JAZZ

2021年4月20日 (火)

エスペン・エリクセン espen eriksen trio 「end of summer」

複雑性を避けた聴きやすい自然と人間界の叙情的世界

<Jazz>

espen eriksen trio 「end of summer」
rune grammofon / Import / RCD2216 / 2020

Endofsummerw

Espen Eriksen (p)
Lars Tormod Jenset (b)
Andreas Bye (ds)

all selections by Espen Eriksen

 ノルウェーのピアニストEspen Eriksen、ドラマーAndreas Bye、ベーシストLars Tormod Jensetによるピアノ・トリオの5作目となる最新作。本作はロックダウン中のオスロで2020年4月に録音されたものという。
 ほぼ10年前にアルバム『you had me at goodbye』(RCD2096/2010)とうアルバムに接したのが私はこのトリオを知った初めなのだが、当時の記憶としてかなりメロディーを前面に出した接しやすい演奏のトリオという印象であった。そんなことから今回も聴いてみようとしたものだ。

Espeneriksenw (Tracklist)

1 Where The River Runs
2 Back To Base
3 Dancing Demons
4 End Of Summer
5 Transparent Darkness
6 A Long Way From Home
7 Reminiscence

 北欧のピアノ・トリオは、やはりどこか情景的に自然界の不思議さに通ずる演奏モノが多いように感じているが、そこが私にとっては魅力となっている。そこでこの久々に聴いたトリオはどうかというと、まず冒頭の曲M1." Where The River Runs"が、なんと自然界の深遠さを描くが如く曲として登場する。複雑さを避けた非常に聴きやすい美しいピアノの旋律と、ベース、ドラムスは控えめで演じ、やはりそれ程深くなく、又暗くない叙情的曲として迫ってきた。

Espeneriksentriokoncert

 そしてM2."Back To Base"、 M5."Transparent Darkness"など難しさという感覚は全くなく、淡々と演じていていやらしさが無い。ちよっとその点はある意味では物足りないということにもなるかも知れない。
 M3."Dancing Demons"は踊る魔神(守護神)というのだろうか、リズムカルな中にもちょっと伝統的な北欧の地を思わせる。
 アルバム・タイトル曲M4." End Of Summer"は、なかなか美しいピアノの旋律が軽快なリズムにのって心地よく演じられ、やっぱり今回の看板曲なんだろうなぁと感ずるところ。これをやりたかったんですね、ジャズというところを超越している。
 M6."A Long Way From Home"は、タイトルのせいもあるが、何となく物語的世界。それも派手さは無く、しかし暗くもなくて北欧の物語なんだと想像する。
   M7."Reminiscence"は回想と言って良いのか、どこか懐かしさのある抒情性もある世界で、人間性と自然の調和が感じせられる静かでなんとなく哀愁の雰囲気も。

 いずれにせよ、真摯な物語性のある世界で、非常に聴きやすい難しさの無いところに奥ゆかしさのあるアルバムだ。ジャズとしてトリオとしての三者のバトル的世界の印象は薄く、むしろ協調の世界。余計なものをそぎ落とす、というコンセプトがあるとか、所謂アンサンブルの面白さというところでは無いが、音を静かに大切にしての演奏というところを築いている。

(評価)
□ 曲・演奏  85/100
□ 録音    85/100

(視聴)

| | コメント (0)

2021年4月16日 (金)

ヤコブ・ブロ Jakob Bro 「UMA ELMO」

明らかに別世界を描く回顧曲の出来は芸術的

<Jazz>

Jakob Bro, Arve Henriksen, Jorge Rossy 「UMA ELMO」
ECM / Germ / ECM2702 / 2021

Umaelmo

Jakob Bro(guitar)
Arve Henriksen(trumpet,piccolo trumpet)
Jorge Rossy(drums)

Recorded August / September 2020
Enginneer : Stefano Amerio

  デンマークのギタリスト、ヤコブ・ブロがECMのリーダー作としては5枚目のアルバムをリリース。
 今回はノルウェーのトランペッターArve Enriksenと、スペインのドラマーJorge Rossyにより構成されたトリオによるもので、このメンバーは、初めての共演と言うところらしい。
 注目は、トランペッターArve Henriksenとの競演で、彼の演ずるところ特にECMのアルバムとくると、ささやくような優しく寄り添ってくるサウンドが、かってより注目されていたのであり、私のような張り上げるドンペットの調べはご遠慮するタイプにも十分耐えられるところにあるというところから聴いてみたいと思ったものだ。又Rossyは、あのBrad Mehldauが名を上げた初期のトリオでの活躍が注目されるところで、いろいろと興味が沸くところにある。
 ユーロ・ジャズとしては、ブロ自身が尊敬する故トーマス・スタンコへのトリビュート曲"To Stanko"などの収録もあり、どのような曲として演じられるか興味もあり期待を持たせる。

Jakob-bro (Tracklist)

1. RECONSTRUCTING A DREAM
2. TO STANKO
3. BEAUTIFUL DAY
4. MORNING SONG
5. HOUSEWORK
6. MUSIC FOR BLACK PIGEONS
7. SOUND FLOWER
8. SLARAFFENLAND
9. MORNING SONG (VAR.)

 全9曲と少なめだが、11分、9分、8分以上という比較的長い曲を演じており、十分聴き応えあるアルバムである。
 又ヤコブ・ブロの、大自然の姿を描くような不思議なエレクトリック・ギター世界、それにアルヴェ・ヘンリクセンのトランペットの演ずるところは"別世界を描く音色"と言っても過言でなく、非常に特徴的でまさに芸術的。ホセ・ロッシのドラムスは。この二者の音色を受けてのことか、かなり控えめに押さえた演奏といったところだが、曲M3.M5.においての如く、しっかりメリハリのあるところは、曲の特徴を模るによい色を添えて、ジャズ世界を構築している。

Jbtrio

 とにかくこの描く世界は、現実界から一つも二つも上層に普遍的に流れてゆくが如き感覚に陥り、現実界から離れて人間としての生命体に向かってゆくという感覚になって聴き入ったところだ。
 全曲、リーダーのギタリスト・ブロのオリジナル曲ということで、ギターが前面に出て弾きまくるのかと思いきや、全く予想に反してむしろトランペッターのエリクセンがメロディーを流し、どちらかというとギターはサポート役に感ずる立ち位置である印象だ。それもミニマル・ミュージック的展開もみせる。
 そしてそのトランペットが、こんな優しさと親しさに満ちた音色もあるのかと思わせる世界が主役となり、全編なにか静かに回想している状況を聴くモノに造らせるという不思議と言ってよいやや暗めの叙情的世界なのである。
 
 ECMの看板でもあるアンビエント世界と言うには、ちよっと違った世界で、これも聴くものの人生の歴史から築かれる"それぞれの持つ世界の回想の世界"でもあるといいたいところ。とにかく希有世界が漂って私的には評価の高いところにある。
 代表的なのはM1."Recintructing A Dream"ですね。

 又、エンジニアは、既に評価が高いStefano Amerioで、特にドラムスの配置と音質は見事で、トランペットとギターの流れにビシッと決めるところは決めて心地よい。

 ロンドン・ジャズ・ニュース紙によると「暗く叙情的な回想曲」で ”この音楽には大きな深みがある "と評しているようだが、成る程その世界と言ってもいいものだっだ。

(評価)
□ 曲・演奏  88/100
□ 録音    88/100

(視聴)

*

 

| | コメント (0)

2021年4月11日 (日)

Yuko Ohashi Trio 「KISS from a ROSE」

ピアノ・ソロに近い演奏、トリオの味に欠ける
・・・録音が頼りのアルバム作成
今回のボーナスディスクは前代未聞の「ラフミックス」

<Jazz>

Yuko Ohashi Trio 「KISS from a ROSE」
TERASHIMA RECORDS / JPN / TYR-1096 / 2021

81frwip97blw_20210411214501

大橋 祐子 (piano)
鉄井 孝司 (bass)
高橋 延吉 (drums)

2020年12月1日 ランドマークスタジオ録音

  寺島レコードよりの作品群にて、何かと注目を集めてきたピアノの大橋祐子(東京都八王子市出身)の5作目のリーダー・アルバム。とにかく寺島靖国の期待を担っての、メンバーを一新したニュー・トリオによる第1弾となっている。
 前作『WALTZ NO.4』(TGCS-9672/73)は、なんとスタジオ録音とホール録音をペアにしての対比を楽しませて頂いたが、今回は又々驚きの完成ミックス版と、録音時そのままのラフミックス版をペアにしての発売で、これまたおそらくオーディオ好きにはたまらない規格ものになっている。
 更にピアノ・トリオ好きにとっても、これもなかなかの企画で嬉しいのだが、恐らく・・・・と想像しながら聴いたのであったが、少々ここに登場は遅れました。つまりそれにはそれなりの理由があって、その他の傑作の後回しになってしまった。それも以下の感想でお解りになるだろう。

(Tracklist)

01. I Fall In Love Too Easily
02. Pithecanthropus Erectus
03. Englishman In New York
04. Cielito Lindo
05. I'll Be Seeing You
06. Brave Bull
07. After You Left
08. Strode Rode
09. Linna
10. Kiss From A Rose
11. No Rain, No Rainbow
12. Tennessee Waltz Part-I
13. Tennessee Waltz Part-II

Yukoo2w

 私の個人的期待はバラード調のM01., M03.,M05., M07.に尽きるのだが、M01." I Fall In Love Too Easily"はオープニング曲で、冒頭からバラード演奏で期待度は高めるに十分。思いのほか情感があってピアノの音にも十分と言える良質の澄んだところにあり、録音はミックス効果というところか、良い線をいっている。
 M03." Englishman In New York"にきて、いよいよと期待したのだが、この曲にはニューヨークの異国人としての哀感があるのだが、どうもそれが残念ながら十分伝わってこない。演奏する音の中にふと優しさが感ずるところが欲しいような。
 M05." I'll Be Seeing You"この曲には期待した。流れに思いやりが感ずるも、もう一歩深入りして欲しい。ドラムスのブラシの音が聞こえてくるが、彼女のピアノばかりが前に出てソロ演奏のように聴こえ、やっぱりトリオとして描き切れていないのでは。
   M06." Brave Bull"彼女のオリジナル曲。一生懸命演奏しているのは解るが、トリオの楽しさと味がやっぱり見えてこない。
 M07."After You Left" これが問題曲。なんとアレッサンドロ・ガラティのアルバム『Shades Of Sounds』の冒頭の曲。なんと比較するには相手がまずかった。冒頭ベースから入って面白いかなぁと思ったが、ガラティの哀愁が滲み出て心情に触れる世界までには一歩至らずだ。メロディーのジャズ編曲された流れ、打鍵音の強弱に音の間という繊細な世界、更にガラティの中盤のベースと築くジャズ世界に対しては、やはり比較は無理があった。
 決定的なのはM12.M13"Tennessee Waltz"で解るのだが、彼女はまだまだ人間の哀愁バラードの世界というのは少々厳しく、M13のようなピアノを思いっきり弾きまくってのトリオとしての構築が好きなんですね。こちらの方が生き生きしていて、そこに魅力を感じたアルバム作りのほうが良いのかも知れない。

 とにかく寺島靖国の期待に応えるべく一生懸命演じていることが解る・・・その解るところが寧ろ残念なアルバムだったのである。どうも諸手を挙げて素晴らしかったと言うには、少々難ありといった平凡作であった。 

(評価)
□ 編曲・演奏  78/100
□ 録音     85/100

(視聴)

 

| | コメント (0)

2021年4月 7日 (水)

アルボラン・トリオ ALBORAN TRIO 「ISLANDS」

ジャズオーディオ・ディスク大賞2020に輝いたアルバム
・・・トリオ演奏の素晴らしさ満載

<Jazz>

ALBORAN TRIO 「ISLANDS」
自主製作 / IMPORT / ALB001 / 2020

81ofy220jn850

Paolo Paliaga (piano : Fazioli F 278 Grand Piano MkⅢ)
Dino Contenti (Double Bass, Percussion)
Ferdinando Farao (Drums)

Recorded, Mixed and Mastered by Stefano Amerio

 過去のアルバムが名門Act Music からリリースされ、既に話題になっていたアルボラン・トリオの新作(自主製作盤)である。
 このトリオはリーダーのイタリアのパオロ・パリアーガ(ピアノ)を中心に2005年に結成された。現在のメンバーはミラノ出身のフェルディナンド・ファラオ(ドラムとパーカッション)とディノ・コンティティ(ベース)からなる。このトリオの名前のアルボランは、スペイン・アンダルシア沿岸と北アフリカ・モロッコの間にある地中海の無人アルボラン島に由来しているという。音楽の神秘性を重視し、ヨーロッパ音楽の伝統とアフリカのリズムの魅力に影響された世界を構築するを目指し、彼ら自身のオリジナリティを重視した世界を構築している。
 そして今回の注目は、何と言っても今や人気のエンジニア=ステファノ・アメリオが録音担当していて、マスターからミックス全ての行程に関わっての彼のセンスで作り上げたという代物である、よってその音世界も注目のポイント。そしてそれが功を奏して、「ジャズ批評」誌の「ジャズオーディオ・ディスク大賞2020」のインストゥルメンタル部門のトップ賞(金賞)に輝いている(2021年3月号)。まあとにかく、後藤誠一氏、藤田嘉明氏らがベタ褒めであった。

A70340613775293926912jpeg (Tracklist)

1. Les Voix S’En Vont
2. Human
3. Canto Quantico
4. Earth Breath
5. Puerto Natales
6. Multiple Frames
7. In Un Altrove
8. Frug
9. Origine E’La Meta
10. Due Passi Nel Mare
11. Triodiversity
12. Essential Is No Longer Visible
13. Willywaw
14. Arriva Entre Los Picos

 聴いてみてのお楽しみであるが、哀愁を帯びた叙情性と旋律美の香りが襲ってきて、それに加えアフリカの伝統のリズムのニュアンスまでも感じさせるという、さまざまな伝統の音とリズム、そして旋律までも新しい世界観を持った、ジャズ・サウンドが迫ってくる。
 ジャズオーディオ賞ということで、録音の良さがアッピールされてくるが、なになに演奏もトップ・クラス。トリオのスタイルは、各コンポーネントのハイレベルな相互作用が見事で、ソロとなるとこれまた出色の演奏。いずれにしてもバルカン音楽に基礎があって、アフリカの伝統のリズムが何となく響いてきて、それもそれに傾いてしまうのでなく、あくまでもユーロ・ジヤズの色彩に色づけしたニュー・サウンドといった感じである。

644bb5217b794d60aafda48478a7cb79


 M3."Canto Quantico"は、神秘的美的広大な世界が見えてくる。
 M4."Earth Breath" の疾走するパーカッション・プレイが聴きどころだが、それに唸るベース、異空間にさそうゆったりとしたピアノと圧巻。
 M5."Puerto Natales" ピアノのその一つ一つの音の余韻ある透明感ある響きは素晴らしい。これがFazioliをもって演奏する心意気なんだろうと聴いてしまう。この曲のドラムスの味付けも素晴らしい。
   M7."In Un Altrove" の前衛性も頼もしい。しかし新メンバーのファラオはいいですね、その軽快ドラムスと重低音のピアノとベースとの対比と融合は聴きどころ十分。
 M2."Human", M8."Frug"のベースのアルコ奏法も特徴的。
 M9."Origine E’La Meta",  M10."Due Passi Nel Mare",M14."Arriva Entre Los Picos"に聴くピアノの旋律も心に響く。
   

   このアルバムの素晴らしさは、トリオ演奏にある。三者がそれぞれ独特な味を持ちながら交錯し融合してゆくところが聴き処だ。それもドラムス、べース、ピアノがそれぞれしっかり定位を持って影にならず聴き取れる録音技法の素晴らしさも加担している為だろう。シンバルの繊細な響き、ベースの深い低音の響き、そしてピアノの硬質にして透明感のある響き、出色である。
 結論的には、オーディオディスク大賞は大賛成のアルバムであった。

 

(評価)
□ 曲・演奏   90/100
□ 録音     95/100

(視聴)

| | コメント (0)

2021年4月 2日 (金)

菊池雅章 MASABUMI KIKUCHI 「HANAMICHI 花道」

究極の深遠なる美と、人生の姿に心を馳せるドラマがある

<Jazz>

MASABUMI KIKUCHI 「HANAMICHI The Final Studio Recording
Redhook Records / JPN / KKJ9010 / 2021

Photo_20210402201401

Masabumi Kikuchi : piano
Recorded Dec. 2013 at Klavierhaus, New York

 2015年に肺がんを患ってこの世を去ったピアニスト菊池雅章の、なんとも驚きのラスト・スタジオ録音もの(ピアノ・ソロ)の登場である。
 彼の演ずる世界は、「瞬間の表現を追究し続けたアーティスト」とか「生涯ピアノの響きを追求し続けたピアニスト」とか、更に「妥協を一切許さなかったアーティスト」、「生涯をかけて探求した音楽表現・芸術を極めたアーティスト」などなど、彼をしてピアニストとしての生き様に熱い評価が綴られる。音楽芸術の評価を学問的には全く出来ない私にとっても、これらの評価はなんとなく彼の作品には宿っていることだけは理解しているつもりではあるが、こうしてラスト録音モノの出現に、万歳というところなのである。

Af5db9a92trio

 かってのゲイリー・ピーコック(b)とポール・モチアン(ds)とのトリオ(デザート・ムーン)を懐かしむところでもあるが、このアルバムは取り敢えず心に響く演奏としてここに取上げるのである。

(Tracklist)

1. Ramona ラモナ (L. Wolfe Gilbert and Mabel Wayne) (06:40) 
2. Summertime サマー・タイム (George Gershwin and Ira Gershwin) (11:23)
3. My Favorite Things I マイ・フェイヴァリット・シングス1
  (Oscar Hammerstein and Richard Rodgers) (05:08) 
4. My Favorite Things II マイ・フェイヴァリット・シングス2
  (Oscar Hammerstein and Richard Rodgers) (06:30) 
5. Improvisation インプロヴィゼーション(Masabumi Kikuchi) (05:36) 
6. Little Abi リトル・アビ (Masabumi Kikuchi) (05:52)

 実は、オール彼のオリジナルものかと思っていたが、開けてみると上のようにむしろスタンダード集に近いものであった。そして自身の即興モノが一曲と最後の締めの曲が例のオリジナル曲"Little Abi"となっている。

2_20210402205001  予想通り、スタートM1." Ramona "から彼自身の即興の美が加味された演奏となって、深遠にせまってくる。そして誰もが口ずさむM2."Summertime"は、11分越えの演奏で、やさしくメロディーを流しながらも彼の人生を回顧しているかの如きのインプロヴィゼーションの積み重ねで、原曲を意識しない彼の世界に没頭できる。
 M3.M4.の" My Favorite Things"も、ここには原曲の姿以上のそこに現れる音を大切にした音楽を超越した世界を描くのである。
 そしてフリー・インプロヴィゼーションを経て、彼の生涯の曲である愛娘に捧げたM6."Little Abi"の慈しみの愛と美しさの究極を演じて終わる。

 これに至るは、ECMでマンフレッド・アイヒャーの下、プロデューサーをつとめたMr. Sun Chung( サン・チョン)の彼に対する心入れから生まれたものの様だ。2011年、それは実質2 年以上にレコーディングを模索しつづけて、ようやくここまでに実現させたものという。
 そしてこのアルバムの価値は、聴く者に、ただ深遠な美を与えるというだけで無く、一つ一つの音から自己の人生を何らかの形で脳裏に描かせる奥深さが存在している作品として結論づけるところにある。

(評価)
□ 編曲・演奏  90/100
□ 録音     88/100

(視聴)

 

| | コメント (4)

2021年3月29日 (月)

マッシモ・ファラオ Massimo Faraò 「Nuovo Cinema Paradiso」

ジャジィーな演奏に期待しないで、ポピュラー的演奏で
・・・エンニオ・モリコーネをトリビュート

<Jazz>

Massimo Faraò 「Nuovo Cinema Paradiso」
~ tribute to Ennio Morricone
Venus Records / JPN / VHCD1286 / 2021

81gvw

MASSIMO FARAO マッシモ・ファラオ (PIANO)
DAVIDE PALLADIN ダヴィデ・パラディン (GUITAR #1-6,8,9,12)
NICOLA BARBON ニコラ・バルボン (BASS)
BOBO FACCHINETTI ボボ・ファッキネネィック (DRUMS)
CESARE MECCA (TRUMPET #12)

Recorded at Riverside Studio in Torino on July 21&22,2020

Engineered by Alessandro Taricco
Mixed and Mastered by Tetsuo Hara
Produced by Tetsuo Hara

Enniomorriconew  イタリアのジャズ・ピアニスト、マッシモ・ファラオが、マカロニ・ウェスタンで人気を上げたイタリア映画音楽の巨匠、エンニオ・モリコーネ(1928-2020)(→)の名曲を、シネマ・ジャズに仕立て上げたアルバム。もともとあまり欧州独特の味というのは無く、又Venusレコードというところで、興味もそれ程無かったピアニストだが、今回のこのエンニオ・モリコーネを取上げたと言うことで、なかなか興味をそそるのも上手というか、商業的にもうまいというか、そんなところに操られて手にしたアルバムである。

(Tracklist)

1_20210329081901

  やはり思った通りの一通り演奏しましたという感じの出来だ。いつも思うのだが、彼の演奏にユーロ・ジャズの味がどうも感じない。Venus Records との連携の結果であろうか、今回のように一人の作曲者に絞っているので、その対象が何を描きたかったかというところにほんとに踏み込んで演奏しているのかと、ちょっと疑いぽくなってしまう。作品という感じがしないのだ。

Xat1245697832x

 ここで前回取上げたマッシモ・ファラオ・トリオのアルバムは、ストリングス・オーケストラとの共演の『Like An Elegant Wine』(VHCD1278/2020)であったが、あれも変化というモノが無く、ポピュラー演奏版といった感じであった。今回もとにかく一通り演奏しました聴いてくださいというアルバムで、ジヤズの面白さというところがあまり感じないアルバムなのである。

 そしてこのアルバムの特徴は、トリオにギターを加えたところだが、それもピアノと交互に旋律を奏でるという手法であまり面白くない。ジャズ・ミュージシャンとしてのアドリブや展開の色づけというところでは、ちょっとそのあたりが見えたのがM2."Il Buono Il Brutto Il Cattivo 続・夕陽のガンマン"であった。
 まあ、ポピュラー音楽的に、多くの誰にも聴けるというところを狙っての刺激の無い演奏というところではこれで良いのかも知れない。
 私が期待したM3."Gabriel's Oboe"、M5."C'era Una Vilta Il West"では、単に旋律をたどった演奏。そしてM10."Playing Love"の「海の上のピアニスト」のテーマ曲、これもあの哀感がもっとあって欲しかった。
  いずれにしても映画音楽であるので、もう少し遊び心の展開と、叙情的なジャズ・アレンジが欲しかったと思うのである。しかしこれは単なる私の希望であって、これはこれで"聴きやすさで良し"とするところもあるのだろうと、取り敢えずVenusレコードの希望に添ったものだったのかもと思うのであった。

(評価)
□ 編曲・演奏   75/100
□ 録音      83/100

(試聴)   このアルバム関係が見当たらないので、参考までに・・・

 

| | コメント (0)

2021年3月21日 (日)

エンリコ・ピエラヌンツィ Enrico Pieranunzi 「THE REAL YOU」

ピアノとベースのデュオでエヴァンス・トリビュート・アルバム

<Jazz>

Pieranunzi , Fonnesbaek 「THE REAL YOU」
Stunt Records / Denmark / STUCD 20132 / 2021

71wdfxpss3l_ac850_20210317195801

Enrico Pieranunzi (piano)
Thomas Fonnesbæk (bass)

  イタリアのベテラン・ピアニストのエンリコ・ピエラヌンツィが三年前にベースのトーマス・フォネスベック(1977デンマーク生まれ)とのデュオ『Blue Waltz』作品を発表したが、それ以来のこのコンビでの二作目の登場。それもなんと今や伝説のビル・エヴァンス(1929-1980)のトリビュート・アルバムとして気合いが入っている。
 このところエンリコも多作で又々の登場となるが、意外に脇役的アルバムも多かったところに、おそらくこの企画は彼自身の意欲から産まれたものであろうと期待していたものである。
 まあエンリコと言えば、私としてはソロやトリオものにおいても、美旋律叙情派演奏が期待面の大きいところだが、近年は若干その様相を変えインタープレイの妙に傾いているのかと思わせるところがある。そんな点がどうかと興味を持って手にしたアルバム。

Pieranunzifonnesbaek1_c_ (Tracklist)

01. Hindsight *
02. Only Child (B.Evans)
03. The Real You *
04. Passing Shadows *
05. Our Foolish Hearts %
06. Sno' Peas 
07. Il Giardino Di Anne *
08. I Will Look After You # 
09. Dreams And The Morning *
10. Interplay (B.Evans)
11. More Stars %
12. People Change #
13. Bill And Bach %

 *印 Enrio Pieranunzi  ,  #印 Tomas Fonnesbæk ,  %印 Enrico & Thomas

Pieranunzifonnesbaek_c_annettahrends1500

  M01."Hindsight" 案の定、美旋律というよりはインタープレイ美学。
  M02."Only child" で、ビル・エヴァンスとの対峙を演ずる。テンポ・アップで演奏しており、エヴァンスの演奏にみるところの何となく物思いの回顧に誘導される世界は、残念ながら感じない。
 M03 "The Real You"は、エンリコのオリジナル曲で、アルバム・タイトル曲、聴きやすいメロディーが流れるが感動はない。
 M04 "Passing Shadows "は、やや哀愁のあるピアノ旋律から入って、中盤のベース演奏も印象深い。次第にアクティブな演奏に転じて、ここでは"ビル・エヴァンス奏法"の雰囲気は、それなりにイメージさせられる。M03、M04の二曲はクラシック寄りの美的演奏。
 M05."Our Foolish Hearts "ピアノが流すオリジナル旋律に、ベースが流す"My foolish heart"曲で作り上げる技に驚かされる。奇抜な手法での美しさに脱帽。見事な老獪な技の世界。
 M07."Il Giardino Di Anne"は、M3に似た技法だが刺激は少ない。
 M08."I Will Look After You"はフォネスベックの曲となっているが、エンリコの世界そのもの。
 M10." Interplay" 再びエヴァンス曲の登場、新しさは感じなかったが、M11." More Stars "の歯切れの良い高速インタープレイが圧巻。
 M12."People Change" ラスマエのゆったり美学。
 M13." Bill And Bach"のエヴァンスとバッハのテクニックを凝らしての対比が面白い発想。中盤のバッハに痺れる。

 エンリコのピアノは、相変わらず端正にして歯切れの良いピアノ・プレイだ。ドラムス・レスでベースとのデュオとしたところにインタープレイを描くにはとりやすかった手法か。所謂、"哀愁抒情性の美学"のアルバムではなく、"インタープレイ美学"であったと結論づける。まあ、彼らの満足度が大きいかも知れない。それがビル・エヴァンス世界のトリビュートとすればうなずけないことも無い。

(評価)
□ 曲・演奏 : 85/100
□   録音   : 88/100

(試聴)   "Our Foolish Hearts"

| | コメント (2)

2021年3月17日 (水)

ステファニア・タッリーニ Stefania Tallini Trio「UNEVEN」

クラシック/ジャズ界で活躍の女流ピアニストのジャズ・ピアノ・トリオ作品

<Jazz>

Stefania Tallini & M.Bortone, G.Hutchinson「UNEVEN」
ALFA MUSIC / Import / AFMC226 / 2020

Unevenw

Stefania Tallini ステファニア・タッリーニ (piano except 02, 11) (electric piano on 02, 11)
Matteo Bortone マッテオ・ボルトーネ (double bass except 12)
Gregory Hutchinson グレゴリー・ハッチンソン (drums except 12)

Recrded at Forward Studios ,Grottaferrata(Rome) ,2020

  イタリアのステファニア・タリーニ(1966年生まれ)はジャズ/クラシック界双方で輝かしいキャリアと高い評価を得ている20年以上の円熟ピアニストだ。ジャズでは8枚のリーダー作を残してきた。ピアニストであり作曲家としても評価が高い。一方クラシックでは多くのクラシック国際的評価を勝ち取ってきている。演奏のみならず、作曲、演劇曲やサウンドトラックの制作等と活躍の幅は広い。本作は久々のジャズ・ピアノ・トリオ作品。参加メンバーは、ベースにマッテオ・ボルトン(イタリア)、ドラムスは米国より招聘したグレゴリー・ハッチンソン。
 かってのアルバムからみても、このアルバムは彼女のオリジナル曲が主体であり、エレピの登場もあり多彩なタイプの演奏に期待が持てる。

60cc84c437c313826fae7b063fa3db15137dc545 (Tracklist)

1.A Twin Thought
2.Uneven
3.Il Sogno
4.Le isole Dei ciclopi
5.In The Night
6.Bluesme
7.Nell'Intramente
8.Inútil Paisagem
9.Triotango
10.Anna
11.In a Cave
12.The Nearness of You

All composed by Stefania Tallini except M8 and M12

  やはり多彩なタイプの演奏がこのアルバムには納められていて、聴く方は単調にならない。端麗にして耽美派な演奏に、ロマンチックな曲もあり、そうかというと自由奔放なアクション攻勢の見られる硬質な三者のインタープレイがあったり、更に瞑想性の曲や、エレピによるファンク調な展開、はたまた牧歌的な世界の色もみせる。

Uneventrioprojectw
M2."Uneven" 何故かアルバム・タイトル曲がエレクトリック・ピアノでのファンキーっぽい演奏。
M3."Il Sogno" 優雅な夢か、メロディアスなピアノのトリオ演奏。
M4."Le isole Dei ciclopi" パーカッションを生かしたラテン・ムード展開。
M5."In The Night" 瞑想性のあるピアノとゆったりとしたトリオ演奏。
M6."Bluesme" スピード感たっぷりの攻撃性、破壊性の展開、変調とインプロの展開が入り乱れて面白い。
M7."Nell'Intramente" 物語様のメディアム・テンポ曲。刺激が無く美しく暖かい。
M8."Inútil Paisagem" ゆったりした中に、不思議に刺激性の躍動感。ジャズ特有の世界がシンバルの響きに、そしてピアノの流れが秀悦。
M9."Triotango" タンゴ風とは言うが、典型的なところには至らず。
M.12."The Nearness of You" 最後は真摯に安定感をゆったりとソロ・ピアノで聴かせる。

 しかし、飽きさせないアルバム展開が秀悦。録音も一流で聴き応えある。そう叙情的というところにはない世界。いわゆるパターンは決めがたいが、全編品格があるところが聴かせ処か。M5.M6,M8あたりの曲に注目した、特にM6、M7あたりの関係が見事。

(評価)
□ 曲・演奏 :  88/100
□  録音   :  88/100

(視聴)

*

 

| | コメント (0)

2021年3月13日 (土)

エンリコ・ピエラヌンツィEnrico Pieranunzi & Bert Joris 「AFTERGLOW」

なかなかトランペットものは、私的には敷居が高い

<Jazz>
Enrico Pieranunzi & Bert Joris 「AFTERGLOW」
CHALLENGE Records / Austria / CR73460 / 2020

71qkqxymgwl_ac_sl900

Enrico Pieranunzi エンリコ・ピエラヌンツィ (piano)
Bert Joris バート・ヨリス (trumpet, flugelhorn)

Recording Studio : MotorMusic, Mechelen(Belgium)
Recording dates : September 7&8, 2018

  このところ矢継ぎ早にお目見えするエンリコ・ピエラヌンツィ(1949-)のアルバム。殆ど企画ものが多いのだが、このアルバムも2018年録音モノでベルギーの名トランぺッター、バート・ヨリス(1957-)とのデュオ。もともと私はトランペッターものは、ほんの限られた演奏者のものしか聴かないのだが、取り得合えず叙情派といってよいエンリコとのデュオものであるというところと、オリジナル曲によるものであることから、アプローチしてみた。

(Tracklist)

01. Siren's Lounge (4:24) *
02. Afterglow (3:31) *
03. Millie (3:18)  #
04. Cradle Song For Mattia (2:51) *
05. Five Plus Five (5:10) *
06. Anne April Sang (5:20) *
07. Freelude (2:24) %
08. What's What (2:38) *
09. How Could We Forget (5:22) #
10. Not Found (3:33) %
11. The Real You (3:03) *

*印 composed by E.Pieranunzi
#     composed by B.Joris
%    composed by E.Pieranunzi & B.Joris

Eb

 案の定、予想通りのエンリコのむしろ黒子役のデュオだ。ヨリスは心得たりと演じているが、これもファンにとってはたまらないと言えるのか、私にとってはどうもイマイチというよりは、心に迫る良い音として聴けないところは、自分自身でもナサケナイ。

 アルバム・タイトルの「Afterglow」は、エンリコのオリジナル曲M2."Afterglow"からきていると思うが、一日でも美しい夕映えや残光を意味する言葉で、"こまでも美しく、きらめくピアノと柔らかいラッパの音色"と言うことのようだが、どうもその世界はこの曲とその他の2-3の曲で聴ける以外では、理解できなかった。
   敢えて言うならば、収録の11曲の中では、それなりの美的世界は感じられたというのが、M2.以外では、M4."Cradle Song For Mattia ", M6."Anne April Sang", M7."Freelude "位で、M4.はメロディーが親しみやすく、M6.は静かな中に味わい深いトランペットの響きが美しい。M7.はスローな展開で、ちょっとした異世界に誘われる。
 M8."What's what"は、ハイレベルな演奏での掛け合いのインタープレイが面白いが、M10."Not found"と共に、アクロバティックで演ずる二人の楽しみのようで、殆ど聴く方としての私個人の興味は湧かなかった。

71wdfxpss3l_ac850  実はこのところリリースされたエンリコ・ピエラヌンツィのアルバムに、もう一枚『THE REAL YOU』(STUCD 20132/2021)(→)というのがあって、こちらはピアノ+ベースのデュオで、実はそれに期待していました(紹介はいずれ)。従ってこちらのこのアルバムに関してはこんな紹介程度にして納めておく。トランペットものの愛好者には是非聴いていただいて評価を聞いてみたいと思うのである。

(評価)
□ 曲・演奏  75/100
□ 録音    80/100

(試聴)

 

| | コメント (0)

2021年3月 8日 (月)

エル Elle 「Close Your Eyes」 

演奏展開がジャズらしさを増して

<Jazz>

Elle 「Close Your Eyes」 
TERASHIMA Records / JPN / TYR-1095 / 2021

Closeyoureyesw

Elle  : Vocal
Alessandro Galati : piano
Guido Zorn : bass
Lucrezio Seta : drums

 我が愛するアレッサンドロ・ガラティに見出されてレコーディング・デビューに至ったというイタリアの若手歌姫:Elle=エルの新作。前第1作『So Tenderly』(TYR-1081)は、「ジャズ批評」誌で2019年ジャズ・オーディオ・ディスク大賞のヴォーカル部門でトップ(金賞)に輝いた注目株。実はあのトップに関しては私はちょっと納得しなかったんですが、まあアレサンドロ・ガラティの曲作りと演奏に魅力があるところで納めていた。
 寺島靖国に言わせると、女性ヴォーカルは巧さより声の質に魅力が無ければ・・・と、成る程その意味においては私も取り敢えず納得しておく。
 今回も前作と同じくガラティ率いるトリオをバックにしたニュー・アルバムだが、全曲ガラティが編曲したという構成であるが、ただ同じモノは造らないと言うことか、オープニングの曲から若干イメージは変わって来ている。

 

1_20210305105701 (tracklist)

01. Comes Love
02. If I Should Lose You
03. Autumn In New York
04. Close Your Eyes
05. My Old Flame
06. I Concentrate On You
07. Once In A While
08. I Fall In Love Too Easily
09. Besame Mucho
10. I'll Be Seeing You

 エルのヴォーカルは、あるところで「"大人の夜の小唄セッション"ぽい」と表現されていたが、確かにそうかなと言うところか。とにかく力を抜いたテンダーにしてアンニュイ、そしてセクシー度も適当というところが魅力か。歌の巧みさというところでは、クラシック歌手を経てきていると言うのだが高度というところにはイマイチだ。ただ声の質が女性としての魅力があるところが支持されるポイントであろう、ウィスパー・スタイルが売り処。

 今回もガラティの編曲演奏がやはり注目するところだ。ロマンティックな耽美性は相変わらずだが、彼の持ち味の嫌みの無い展開が時にスウィングし、時に刺激的なところを織り交ぜての過去の曲の演奏スタイルにとらわれない独自の世界がいい。選曲そのものは寺島靖国が行なったようだが、編曲にはガラティの独自的解釈が強化されて、バラードっぽくを期待した面を特にM1."Comes Love"のようにスウィングした軽快な出だしで、期待とは別展開させているところが面白い。アルバム・タイトル曲M4."Close Your Eyes"も同様でありピアノ、ベースの演奏も楽しめる。しかしどんな場面でも決して力んだ展開はみせず、あくまでもソフト・テンダリーに押さえている。曲の中で、ガラティのピアノ演奏の占めるところも多く、そんな意味では今回の方が、ある意味では変化が多くジャズっぽい。

Img_25e85d3805e717f52941723ff962c5091394

  いずれにしても、このエルのヴォーカル・スタイルは、やっぱりウィスパー系がぴったりで、M5."My Old Flame"の流れはいいし、中盤のガラティのピアノも美しい。そしてそのパターンは、M8."I Fall In Love Too Easily"の世界で頂点を迎える。ここではヴォーカルのイメージを大事に間をとりながらのピアノ演奏の世界が美しく、しかも進行して行くうちにスウィングしてみせたり、その流れは如何にもガラティの世界。

 このタイプの女性ジャズ・ヴォーカル世界は、"特にジャズならでは"というムードであって、それを寺島靖国は求めて企画した事がひしひしと伝わってくる。そんなアルバムとして評価したい。

(評価)
□ 編曲・演奏・歌  85/100
□ 録音       85/100

(視聴)
Elle の映像が見当たらないのでA.Galati Trio ものを ↓

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Audio CLASSIC Progressive ROCK アイオナ アガ・ザリヤン アデル アヤ アレクシス・コール アレッサンドロ・ガラティ アンジェイ・ワイダ アンナ・マリア・ヨペク アンヌ・デュクロ アヴィシャイ・コーエン アーロン・パークス イエス イタリアン・プログレッシブ・ロック イメルダ・メイ イモージェン・ヒープ イリアーヌ・イリアス イーデン・アトウッド ウィズイン・テンプテーション ウォルター・ラング エスビョルン・スヴェンソン エスペン・バルグ エミリー・クレア・バーロウ エミール・ブランドックヴィスト エレン・アンデション エンリコ・ピエラヌンツィ エヴァ・キャシディ カティア・ブニアティシヴィリ カレン・ソウサ ガブレリア・アンダース キアラ・パンカルディ キャメル キャロル・ウェルスマン キング・クリムゾン キース・ジャレット クィダム クレア・マーティン ケイテイ・メルア ケイト・リード ケティル・ビヨルンスタ コニー・フランシス コリン・バロン ゴンザロ・ルバルカバ サスキア・ブルーイン サラ・ブライトマン サラ・マクラクラン サラ・マッケンジー サンタナ サン・ビービー・トリオ ザーズ シェリル・ベンティーン シゼル・ストーム シネイド・オコナー シモーネ・コップマイヤー シャイ・マエストロ ショスタコーヴィチ シーネ・エイ ジェフ・ベック ジャック・ルーシェ ジョバンニ・グイディ ジョバンニ・ミラバッシ ジョルジュ・パッチンスキー スザンヌ・アビュール スティーヴン・ウィルソン スティーヴ・ドブロゴス ステイシー・ケント ステファン・オリヴァ スノーウィ・ホワイト スーザン・トボックマン セリア セルジオ・メンデス ターヤ・トゥルネン ダイアナ・クラール ダイアナ・パントン ダイアン・ハブカ チャンピアン・フルトン チャーリー・ヘイデン ティエリー・ラング ティングヴァル・トリオ ディナ・ディローズ デニース・ドナテッリ デヴィット・ギルモア デヴィル・ドール トルド・グスタフセン ドリーム・シアター ナイトウィッシュ ニコレッタ・セーケ ニッキ・パロット ノーサウンド ハービー・ハンコック パスカル・ラボーレ パトリシア・バーバー ヒラリー・コール ビル・ギャロザース ピアノ・トリオ ピンク・フロイド フェイツ・ウォーニング フランチェスカ・タンドイ フレッド・ハーシュ ブッゲ・ヴェッセルトフト ブラッド・メルドー ヘイリー・ロレン ヘルゲ・リエン ペレス・プラード ホリー・コール ボボ・ステンソン ポーキュパイン・ツリー ポーランド・プログレッシブ・ロック ポール・コゾフ マツシモ・ファラオ マティアス・アルゴットソン・トリオ マデリン・ペルー マリリオン マルチン・ボシレフスキ マーラー ミケーレ・ディ・トロ ミシェル・ビスチェリア メコン・デルタ メッテ・ジュール メラニー・デ・ビアシオ メロディ・ガルドー モニカ・ボーフォース ユーロピアン・ジャズ ヨアヒム・キューン ヨーナス・ハーヴィスト・トリオ ヨーナ・トイヴァネン ラドカ・トネフ ラーシュ・ダニエルソン ラーシュ・ヤンソン リサ・ヒルトン リッチー・バイラーク リリ・ヘイデン リン・エリエイル リン・スタンリー リヴァーサイド リーヴズ・アイズ ルーマー レシェック・モジュジェル ロジャー・ウォーターズ ロバート・ラカトシュ ロベルト・オルサー ローズマリー・クルーニー ヴォルファート・ブレーデローデ 中西 繁 写真・カメラ 北欧ジャズ 問題書 回顧シリーズ(音楽編) 女性ヴォーカル 女性ヴォーカル(Senior) 女性ヴォーカル(ジャズ2) 女性ヴォーカル(ジャズ3) 寺島靖国 戦争映画の裏側の世界 手塚治虫 文化・芸術 映画・テレビ 時事問題 時代劇映画 波蘭(ポーランド)ジャズ 相原求一朗 私の愛する画家 私の映画史 索引(女性ジャズヴォーカル) 絵画 趣味 雑談 音楽 JAZZ POPULAR ROCK SONYα7