ミシェル・ビスチェリア

2016年4月 2日 (土)

ミシェル・ビスチェリアMichel Biscegliaの近作アルバム 「BLUE BIRD」

物思いに耽る究極の耽美的詩情の世界

  <Jazz>
       Michel Bisceglia「BLUE BIRD」
        Prova Records /  PR 1507-CD28 / 2015

Bluebird_2
Recorded on July 9th 2015 at Crescend Studio
Michel Bisceglia (piano)
Werner Lauscher (bass)
Marc Lehan (drums)

 今年新年の初聴きアルバムとして、イエローの『On a Sunny Day』か、ブルーの『BLUE BIRD』かと話題になったアルバムです。私はアレサンドロ・ガラティのイエローを新年のスタートの曲として取り上げたのですが、ミシェル・ビスチェリアのブルーもなかなかのモノでした。
 遅まきながら、そろそろほとぼりも醒めた頃なのでここでミシェル・ビスチェリアMichel Biscegliaの『BLUE BIRD』のほうも取り上げておくこととした。(彼に関しては↓を参照してください)

(参照)http://osnogfloyd.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/michel-biscegli.html

Mb_trio
(Tracklist)
1. Blue Bird Prologue
2. Waiting For The Bird
3. The Wrong Bird
4. Dry Water
5. Call Of Death
6. The Last Drive
7. Parallel Dreams
8. Dance Of Hope
9. Nunc Dimittis
10. The Birth

Img_8333  さてこのアルバムだが、ベルギーの人気ピアニスト・ミシェル・ビスチェリア(1970年ベルギーのZwartberg生まれ、血筋はイタリア系と言う)の映画「青い鳥」(ガスト・ヴァン・デン・ベルジュ監督、2011年作品)というトーゴ共和国で撮影された作品をきっかけに作られたもの。彼はその映画音楽も担当している。その為”music for the film concert”とサブ・タイトルが付けられている。
 この映画は当然(と言っては語弊があるかも知れないが)観てないのでアルバムを聴きながら想像するところであるが、録音が2015年であり、映画に使われた曲を、ピアノ・トリオでアルバム用に演奏・録音されたのではないかと思っている。つまりサウンド・トラックものでは無いのだろう。

Img_8335 とにかく詩情豊かにして耽美的なピアノ・プレイを演じてくれるビスチュリアで彼の美しいメロディー・ラインを十分に堪能できる。
 M1.M2.の約10分、8分というやや長めの曲には、このアルバムを表現するピアノの思索的にして耽美的世界を描く。特に詩情的美しさのメロディーは勿論だが、無音の間取りが何とも言えず引き込まれる。
 M3.はビスチェリアの軽快なプレイを聴かせ、M5.は懐古的静の中の美しさ、M6.は期待と展望の美と続く。
 M7.は珍しくドラムスからスタートするが、それに同調してのピアノが流れ、両者のコンビネーションの音楽的掛け合いが見事で、聴くものをして納得させる。


Img_8339 全体に美しいメロディーを主体に”静”と”トリオそれぞれの音の余韻による哀愁”を印象づけ、”華やか”というものでなく、どちらかというと”陰影のある世界”である。
 まあテーマがそうなのだろうと推測するが、いわゆる軽快にスウィングするジャズではなく、又ダイナミックにスリリングに迫ってくるものではない。その点を期待すると裏切られる。

 別の目から見た注目点として、このアルバムは録音の良いところも素晴らしい。ピアノのクリアな音に、ベースのソフトにして充実感のある音、そしてドラムスの特にシンバルの繊細にして響く空間が良い。その三者の分離とバランスが見事である。そこは気分を更に良くするポイントでもあった。

(視聴)

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2014年7月17日 (木)

ミシェル・ビスチェリアMichel Bisceglia のピアノ・トリオ「singularity」

透明感のある美旋律のピアノに圧倒される

Inneryoub
 あの寺島靖国の「Jazz Bar 2007」で知らしめられた美旋律ピアノのトリオ曲”Paisellu miu”。この曲は、ミシェル・ビスチェリアMichel Biscegliaというベルギーのピアニストによる右のアルバムに収録されている。(参照 http://osnogfloyd.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-402b.html )

  「INNER YOU」 (Prova Records, PR0701-CD1, 2007)
      Michel Bisceglia (p)
      Werner Lauscher (b)
      Marc Lehan (ds)

(Tracklist)
 1,Sandino
 2.Out to Sea
 3.Lorenz Factor
 4.Softly as in a morning sunrise
 5.Simone
 6.Paisellu Miu
 7.With Purpose
 8.Blues for alice
 9.Side Square
10.The Traveller


 このアルバムはトップにチャーリー・ヘイデンの”Sandino”が登場し、ビスチェリア自身のオリジナルも5曲。全編美旋律の洪水だ。そしてこのアルバムに引きずられて、目下彼の5アルバムを聴いているが、とにかくどれもゆったりとしていて聴きやすくそして流麗なメロディーと哀愁感は、天下一品。
 そこで最新作をチェックしてみよう。 ↓

--------------------------

<Jazz>
  michel bisceglia. singularity
       Prova Records ,  PR1401CD22,  2014

Singglarity2_2

 ミシェル・ビスチェリアの今年のニュー・アルバム。メンバーは上の「INNER YOU」と同一のトリオ。(これには同時に「my ideal」というライブ・アルバムも一緒にリリースされた。ここには7曲収録されていて、「INNER YOU」から、”Out to sea”が登場し、更にあの哀愁の名曲”.Paisellu Miu”が聴けるし、プロコム・ハルムの”青い影 a whiter shade of pale”も演じられている)

Mbtrio1 このトリオのリーダーのビスチェリアはピアニスト、作曲家、アレンジャーとして目下油の載ったところ。ベルギー人であるが、どうもイタリア系らしい。彼の紹介などを見ると、やはりビル・エヴァンスやキース・ジャレットに影響を受け、そしてラフマニノフに傾倒しているようだ。  1970年生まれで、1997年以来現メンバーでトリオを編成してCDをリリースしている。ヨーロピアン・ピアノ・トリオにおいて、もはや重要な一人にのし上がっている。

Sigularitylist
 このアルバムは、左のように9曲。オリジナル曲を展開しているが、とにかく聴く者にとって説得力のある心に浸みるメロディーと演奏が続く。特に近年のジャズの一つの流れである攻撃的な方向はない。つまりオーソドックスで精神安定剤的演奏につつまれる。メロディーもなかなか哀感が漂っていて魅力的。
  はっきり言って、特に集中して聴くということでなく、バックグラウンド・ミュージックとして流していても抵抗がないと言うかグッドである。これもジャズの一つの大事な要素と思っているが・・・。

(視聴) ”Puccini”

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Audio | CLASSIC | Progressive ROCK | アイオナ | アガ・ザリヤン | アデル | アヤ | アレクシス・コール | アレッサンドロ・ガラティ | アンジェイ・ワイダ | アンナ・マリア・ヨペク | アヴィシャイ・コーエン | イエス | イタリアン・プログレッシブ・ロック | イメルダ・メイ | イモージェン・ヒープ | イリアーヌ・イリアス | イーデン・アトウッド | ウィズイン・テンプテーション | ウォルター・ラング | エスビョルン・スヴェンソン | エミリー・クレア・バーロウ | エンリコ・ピエラヌンツィ | エヴァ・キャシディ | カレン・ソウサ | ガブレリア・アンダース | キャメル | キャロル・ウェルスマン | キング・クリムゾン | キース・ジャレット | クィダム | クレア・マーティン | ケイテイ・メルア | ケイト・リード | ケティル・ビヨルンスタ | コニー・フランシス | コリン・バロン | ゴンザロ・ルバルカバ | サスキア・ブルーイン | サラ・ブライトマン | サラ・マクラクラン | サンタナ | ザーズ | シェリル・ベンティーン | シゼル・ストーム | シネイド・オコナー | ショスタコーヴィチ | シーネ・エイ | ジェフ・ベック | ジャック・ルーシェ | ジョバンニ・グイディ | ジョバンニ・ミラバッシ | ジョルジュ・パッチンスキー | スザンヌ・アビュール | スティーヴン・ウィルソン | スティーヴ・ドブロゴス | ステファン・オリヴァ | スノーウィ・ホワイト | スーザン・トボックマン | セリア | セルジオ・メンデス | ターヤ・トゥルネン | ダイアナ・クラール | ダイアナ・パントン | ダイアン・ハブカ | チャーリー・ヘイデン | ティエリー・ラング | ティングヴァル・トリオ | ディナ・ディローズ | デニース・ドナテッリ | デヴィット・ギルモア | デヴィル・ドール | トルド・グスタフセン | ドリーム・シアター | ナイトウィッシュ | ニコレッタ・セーケ | ニッキ・パロット | ノーサウンド | ハービー・ハンコック | パスカル・ラボーレ | パトリシア・バーバー | ピアノ・トリオ | ピンク・フロイド | フェイツ・ウォーニング | フランチェスカ・タンドイ | フレッド・ハーシュ | ブラッド・メルドー | ヘイリー・ロレン | ヘルゲ・リエン | ペレス・プラード | ホリー・コール | ポーキュパイン・ツリー | ポーランド・プログレッシブ・ロック | ポール・コゾフ | マティアス・アルゴットソン・トリオ | マデリン・ペルー | マリリオン | マルチン・ボシレフスキ | マーラー | ミシェル・ビスチェリア | メコン・デルタ | メッテ・ジュール | メラニー・デ・ビアシオ | メロディ・ガルドー | モニカ・ボーフォース | ユーロピアン・ジャズ | ヨーナス・ハーヴィスト・トリオ | ラドカ・トネフ | ラーシュ・ダニエルソン | リッチー・バイラーク | リリ・ヘイデン | リヴァーサイド | リーヴズ・アイズ | ルーマー | レシェック・モジュジェル | ロジャー・ウォーターズ | ロバート・ラカトシュ | ロベルト・オルサー | ローズマリー・クルーニー | 中西 繁 | 写真・カメラ | 北欧ジャズ | 問題書 | 回顧シリーズ(音楽編) | 女性ヴォーカル | 女性ヴォーカル(Senior) | 女性ヴォーカル(ジャズ2) | 戦争映画の裏側の世界 | 手塚治虫 | 文化・芸術 | 映画・テレビ | 時代劇映画 | 波蘭(ポーランド)ジャズ | 相原求一朗 | 私の愛する画家 | 私の映画史 | 絵画 | 趣味 | 雑談 | 音楽 | JAZZ | POPULAR | ROCK