ウォルター・ラング

2017年1月12日 (木)

ウォルター・ラングのもう一つの顔=TRIO ELF 「MusicBoxMusic 」


新世代感覚のテクノ・サウンドをベースにしたピアノ・トリオ作品

<Jazz>
TRIO ELF 「MusicBoxMusic」

Yellowbird / GER / YEB77652 / 2016

Musicboxmusicw

(TRIO ELF)
Walter Lang : piano
Gerwin Eisenhauer : drums
Peter Cudek : bass

 あの優しく美しく伝統的ピアノ・トリオを演じてくれるドイツのウォルター・ラングWalter Lang 、彼の奏でるピアノの透き通った音色はロマンチシズムに満ちた世界を感じさせてくれる。それは何とも言えない心地よさだ。
 その彼の結成しているウォルター・ラング・トリオ(近作↓参照)とは別に、彼にはもう一つの顔がある。それがTRIO ELFである。

  (参照)ウォルター・ラング・トリオWalter Lang Trio 「Moonlight Echoes」(2015)

Trioelfw_2  このTRIO ELFは、ピアノ・トリオをベースに、ドラムンベースやテクノ的なエレクトロ・サウンドを操るとう超現代的トリオ演奏を展開する意欲作を演ずる(10年前に結成)。

 とにかくあのウォールター・ラングが優しく端正な美的な世界から、一歩発想を変えての一つの創造的挑戦的世界なのである。
 しかしこのアルバムを聴いてみると、ラングの透明性にしてロマンチシズムに溢れた演奏はところどころに顔を出し、何故か聴く者をほっとさせるのではあるが・・・・・?。
 しかしその美しさと対比してのやや緊迫感のある展開を示すM7.” Usain”などは、そのこうする二面性の存在の意味とその目的に簡単には納得するのは難しい。
 M8.”Lullaby for a weaking child”では、そこに聴けるラングのピアノは何時もの彼の特徴の粘質で無いさっぱりとした美的抒情性をもって聴かせてくれる。このあたりは納得だが。
 しかしM10.”Stadium”のピアノの重低音でのスタートで、続く展開はテクノ的リズムでの進行、この意味はあまり解らない。
 M11.” Suq”今度は Bassの重低音でスタートするが、その後の軽い展開が不可思議。あまり魅力が感じられるという曲でない。

 やっぱりおおよそその展開が奇妙で、なんだか目的がよく解らない。この異種の共存があまり彼の演ずるところとの意味づけにどんな位置づけになるのか疑問を感ずるのだ。挑戦は解るがちょっと中途半端と言わざるを得ない。

 結論的には、そんな中にもやっぱりトリオとしての味を追求している事の意義を持っていることは事実だ。そうしたところに興味のある者は聴いてみても価値はある。ただしほんとにこれが、参照として挙げたWalter Lang Trioの「Moonlight Echoesに惚れ込んで聴く人を魅了するのだろうか?ちょっと疑問の世界であった。

(Tracllist)
1. Emptiness
2. Krumm
3. Prléude to ELF Police
4. The ELF Police
5. Tripolis
6. Salutation to the Sun
7. Usain
8. Lullaby for a weaking child
9. Dance da Fita
10. Stadium
11. Suq

(視聴)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月13日 (火)

月下の秋の夜に~ウォルター・ラング・トリオWalter Lang Trio:「Moonlight Echoes」

      とにかく優しい世界を・・・・・端正なタッチで

      <Jazz>
  
      Walter Lang Trio 「Moonlight Echoes」
     ATELIER SAWANO / JPN / AS145 / 2015

Moonlight

Recorded on April 27 & 28. 2015 at Bayerisher Rundfunk Studio in Nürnberg

Walter Lang : piano
Thomas Markusson : bass
Sebastian Merk : drums

 ドイツのピアニストのウォルター・ラングのニュー・アルバム。前作の『Starlight Reflection』の好評から、同メンバーにてのトリオ作で、今度は”Moonlightの世界”。丁度秋の静かな夜に月の光の下に聴くには、最も相応しいアルバムの登場である。彼のリリースされているアルバムは結構多いのだが、これは今回も澤野工房からで、二枚目になるもの。なかなか日本人向けの叙情性に富んでいる。
 ウォルター・ラングは1961年生まれ、今が丁度ミュージシャンとしては最も円熟期ですね。それなりに充実していて13曲中オリジナル曲が7曲を占めている。

Moonlightlist_21. Sete Aneis
2. I Didn't Know What Time It Was
3. Every Time We Say Goodbye
4. Danca Da Fita
5. Alone Together
6. Before the Storm
7. What Makes the World Go 'Round
8. Well, I Thought So
9. Alberti
10. I've Got the World on a String
11. Semana Santa
12. Where or When
13. When the Day Is Gone

 過去に彼の紹介はしているので省略するが、彼のピアノは繊細にして美しいメロディーを聴かせてくれるが、イタリア風の纏わり付いてくる哀愁の抒情性とは若干違う。これがドイツというところであろうか、バロック・クラシック調にも聴こえるピアノプレイも交えてのどちらかというと端正というところだ。

(参照)http://osnogfloyd.cocolog-nifty.com/blog/2014/11/walter-lang-tri.html

0clip_image002_med2 さて、このアルバムの収録曲だが・・・
 2曲目”I didn't know what time it was ”では、まさに月下の静かな夜が、夏を過ぎての自己を見つめるに相応しいムードを醸し出す。ベースも、もの哀しいを音を乗せてきて、ドラムスと共にトリオの良さを実感できる。
 5曲目”Alone together”ポピュラーな名曲だが、ここでは結構スウィングしてみせ、ジャズの楽しさも忘れていない。
 7曲目”What makes the world go 'round”はオリジナル曲。ベースからスタートしてピアノは非常に解りやすいメロディを奏でて気楽な気分で聴ける。
 9曲目”Alberti”は、ピアノ、ベースそして優しいシンバルとブラッシの音、詩情そのもののの哀愁の演奏。
 11曲目”Semana santa”のオリジナル曲は、ドラム・ソロも入って快活な曲。このアルバムの中では異色。
  13曲目”When the day is gone”は、まさに郷愁の世界。

 結論的に、ジャズ・ファンならずとも、ミュージック・ファンなら秋の夜に楽しめるアルバムだ。

(参考視聴)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年1月13日 (火)

ウォルター・ラング・トリオWalter Lang Trio : 「the sound of a rainbow」

     <My Photo Album 瞬光残像=南イタリア編>

Dsc01325monow2

ナポリNapoliの夜景(南イタリア~遠くにヴェスヴィオ火山もシルエットとして見える)
  SINY α7 (2014.12)             (クリック拡大)

            *   *   *   *

年末年始に整理していて出てきたCDアルバム~その3

     <Jazz>

        Walter Lang Trio「the sound of a rainbow」
        ponycanyon / MYCJ-30616 / 2011(original-M&I Records 2005)

Thesoundofarainbow2  

  Waiter Lang (p)
    Nicolos Thy (b)
    Rick Hollander(ds)

Img_8759_med_2 このジャケの早春残雪の世界がお気に入りの一つです。私自身も少々ネイチャー撮影に興味があるのですが、特にこの世界が好きなんですね。
 このアルバムのドイツのピアニスト・ウォルター・ラングのトリオついては昨年取り上げたわけですが、(参照:ウォルター・ラング・トリオ「Starlight Reflection」 http://osnogfloyd.cocolog-nifty.com/blog/2014/11/walter-lang-tri.html)このトリオの演奏は、非常に取っつきやすいものであったので、ちょっと過去のアルバムをも聴いてみたいと・・・・・・、振り返って2005年のこのアルバムが、ジャケの良さもあって、手に入れてあったのです。しかし年末へ騒がしさで若干放置状態になっていたので、今年に入って聴き直しているというところ。やはりドイツとは言え、ユーロ系の叙情性もあって、そして聴きやすさはこの当時からそうなんですね、これも大事なことだと思うので、日本でそれほど騒がれるところにはないが、結構評価を与えてもよいと思うのである。

Thesoundofarainbowlist_2  彼のオリジナル曲は2曲で、4曲目”myriad”そして5曲目”The beginning and the end”に登場するが、解りやすいピアノの旋律を生かした曲仕上げで、メロディーが豊かである。聴きどころは”Emmanuel”だ。これはピアノの旋律は叙情的であり、ベースが中盤旋律を奏で、再びピアノの哀愁ある流れにつないでなかなか味のある仕上げで聴き惚れる。
 もう一つの聴きどころはリッチー・バイラークの”ELM”、オリジナルと趣向を変えてややテンポ・アップで聴かせるが、やはり原曲の良さは的確に捉えていて聴き入ることができる。
 チャーリー・ヘイデンの”first song”も登場。このトリオの演奏は録音もあるのかもしれないが、ベースがかなり全面に出ているので、その意味でもこの曲は生きている。
 とにかく美意識で選曲してアルバムにしたといってもよいもので、聴き応えがある。

(試聴) ”First song”

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年11月17日 (月)

優しさにつつまれて~ウォルター・ラング・トリオWalter Lang Trio:「Starlight Reflections」

全編優しさいっぱいのピアノ・トリオ・アルバム

       <European Jazz>

           Walter Lang Trio 「Starlight Reflections」
                         Atelier Sawano ,  AS135,  2013

Starlight_reflections

(members)
Walter Lang: piano
Thomas Markusson: bass
Sebastian Merk: drums

(Tracklist)
01. Waltzin’*
02. When Lights Are Low
03. Could We Meet?*
04. In the Wee Small Hours of the Morning
05. Sweet and Lovely
06. No Moon Night*
07. Steppin’ In*
08. I'll Remember Bill*
09. Misty Mountains*
10. Snow Castle*
11. I’m a Fool to Want You
12. Without a Song

 ライナー・ノーツは以下のような感じでスタートする・・・・・・
 ”しんと凍てつく冬の夜、澄みゆく静けさの中に無数の星がまたたく。空からピアノの音粒が舞い降りてくるとベースは低い鐘を鳴らし、シンバルがきらめくような足取りで現れた。なんだか素敵なことが起こりそうな予感! 音楽とイマジネーションがひとつになる、幸せな時間のはじまりだ”
                    ・・・・・・・・ちょっと大袈裟にしても確かこのアルバムは全編優しさいっぱいに包まれるといった感じだ。

Walterlang1 ピアニストのウォルター・ラングはドイツ人で、1961年生まれで、祖父や父のピアノ演奏に包まれた家庭に育ち、ボストンのバークリー音楽学校で、ピアノや作曲を学んでいる。1999年よりトリオを結成して、ピアノ・トリオ作品など日本にも馴染んできている。このアルバムは澤野工房の一作目で、 2013年にリリース。スウェーデンからのベーシスト、トーマス・マークッソンと自国ドイツのドラマー、セバスティアン・メルクが起用されている。

 こうゆうのをロマンチックというのだろうか、とにかく癖がなくて取っ付きやすい。そして誰もが楽しめる演奏群が詰まっている。
 12曲中7曲が彼のオリジナル曲(上のトラックリストの*印)。
 このトリオでは、優しいラングのピアノの調べ、そしてマークッソンのベースもそのムードを大切にしつつメロディーも物語ってくれて快感。そんなところは、”No Moon Night”にクラシック・ムードの中に味わいたっぷりに聴ける。
 又シンバルの音も出すぎることがなく、しかし広がり感も持ってしっかり聴かれ、録音も良好。やはりトリオですからそれぞれの味を感じたいところをうまくカバーして良盤。
 
 ”Misty Mountains”は、珍しくピアノは低音からスタートすねが次第に叙情的な調べとなり、その上三者の盛り上がりも後半に見せ魅力的な曲。
Mycj30616
 ウォルター・ラング・トリオものとして過去のモノには、既に2005年には、左の「THE SOUND OF A RAINBOW」(M&I Records)等もリリースされていて注目もされている。
 これはKeith Jarrett、 Chick Corea、 Charlie Haden などをカヴァーしており、しかもあの私の好きなRochie Beirachの”ELM”なども演奏しているアルバムで、まだ未聴であったので、目下聴いてみたいと思っているところである。
(試聴)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Audio | CLASSIC | Progressive ROCK | アイオナ | アガ・ザリヤン | アデル | アヤ | アレクシス・コール | アレッサンドロ・ガラティ | アンジェイ・ワイダ | アンナ・マリア・ヨペク | アヴィシャイ・コーエン | イエス | イタリアン・プログレッシブ・ロック | イメルダ・メイ | イモージェン・ヒープ | イリアーヌ・イリアス | イーデン・アトウッド | ウィズイン・テンプテーション | ウォルター・ラング | エスビョルン・スヴェンソン | エミリー・クレア・バーロウ | エンリコ・ピエラヌンツィ | エヴァ・キャシディ | カレン・ソウサ | ガブレリア・アンダース | キャメル | キャロル・ウェルスマン | キング・クリムゾン | キース・ジャレット | クィダム | クレア・マーティン | ケイテイ・メルア | ケイト・リード | ケティル・ビヨルンスタ | コニー・フランシス | コリン・バロン | ゴンザロ・ルバルカバ | サスキア・ブルーイン | サラ・ブライトマン | サラ・マクラクラン | サンタナ | ザーズ | シェリル・ベンティーン | シゼル・ストーム | シネイド・オコナー | ショスタコーヴィチ | シーネ・エイ | ジェフ・ベック | ジャック・ルーシェ | ジョバンニ・グイディ | ジョバンニ・ミラバッシ | ジョルジュ・パッチンスキー | スザンヌ・アビュール | スティーヴン・ウィルソン | スティーヴ・ドブロゴス | ステイシー・ケント | ステファン・オリヴァ | スノーウィ・ホワイト | スーザン・トボックマン | セリア | セルジオ・メンデス | ターヤ・トゥルネン | ダイアナ・クラール | ダイアナ・パントン | ダイアン・ハブカ | チャーリー・ヘイデン | ティエリー・ラング | ティングヴァル・トリオ | ディナ・ディローズ | デニース・ドナテッリ | デヴィット・ギルモア | デヴィル・ドール | トルド・グスタフセン | ドリーム・シアター | ナイトウィッシュ | ニコレッタ・セーケ | ニッキ・パロット | ノーサウンド | ハービー・ハンコック | パスカル・ラボーレ | パトリシア・バーバー | ヒラリー・コール | ピアノ・トリオ | ピンク・フロイド | フェイツ・ウォーニング | フランチェスカ・タンドイ | フレッド・ハーシュ | ブッゲ・ヴェッセルトフト | ブラッド・メルドー | ヘイリー・ロレン | ヘルゲ・リエン | ペレス・プラード | ホリー・コール | ポーキュパイン・ツリー | ポーランド・プログレッシブ・ロック | ポール・コゾフ | マティアス・アルゴットソン・トリオ | マデリン・ペルー | マリリオン | マルチン・ボシレフスキ | マーラー | ミシェル・ビスチェリア | メコン・デルタ | メッテ・ジュール | メラニー・デ・ビアシオ | メロディ・ガルドー | モニカ・ボーフォース | ユーロピアン・ジャズ | ヨーナス・ハーヴィスト・トリオ | ラドカ・トネフ | ラーシュ・ダニエルソン | ラーシュ・ヤンソン | リッチー・バイラーク | リリ・ヘイデン | リヴァーサイド | リーヴズ・アイズ | ルーマー | レシェック・モジュジェル | ロジャー・ウォーターズ | ロバート・ラカトシュ | ロベルト・オルサー | ローズマリー・クルーニー | 中西 繁 | 写真・カメラ | 北欧ジャズ | 問題書 | 回顧シリーズ(音楽編) | 女性ヴォーカル | 女性ヴォーカル(Senior) | 女性ヴォーカル(ジャズ2) | 女性ヴォーカル(ジャズ3) | 戦争映画の裏側の世界 | 手塚治虫 | 文化・芸術 | 映画・テレビ | 時代劇映画 | 波蘭(ポーランド)ジャズ | 相原求一朗 | 私の愛する画家 | 私の映画史 | 索引(女性ジャズヴォーカル) | 絵画 | 趣味 | 雑談 | 音楽 | JAZZ | POPULAR | ROCK