として、キューバの首都ハバナ(studio Abdala)に赴いての録音である。そして非常に録音は優秀、彼のピアノ・タッチまで目に見えるようにピアノの音が流れる。 
 ”ADELANTE”とは”前へ”という意味のようだが、彼のあの10年前のベスト・セラー・アルバム「Avanti!」の衝撃に原点回帰にして、そして一種のこれからの彼自身の前進の意味をもっての再出発のアルバムにもとれる。
 しかし、一般に言われるような「Avanti!」の焼き直し的二番煎じとはちょっと違う印象だ。それは比較的短い曲群で構成されたアルバムで、ヴォーカル入り2曲(キューバの曲)、バンドが入るものなどの試みもあって別仕立て。

Iadelantelist2  左のように17曲が収められているが、非常に国際色豊かな曲群だ。テーマはやはり”革命””抵抗”に通じている。

 なにせスタートが聴いたことがある曲と思ったら”インターナショナルL'Internationale”、これは知る人ぞ知るかってのソビエト連邦の国歌だ(もともとは、フランスで作られた歌とか?)。こう美しくなるとは・・・と驚かされる。2曲目は革命の人チェ・ゲバラを讃えた歌”Hasta siempre”。3曲目の”partisan”は、歳をとるにつけ人気の出たアメリカ・ロック歌手のレオナード・コーエンの曲、彼はユダヤ系カナダ人で、革命後のキューバに潜入していたことがある異色の歌手(参考http://osnogfloyd.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/leonard-cohen-c.html )。4曲目の”a luta continua”は、反アパルトヘイト活動のモザンビークの女性歌手ミリアム・マケバの曲。そしてそしてなんとドイツから御存じ”Lili Marlieen”、第二次世界大戦の最中、ベオグラードのドイツ群放送局から流され戦場で愛された歌で有名だ。この演奏でミラバッシの優しさが感じ取れる。最後の”Gracias a la vida”は、アルゼンチンのフォルクローレ女性歌手メルセデス・ソーサのもので、彼女は軍事独裁政権下で歌によって社会変革運動を進めた。

Mirabassi1  いやはや凄い、これをピアノ・ソロを中心に展開するわけだ。しかしこのアルバムは全体に聴くに実はそう難しくない。アルゼンチンの”Libertango”はなかなか展開がメロディアスで聴きどころだ。ラストの”Gracias a la vida”は、ミラバッシの演奏は途中までピアノ・ソロで、中盤以降にベース、コンガ、ドラムスが入り、彼の熱の入ったときのハミング声も聴かれ、最後は合唱で纏めるという面白い仕上げである。

 ただ、彼の真髄の哀愁、叙情、憂いの美の世界をピアノ・ソロで・・・と、言うのをあまり期待しすぎると若干違いを感ずるのでは?。実は私がそうだったわけであるが、アルバム「Avanti!」の”El pueblo unido jamas sera vencido”の美しさに及ぶものは実は無かったと言って良い。彼がそれを目指したのであれば、もう少し違った仕上げをしたであろう。そこに彼のただの焼き直し的なものでない”前進の心”を見てゆきたいのである。しかしファンがそれをどう支持してゆくかは別の話であるが・・・・、しかし随所に出てくる彼の伝えたい人の心は感ずるし、そこにある美をピアノの音で堪能できる。特に彼の特徴である右手で描く華麗なパッセージワークはやはり素晴らしい。

(試聴) http://www.youtube.com/watch?v=3J5DAFQ7etI

(参考) http://osnogfloyd.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/giovanni-miraba.html

Pa041530monoblog
(ポーランド・ザモシチにて   2012.10)

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月16日 (金)

人の心の曲とは? ジョバンニ・ミラバッシGiovanni Mirabassi 「AVANTI !」

人間の究極の姿に美があるのか・・・・・

 ”知っているようで知らない”と・・・・・言う世界はあるものですね。いやはやほんとに何でこれに接点がなかったのだろうか?と、今、私自身に疑問を持ちつつ、こうして接していると、なんか非常に悔しい気持ちでいっぱいになっている。
 それでも、それでも・・・・今こうして接することの出来たことに感激を持って聴いているアルバムがある。

GIOVANNI MIRABASSI PIANO SOLO 「AVANTI !」
ATELIER SAWANO,  SKECH   SKE333015  ,  2001

Avanti

 これは知る人ぞ知るジャズ・ピアニストのジョバンニ・ミラバッシのソロ・アルバムなのだ。

 いやはや、知らなかったのは私だけか?・・・・とにかくインパクトのある作品。それはなんと”美”である。
 彼はイタリア出身でフランスを拠点に活動しているジャズ・ピアニスト。私がいろいろと彼のことをここに書く知識も無いので、”Bluenote”が紹介しているものを末尾に付けたので参照して欲しい。
 とにかく目下彼のアルバムを私はむさぼっているのである。

Avantilist  この作品は2000年のもので、日本では2001年に澤野工房が発売している。左のように、ミラバッシのピアノ・ソロ16曲。このアルバムに付いてくる強力なブックレットをざっと見ることで、その世界が何たるかが想像できる。そしてそこに流れてくるピアノの響きは、先ずは1曲目”El pueblo umido jamas sera vencino”という全く解らない曲名だが、そのブックレットの英語の説明だと”the united peaple will never be defeated”(団結した人々は決して屈しない)というところのようだ。なんと哀愁のあるそして美しいピアノ演奏。これは実はチリの独裁政権に対しての抵抗の歌なのである。
 いやはや驚きだ。ここに登場する曲群は、なんと革命歌、反戦歌、民衆の抵抗の歌、レジスタンスの心、そして民衆の心の歌なのである。

Photo2  これらの歌を何故ミラバッシがピアノソロによる演奏によってアルバムにしようとしたか?は、私の現在の知るところとしては解らない。そこに迫るには、もう少し私自身が彼の幾枚かのアルバムを聴き込む中に、多分解ってくることがあるだろう。それはこれからのテーマである。目下現在は彼のアルバムに耳を傾け、そして人というものの究極の状態に於ける美しさというものを知らしめられているという状態である。

 この中には、誰もが知っていると思われる”Jonny i hardly knew ye”、そしてジョン・レノンの”Imagie”も登場する。

Img_03b  私は、アルバムのライナーノーツというのはあまりその気になって見ない方なんですが・・・、このアルバムの北見柊の話は端的にこのアルバムを旨く表していると思う。そこで何も突き詰めていない私が下手な講釈を言うよりは、それをここに載せてこのアルバムの紹介としたい(↓)。(クリック拡大)
(左:Giovanni Mirabassi) 
又私がこのアルバムに接することになったのも・・・・”爵士さん”に感謝する。これを手始めにもう少し深入りしてゆきたいのです。

[ブックレットの写真]

<1>1973年  : クーデター直前のアウグスト・ピノチェト
<2>1944年8月: 第二次世界大戦、フランスのパルチザン
<3>1789年5月: フランス革命、(イラスト)  
<4>1871年  : パリ・コミューン、モンマルトルの大砲
<5>1965年  : コンゴのチェ・ゲバラ
<6>1945年  : ルイ・アラゴン
<7>1949年  : シルヴァーナ・マンガーノ(映画「苦い米」)
<8>1938年2月: スペイン市民戦争・エブロ川の戦い
<9>1989年9月: 南アフリカ・ケープタウン・反アパルトヘイト平和大行進
<10>1915年9月: 第一次世界大戦・シャンパーニュ地方バポームの丘の攻防戦
<11>1870年代  : ミハイル・アレクサンドロヴィッチ・バクーニン
<12>1981年  : ハンガーストライキのシン・フェイン党員受刑者に祈りを捧げるため刑務所の前に集まった民衆を制止する警察のバリケードライン
<13>1930年代 : イタリアファシストデモ
<14>1967年  : ペンタゴン前の平和主義者のベトナム反戦デモ、銃口に花を挿すデモ参加者
<16>1942年  : 第二次世界大戦、スターリングラード包囲戦でのロシア軍兵士

(試聴)http://www.youtube.com/watch?v=OYpWXagXbjw
(参考)http://www.youtube.com/watch?v=P0-rnnitNBc&feature=related

Avanti_2


[ジョバンニ・ミラバッシ解説=http://www.bluenote .co.jp/jp/sp/248.html より]
 1970年5月4日、イタリア中部ウンブリア州のペルージャ生まれ。弁護士の父親がピアノやギターなど楽器をたしなみ、気力旺盛なレコード・コレクターだったため、小さい頃からジャンルの線引きなしに音楽を聴きあさった。3人兄弟の次兄で、クラリネット奏者の長兄ガブリエルもジャズ系のレコーディング・アーティストとして活躍中。3歳でピアノを弾き始め、10歳でジャズに開眼しても独学を堅持。オスカー・ピーターソンやビル・エヴァンスらを範にするうち、母国を代表するエンリコ・ピエラヌンツィのピアノに強い影響を受けた。17歳でチェット・ベイカーと共演する厚遇を受け、19歳でスティーヴ・グロスマンとも共演。22歳でイタリア音楽界に見切りをつけパリに渡った。そこで生まれて初めて師事したピアニストが、イタリアからフランスに渡って大成した名匠アルド・チッコリーニだった。ウェイターや夜警のアルバイトをしながら自身のグループでパリのジャズ界に参入し、フラヴィオ・ボルトやステファノ・ディ・バティスタら同郷の仲間と出会うと、’96年にアルバムを初レコーディング。するとこれが、国際ジャズ・コンペのグランド・プライズに輝くことではずみをつける。ソロ・デビューは’99年、ピアノ・トリオでオリジナルばかり演じた『Architectures』で。続いて’01年にソロ・ピアノによる反戦歌、革命歌集『Avanti!』で、フランス・ジャズ界最高の栄誉であるジャンゴ・ライハイルト賞の「最優秀新人賞」を獲得。アルバムのセールスは2万枚を超えた。そこから、ピアノ・ソロやトリオのほか、フラヴィオ・ボルトとの変則トリオによる意欲的な試みを続け、’04年11月に自身のトリオを率いて初来日。日本では、澤野工房による丹誠な支援によって知名度も人気も急上昇。シャンソンやカンツォーネの名曲を弾いたピアノ・ソロ・アルバム『Cantopiano』の反響も手伝って、高い評価を不動のものにしてきた。初来日以降、本公演が6年連続6度目。来日メンバーのトリオでは、’08年1月に1枚目の『Terra Furiosa』を発表。最新作『新世紀~アウト・オブ・トラック』(ビデオアーツ・ミュージック)は同じ顔ぶれによる録音だが、〈インプレッションズ〉や〈アローン・トゥゲザー〉など名物スタンダードに初挑戦。豪放な解釈と華麗な表現手法でアイデンティティを吹き込んだ。来日するのは、’08年3月以来1年ぶり。オフィシャル・サイトは「http://www.mirabassi.com/en/index2.html」。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Audio | CLASSIC | Progressive ROCK | アイオナ | アガ・ザリヤン | アデル | アヤ | アレクシス・コール | アレッサンドロ・ガラティ | アンジェイ・ワイダ | アンナ・マリア・ヨペク | アヴィシャイ・コーエン | アーロン・パークス | イエス | イタリアン・プログレッシブ・ロック | イメルダ・メイ | イモージェン・ヒープ | イリアーヌ・イリアス | イーデン・アトウッド | ウィズイン・テンプテーション | ウォルター・ラング | エスビョルン・スヴェンソン | エミリー・クレア・バーロウ | エンリコ・ピエラヌンツィ | エヴァ・キャシディ | カレン・ソウサ | ガブレリア・アンダース | キャメル | キャロル・ウェルスマン | キング・クリムゾン | キース・ジャレット | クィダム | クレア・マーティン | ケイテイ・メルア | ケイト・リード | ケティル・ビヨルンスタ | コニー・フランシス | コリン・バロン | ゴンザロ・ルバルカバ | サスキア・ブルーイン | サラ・ブライトマン | サラ・マクラクラン | サンタナ | サン・ビービー・トリオ | ザーズ | シェリル・ベンティーン | シゼル・ストーム | シネイド・オコナー | ショスタコーヴィチ | シーネ・エイ | ジェフ・ベック | ジャック・ルーシェ | ジョバンニ・グイディ | ジョバンニ・ミラバッシ | ジョルジュ・パッチンスキー | スザンヌ・アビュール | スティーヴン・ウィルソン | スティーヴ・ドブロゴス | ステイシー・ケント | ステファン・オリヴァ | スノーウィ・ホワイト | スーザン・トボックマン | セリア | セルジオ・メンデス | ターヤ・トゥルネン | ダイアナ・クラール | ダイアナ・パントン | ダイアン・ハブカ | チャーリー・ヘイデン | ティエリー・ラング | ティングヴァル・トリオ | ディナ・ディローズ | デニース・ドナテッリ | デヴィット・ギルモア | デヴィル・ドール | トルド・グスタフセン | ドリーム・シアター | ナイトウィッシュ | ニコレッタ・セーケ | ニッキ・パロット | ノーサウンド | ハービー・ハンコック | パスカル・ラボーレ | パトリシア・バーバー | ヒラリー・コール | ピアノ・トリオ | ピンク・フロイド | フェイツ・ウォーニング | フランチェスカ・タンドイ | フレッド・ハーシュ | ブッゲ・ヴェッセルトフト | ブラッド・メルドー | ヘイリー・ロレン | ヘルゲ・リエン | ペレス・プラード | ホリー・コール | ポーキュパイン・ツリー | ポーランド・プログレッシブ・ロック | ポール・コゾフ | マティアス・アルゴットソン・トリオ | マデリン・ペルー | マリリオン | マルチン・ボシレフスキ | マーラー | ミシェル・ビスチェリア | メコン・デルタ | メッテ・ジュール | メラニー・デ・ビアシオ | メロディ・ガルドー | モニカ・ボーフォース | ユーロピアン・ジャズ | ヨーナス・ハーヴィスト・トリオ | ヨーナ・トイヴァネン | ラドカ・トネフ | ラーシュ・ダニエルソン | ラーシュ・ヤンソン | リッチー・バイラーク | リリ・ヘイデン | リヴァーサイド | リーヴズ・アイズ | ルーマー | レシェック・モジュジェル | ロジャー・ウォーターズ | ロバート・ラカトシュ | ロベルト・オルサー | ローズマリー・クルーニー | 中西 繁 | 写真・カメラ | 北欧ジャズ | 問題書 | 回顧シリーズ(音楽編) | 女性ヴォーカル | 女性ヴォーカル(Senior) | 女性ヴォーカル(ジャズ2) | 女性ヴォーカル(ジャズ3) | 戦争映画の裏側の世界 | 手塚治虫 | 文化・芸術 | 映画・テレビ | 時代劇映画 | 波蘭(ポーランド)ジャズ | 相原求一朗 | 私の愛する画家 | 私の映画史 | 索引(女性ジャズヴォーカル) | 絵画 | 趣味 | 雑談 | 音楽 | JAZZ | POPULAR | ROCK