スティーヴ・ドブロゴス

2014年10月30日 (木)

ジャネット・リンドストレムJeanette Lindström スティーヴ・ドブロゴスSteve Dobrogosz ~「Feathers.」

いやはやこれも恐るべき名盤だった・・・・・・

<Jazz>
    Jeanette Lindström   Steve Dobrogosz  「Feathers.」
          PROPHONE RECORDS  / SWEDEN / PCD053 / 2000


Feathers
  スウェーデンで活躍している ピアニストのスティーヴ・ドブロゴスSteve Dobrogoszがらみで、ちょっと過去のアルバムに探りを入れていたら、これ又2000年にリリースした名盤に辿り着いた。
 いやはや恐るべき女性シンガー、ジャネット・リンドストレムJeanette Lindströmに到達。このアルバムはドブゴロスの例によっての思索的クラシック調でありがらジャズの世界も感じざる澄んだピアノの響きに、リンドストレムのヴォーカルのマッチングがお見事と言わざるを得ない。

Featherslist
 Tracklistは左の如くで、過去の名曲のカヴァーと同時に、ご両人のオリジナルも入っている(1.4.8.10.11の5曲。”Like Water”はシンガーで作曲者でもあるリンドストレムの曲で、その他4曲はドブロゴスによるもの)。
 彼等の取り上げた曲は、バート・バカラック、ジョニィ・ミッチェル、エルビス・コステロ、ヘンリー・マンシーニなど多彩そのもの。しかし、これが全てドブゴロス調で有り、リンドストレムの歌になっていて、過去のこれらの曲を全く意識させない。このあたりが恐ろしい。
 静かな空間に語りかけるような歌声がジャズという範疇を超えて眼前に流れる。そしてあのスティーヴ・ドブロゴスの繊細にしてクリアなクラシック調のピアノの調べが迫ってくる。
 私の好きな”The Look of Love”がこんな世界になってしまうのかと驚きでもあった。とにかく静かに女性ヴォーカルとピアノの音に浸りたいという時にはこの一枚をと・・・・思うのである。

Jeanettelindstrom3
  このジャネット・リンドストレムは、1971年にスウェーデンに生まれ、父親がジャズ奏者(ドラムス)であったことから幼い時からジャズには親しんでいた。高校時代にはピアノを弾きジャズ・バンドを始めたとか。その後も南スウェーデンの音楽学校、更にストックホルムの王立音楽院でも音楽を学んでいる。1995年に彼女の率いるクインテットがジャズ・イン・スウェーデンという賞を受け、初のレコーディングとなりCDアルバム「アナザー・カントリー」でデビューとなる。

Jeanettelindstrom2_2


 参考までに、彼女の過去のアルバムをリスト・アップしてみた。

 <Jeanette Lindström のDiscography>

 

1. Another Country / Caprice , Sweden / 1995
2. I Saw You / Caprice , Sweden / 1997
3. Sinatra ~ Weill / Caprice , Sweden / 1999
4. Feathers / Prophone , Sweden / 1999.12
5. Walk / Amigo , Sweden /  2003
6. In The Middle Of This Riddle /Amigo, Sweden/ 2005
7. Whistling Away The Dark /Amigo, Sweden/ 2007
8. Attitude & Orbit Control / Diesel Music, Sweden/2009
 

(試聴)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年10月24日 (金)

今にして知るラドカ・トネフRadoka Toneff の悲痛な美、そしてステイーヴ・ドブロゴスSteve Dobrogoszの美のピアノ・タッチ

名盤「FAIRY TALES」の北欧の暗さの中の美を・・・・・

<Jazz,Classic>
             RADKA TONEFF  STEVE DOBROGOSZ 「FAIRY TALES」
                     BOMBA RECORDS,  BOM 1532,  1982

Fairytales
  今にして知ったノルウェーの歌姫ラドカ・トネフ。これもスウェーデンで活躍しているピアニストのスティーヴ・ドブロコスのアルバムの流れから到達したもの。
 しかしこの「暗さの中の澄んだ歌声の美」は・・・なんと表現して良いか難しい。しかしこうした30年前のアルバムに今にして至ったことに取り敢えず感謝である。しかしこれをジャズと言うのか?クラシックと言うのか?
ジャンルを越えての「静と美」と言っておく。

Radkatonefffoto2 ここで歌うラドカ・トネフは1952年にノルウェーに生まれ(母はノルウェイ人のピアニスト)、そして1982年、このアルバムをリリースした数ヶ月後に30歳で亡くなっている。おそらく自殺とみられているが・・・そんなことを知りつつ聴くためか”悲痛な美”として聴かざるを得ないのだが・・・・又彼女の歌声を支える唯一の楽器がスティーヴ・ドブロゴスのピアノの美しさであって、その世界を倍増するところである。
 一度は経験しておきたいアルバムとして大推薦である。


・・・・・さてここに至ったところは先に書いたように、ピアニストのスティーヴ・ドブロゴスのソロ・ピアノ・アルバム「Golden Slumbers」なのである。それは親愛なる爵士氏による紹介によって最近知るに至ったところであった。↓

<Jazz>
    Steve Dobrogos 「Golden Slumbers」
        Curling Legs/ Norway / CLPCD112/ 2009

Gorden_slumbers1ビートルズがこんな世界に変身するとは・・・・・レノン/マッカートニーのナンバーをピアノ・ソロで、心安まる美しさで描いてくれます。

 ピアニストのスティーヴ・ドブロゴスは、1956年にアメリカのノースカロライナ州で生まれるも、バークリー音楽院卒業後、スウェーデンのストックホルムに移住、更に王位音楽アカデミーに入学して、ポップス、ジャズ、クラシックと幅広く学んで彼なりきのクラシックからジャズに渡る音楽世界を構築している。
 これは夫人の故郷がスウェーデンであったことによったということらしい。

 そしてフィーメイルシンガーとピアノによるコラボにて数多くの名作を残してきている一方、クラシックでも作曲者としての作品も残してきた。

Sd_3このアルバムの<収録曲>
1. GOODNIGHT
2. GOLDEN SLUMBERS/YOU NEVER GIVE ME YOUR MONEY
3. ACROSS THE UNIVERSE
4. TWO OF US
5. BLACKBIRD
6. IF I FELL
7. DON’TLET ME DOWN
8. THE LONG AND WINDING ROAD
9. BECAUSE
10. YOU’VE GOT TO HIDE YOUR LOVE AWAY
11. I WILL

 しかし、ビートルズを取り上げるジャズ・ミュージシャンも多いが、ピアノ・ソロでここまで美しく又心に響く音を聴かせてくれるのはトップ・クラスだ。しかもこれはまさしく北欧の世界だ。

(試聴)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Audio CLASSIC Progressive ROCK アイオナ アガ・ザリヤン アデル アヤ アレクシス・コール アレッサンドロ・ガラティ アンジェイ・ワイダ アンナ・マリア・ヨペク アヴィシャイ・コーエン アーロン・パークス イエス イタリアン・プログレッシブ・ロック イメルダ・メイ イモージェン・ヒープ イリアーヌ・イリアス イーデン・アトウッド ウィズイン・テンプテーション ウォルター・ラング エスビョルン・スヴェンソン エスペン・バルグ エミリー・クレア・バーロウ エミール・ブランドックヴィスト エンリコ・ピエラヌンツィ エヴァ・キャシディ カレン・ソウサ ガブレリア・アンダース キャメル キャロル・ウェルスマン キング・クリムゾン キース・ジャレット クィダム クレア・マーティン ケイテイ・メルア ケイト・リード ケティル・ビヨルンスタ コニー・フランシス コリン・バロン ゴンザロ・ルバルカバ サスキア・ブルーイン サラ・ブライトマン サラ・マクラクラン サラ・マッケンジー サンタナ サン・ビービー・トリオ ザーズ シェリル・ベンティーン シゼル・ストーム シネイド・オコナー ショスタコーヴィチ シーネ・エイ ジェフ・ベック ジャック・ルーシェ ジョバンニ・グイディ ジョバンニ・ミラバッシ ジョルジュ・パッチンスキー スザンヌ・アビュール スティーヴン・ウィルソン スティーヴ・ドブロゴス ステイシー・ケント ステファン・オリヴァ スノーウィ・ホワイト スーザン・トボックマン セリア セルジオ・メンデス ターヤ・トゥルネン ダイアナ・クラール ダイアナ・パントン ダイアン・ハブカ チャーリー・ヘイデン ティエリー・ラング ティングヴァル・トリオ ディナ・ディローズ デニース・ドナテッリ デヴィット・ギルモア デヴィル・ドール トルド・グスタフセン ドリーム・シアター ナイトウィッシュ ニコレッタ・セーケ ニッキ・パロット ノーサウンド ハービー・ハンコック パスカル・ラボーレ パトリシア・バーバー ヒラリー・コール ビル・ギャロザース ピアノ・トリオ ピンク・フロイド フェイツ・ウォーニング フランチェスカ・タンドイ フレッド・ハーシュ ブッゲ・ヴェッセルトフト ブラッド・メルドー ヘイリー・ロレン ヘルゲ・リエン ペレス・プラード ホリー・コール ボボ・ステンソン ポーキュパイン・ツリー ポーランド・プログレッシブ・ロック ポール・コゾフ マティアス・アルゴットソン・トリオ マデリン・ペルー マリリオン マルチン・ボシレフスキ マーラー ミケーレ・ディ・トロ ミシェル・ビスチェリア メコン・デルタ メッテ・ジュール メラニー・デ・ビアシオ メロディ・ガルドー モニカ・ボーフォース ユーロピアン・ジャズ ヨアヒム・キューン ヨーナス・ハーヴィスト・トリオ ヨーナ・トイヴァネン ラドカ・トネフ ラーシュ・ダニエルソン ラーシュ・ヤンソン リサ・ヒルトン リッチー・バイラーク リリ・ヘイデン リン・スタンリー リヴァーサイド リーヴズ・アイズ ルーマー レシェック・モジュジェル ロジャー・ウォーターズ ロバート・ラカトシュ ロベルト・オルサー ローズマリー・クルーニー 中西 繁 写真・カメラ 北欧ジャズ 問題書 回顧シリーズ(音楽編) 女性ヴォーカル 女性ヴォーカル(Senior) 女性ヴォーカル(ジャズ2) 女性ヴォーカル(ジャズ3) 寺島靖国 戦争映画の裏側の世界 手塚治虫 文化・芸術 映画・テレビ 時事問題 時代劇映画 波蘭(ポーランド)ジャズ 相原求一朗 私の愛する画家 私の映画史 索引(女性ジャズヴォーカル) 絵画 趣味 雑談 音楽 JAZZ POPULAR ROCK SONYα7