ロベルト・オルサー

2017年11月16日 (木)

ソニア・スピネロSonia Spinello Quartet 「WONDERland」

(今年聴いて印象に残ったアルバムを-3)

やや陰影のある優しさのヴォーカルとロベルト・オルサー・トリオの美が聴きどころ

<Jazz>
Sonia Spinello Quartet「WONDERland」
ABEAT Records / ITA / AB JZ162 / 2016

Wonderland1
Wonderland2_4
Sonia Spinello(vo)
Roberto Olzer(p)
Yuri Goloubev(b)
Mauro Beggio(ds)
featuring
Bebo Ferra(g)
Fabio Buonarota(flh)

 なんといってもRoberto Olzer Trioをバックにしての女性ヴォーカル・アルバムと言うことで、取り敢えずは聴いたものだ。ヴォーカリストはソニア・スピネロSonia Spinelloで、「ジャズ批評」で2016年の「JAZZ AUDIO DISC AWARD 2016-VOCAL」の金賞を取っている。「ジャズ批評」もちょっと新しもの好きのような気もしましたけど。この女性は私はこのアルバムで初めて知ったもので、イタリアの歌手だがそんなに若くはなさそうだが詳しいことは解らない。彼女名義のアルバムはこれが最初ではないかと思われる。

Wonderlandlist

  これも何故だか解らないが、スティーヴィー・ワンダーの曲がずら~と並んでいる(何ででしょうね?)、10曲中5曲もだ。だからアルバム・タイトルは「WONDERland」となっているのかも知れない。あとは彼女自身の曲3曲とスティングとベーシストのゴロウベフY.Goloubevの曲1曲づつである。
 ヴォーカルの質はどちらかというと陰性、明るいというものでは無い。それはこのアルバムとしての表現なのか、もともと彼女の素質なのかこれも実は知らないのだ。又彼女の発声の高音部は私の好みとは少々異なっているが、中・低音に魅力を持っている。

13600294_1749377958676321_822137421  M1."Visions"の出来が良いですね。この仕上げはスピネロのヴォーカルとのマッチングも良く、オルサーのピアノ、ゴロウベフのベースが又退廃的なムードに抒情的な美しさを盛り上げますね。これはなかなかとスタートでこのアルバムではトップ・クラスの出来。
 M3."Fragile"はStingのポピュラーな曲。なかなか味なフィーリングで聴き応えがある。この曲は良く聴くのだが、彼女らしさというか、彼女の特徴をしっかり出して唄われている。これは寺島靖国の今年の『for Jazz Vocal Fans Only Vol.2 』(TYR1059)にも選ばれている。
 M4."Sorry"は、スピネロ自身のオリジナルの曲で、哀感があって良いです。このアルバムでの彼女の曲では出色。Flugelhornが生きています。
 M2.、M5.、M6.ではギターが入るが、どうもこのアルバムでは彼女とのマッチングに魅力が発揮出来ていない印象を受け、感動の仕上げは至っていなかった。
  M7."Too shy to say"は、ベース・ソロから始まって、彼女の優しさのヴォーカルが入り、するとピアノがそれを支えるという流れで、シンバル音とピアノの力まない繊細な流れは聴きどころ。

 こうした女性ヴォーカル・アルバムでのロベルト・オルサー・トリオの優しさの漲ったバック演奏の美しさは、聴きどころであったもの。

(視聴)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月20日 (金)

ロベルト・オルサー・カルテットRoberto Olzer Quartet作品 「FLOATIN' IN」

トランペットの加わったカルテットもなかなか・・・・

<Jazz>
Roberto Olzer Quartet 「FLOATIN' IN」
ABEAT Records / ITALY / ABJZ 168 / 2017

1

Fulvio Sigurtá (trumpet, flugelhorn)
Roberto Olzer (piano)
Yuri Goloubev (bass except 4)
Mauro Beggio (drums except 4)

recorded, mixed and mastered in August 2016 at Artesuono Studios, Cavalicco (UD), Italy, by Stefano Amerio

2  前回に続いて抒情派ピアニストのロベルト・オルサーRoberto Olzer(イタリア)の登場である。これは今年イタリアのABEATからリリースされた彼のカルテット・アルバム。過去の好評アルバムをリリースしたRoberto Olzer Trio に、オルサーの師であるエンリコ・ピエラヌンツィに賞賛を受けたフルヴィオ・シグルタFulvio Sigurtá (trumpet, flugelhorn)(→)が加わっての相変わらずの抒情派作品に仕上げたもの。

1e12bc5b
            (Roberto Olzer)
(Tracklist)
1. Skyscapes (Yuri Goloubev)
2. Stella By Starlight (Victor Young)
3. Elm (Richie Beirach)
4. Still To Bill (Roberto Olzer)
5. Maybe Next Time (Roberto Olzer)
6. Aphrodite (Roberto Olzer)
7. Stee-Vee (Yuri Goloubev)
8. Vocalise (Yuri Goloubev)
9. Forward (Roberto Olzer)


Y Victor YoungとRichie Beirachの2曲を除いて全てオリジナル曲。それもロシアのクラシック・ベーシストからジャズに転向したユーリ・ゴロウベフYuri Goloubev(→)の貢献はここでも大きく3曲、そしてオルサー自身は4曲という全9曲が収録されている。”Roberto Olzer Quartet”と名乗っているのは、やはりオルサー主導の作品なのであろう。
 それにしても、私のこの上なく好きなRichie Beirachの"Elm "の登場には驚きつつも歓迎だった。 この曲では本来のピアノで演ぜられるあの美しい旋律はトランペットで流し、オルサーのピアノは編曲を加えつつのサポート役での曲構成である。そしておもむろに登場するBass、Drumsが曲の深遠さを役柄を心得てのごとく描く世界はお見事であった。いずれにしてもオルサーのピアノによっての曲の美しさと深みとの情景は抜群に良く、いやはや納得の仕上げである。

 私はもともとオーソドックスな、ベースとドラムスとのピアノ・トリオを愛する人間なのだが、全編、トランペットは静かに美しく旋律を哀感ある情感を込めて流すところは、決して悪くなく、心憎いと思わせる。ここで描く抒情的カルテット演奏は如何にもヨーロッパという世界のなにものでもない。こうしてオルサーもトリオから一歩踏み出した訳だが、ピアノ・トリオとは異なった世界へのアプローチは、前進するミュージシャンとしては当然の事なのだろうと思う。カルテット編成による曲に於ける役割の違いを如何に自分のものにしてゆくかという問題を克服して行かねばならないのだが、このカルテットを聴く限り、なんなくその構成を十二分にこなしているようにも思う。それは曲の流れの中での自己抑制を図りつつも、曲自身は究極は自分の憂愁の世界に導いて行くという一つの難作業が見事に結実しているためだ。
 オルサーはかってフルートやハーモニカなどとのカルテットを多く経験している為、本アルバムの作成に於いては、意外に何の抵抗もなく首尾良く纏めきったのかも知れない。

  さてここに今年リリースの二連発のオルサー作品に恵まれたが、前回紹介のアルバムは、ピアノ・ソロであった為、次作は再びピアノ・トリオ作品に期待してしまうところだ。

(視聴)

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2017年10月18日 (水)

ロベルト・オルサーRoberto Olzer の ピアノ・ソロ・アルバム「Torre Del Lago」

祖母への感謝の贈り物

<Jazz>
Roberto Olzer 「Torre Del Lago」
ATELIER SAWANO / JPN / AS 158 /2017

6158syueadl__sl1000_

Roberto Olzer plays Fazioli Grand Piano F278 (solo)
Recorded on May 15,2017 at Artesuono Recording Studio Udine, Italy
Recorded, Mixed & mastered by Stefano Amerio

 ちょっと一瞬見入ってしまうほど心にしみ入る静寂な風景をジャケットにしたイタリアのロベルト・オルサーRoberto Olzer のピアノ・ソロ・アルバム。タイトルは「Torre del Lago」、これはイタリア、トスカーナの地名のようである。その地は、あのイタリアのオペラの作曲で有名なジャコモ・プッチーニ(1858 - 1924年)が愛したと思われる土地で、彼の人生の殆どを過ごしていたのだという。いずれにしてもこのアルバムで、オルサーはプッチーニの曲を多く採用していることの結果、このタイトルになったのかも知れない。

 又アルバムには、”彼の言葉”が記されているが、その内容から見ると、2016年にトリオで来日しての公演中に、彼を音楽へと導いてくれた愛する祖母が本国で亡くなったのだった。そして家族全員で愛していたプッチーニの曲をここに演じて、その彼女への感謝と追憶の想いをこのアルバムに込めたと言うことのようだ。

Ro3

(Tracklist)
1. Luiza
2. Mi chiamano Mimi
3. Pezzo in La
4. 7/8, Attesa
5. We Will Meet Again
6. Coro a bocca chiusa
7. In Her Family
8. Remembering Pramila
9. Sentimentale
10. Straight to the Dream
11. Sono andati? Fingevo di dormire
12. Torre del Lago
13. La Grazia e discesa dal cielo
14. Epilogo
Bonus Track:5/4Johnnes Bickler,Vissi D'arte Giacomo Puccini

Puccini_0_2 プッチーニGiacomo Puccini(→)の曲を中心としての14曲だが、プッチーニとは、どちらかというとオペラの作曲家という印象であるが、私はオペラって少々苦手なんです。しかし「マノン・レスコー」「トスカ」「蝶々夫人」などは極めて有名だが、ここに取りあげられた曲群は、オルサーの編曲もあるためか、私にとっては初めての曲のように聴いたところだ。
 そして5曲はオルサー自身のオリジナル曲。その他、スタートはA.Carlos Jobinの曲の"Luiza"だが、とにかく優しいと言う一言の世界。M5."We Will Meet Again"はBill Evans、M7" In Her Family"はPat Metheny、更にM10."Straight to the Dream"はEnrico Pieranunziと、広くカヴァーもしている。しかしそれもオルサーの敬虔な気持ちに特化された演奏の世界に変容している。
 クラシックとかジャズのピアノ・ソロというジャンルを越えて、彼の心を込めた心優しく美しく仕上げたアルバムである。特にプッチーニの曲、M11. "Sono andati? Fingevo di dormire"は、優しい郷愁と哀感の世界で素晴らしい。そして彼の曲M14. "Epilogo"で静かに幕を閉じるのである。
 ただ、ボーナス曲があって、彼の感傷に溺れているだけでない姿を見ることが出来た。それには、これからの彼の生きる道への決意のような明るさと力強さを聴かせて全編の締めくくりをしているように私には聴き取れたのである。

Samerio2b アルバム作成に当たって、録音、ミックスなどの技術は、このところ評価の高いStefano Amerio(→)が担当して、スリリングなジャズ・トリオ録音時とちょっと異なり、刺激の少ない優しさと適度な余韻のあるところに仕上げている。
 又使われているピアノはイタリアらしく、このところオルサーは拘って使っている名高い「Fazioli Grand Piano F278 」 である。こんなところも聴きどころの一つである。

(視聴)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2016年11月30日 (水)

ロベルト・オルサーRoberto Olzer Trio ニュー・アルバム「DREAMSVILLE」

クラシカルで美しく、そして哀愁感で迫ってくるが・・・・・・・

<Jazz    piano trio>

Roberto Olzer Trio 「DREAMSVILLE」
ALTELIER SAWANO / JPN / AS152 / 2016

Dreamsville

Roberto Olzer (piano)
Yuri Goloubev (bass)
Mauro Beggio (drums)

Recoded in Aug. 2016 at Artesuono,Cavalicco,Udine,Italy

 ロベルト・オルサーのピアノ・トリオ第3作。クラシカルなタッチのピアノ演奏はやはりこのアルバムでもその魅力は発揮している。ピアノはFazioli Grand Piano F278 を使っての演奏だ。
 彼のピアノ・トリオの第1作『Steppin' Out』  (2012)があまりにも素晴らしく、聴く私は今でもそれが頭に浮かんでしまう。

 さてこのアルバム、とにかくオープニングのM1”Novembre”の出来が良すぎた。この美しい哀愁感はそう描けるものでない。これは完全に降参してしまった。

Robertoolw

 しかし、さてそれからが問題だ。このアルバム全12曲、意外に受ける印象は単調なのだ。何故だろう、それなりに演ずるピアノ・タッチの変化も見せるのだが・・・。
 今アルバム、カヴァー曲が中心で、聴く人へのサービスを意識しての為、あまり旋律を聴かせようと追いすぎての結果、曲展開の味が薄れてはいないだろうか?、一つの曲においてリズムはそのままで流れるためメロデイーの旋律が変化しても単調で、バツクグウンド・ミュージックになってしまうのでは?。もう一味Jazzyな変調を期待してしまうのだが・・・。多分今回のアルバム造りまでに、曲の演奏の練りが足りなかったのでは?と、つい推測してしまう。(確かに前作『THE MOON AND THE BONFIRES』  (2015)からかなり早いリリースだ)
 まあ、しかしこうしたクラシカル・タッチで真面目な清々しいインプレッションの演奏は評価は十分にあると思うところだが・・・・。
 結論から言ってしまおう、このアルバムで私のお気に入りの曲と演奏はM1とM12.”Morgen”、つまり最初と最後の曲であった。まあそうは言っても、中盤のM6.”New Old Age”、M7.”The Oldest Living Thing”も十分に聴きどころはありましたが・・・。
 期待が大きすぎて要求も多いのですが、しかしこのアルバムは良いアルバムという結論は揺らぎない。

(Roberto Olzer のFacebookより ↓)
A new flower from our garden, 'Dreamsville' with amazing partners Yuri Goloubev on double bass and Mauro Beggio on drums. Recorded, mixed & mastered by Stefano Amerio, beautiful cover art by Loud Minority, it will be released in Japan by Atelier Sawano on November 11th. Thanks to Minoru & Yoshiaki Sawano, to Chikara Inada and to Yasuhiro Fujioka.

(Tracklist)
1. Novembre *
2. Dreamsville
3. Beau Piece
4. Violin Concerto
5. Ferragosto
6. New Old Age
7. The Oldest Living Thing
8. Unlikely Taiko
9. Fragile
10. Com'è lunga l'attesa
11. Maybe Next Time *
12. Morgen                 (* 印 Olzerの曲)


(参考視聴) Roberto Olzer Trio  2ndアルバムより

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年5月26日 (木)

ロベルト・オルサー・トリオRoberto Olzer Trio の美世界 「THE MOON AND THE BONFIRES」

ピアノ・トリオの美しさの凝集~ベーシストの強力な援助を得ての第二作

Steppinout_2 あの”不思議なバランスを取った椅子のジャケ”で印象深いロベルト・オルサーRoberto Olzer(1971年生まれ、イタリア。師:Enrico Pieranunzi)のピアノ・トリオ1stアルバム「Steppin'Out」(ABJZ517 / 2013 )を取りあげたのは一昨年になる(→)。そしてあのアルバムの印象深さは、更にその上を行く何と言っても”品格ある叙情”であった。

(参考)http://osnogfloyd.cocolog-nifty.com/blog/2014/11/roberto-olzer.html

 そして昨年11月にATELIER SAWANOから2ndアルバムがリリースされていた。実はそれをマーク不足で今年春になって知ったというお粗末で、諸々から後回しになって、ここに遅まきながらその感想と言うことになった。

<Jazz>
     ROBERT OLZER TRIO  
   「THE MOON AND THE BONFIRES」

         ATELIER SAWANO / JPN / AWS147 / 2015

61am95ircl__sl1000_

Roberto Olzer (piano)
Yuri Goloubev (bass)
Mauro Beggio (drums)

 Recorded and mixed in September 2015 at Artesuono, Cavalicco (UD), by Stefano Amerio.

(Tracklist)
1. Beautiful Love (Victor Young)
2. La bella estate (Roberto Olzer)
3. Bibo no Aozora (Ryuichi Sakamoto)
4. Ich will meine Seele tauchen (Robert Schumann)
5. Le Vieux Charme (Yuri Goloubev)
6. Muirruhgachs, Mermaids, and Mami Wata,Wrapped Around Your Finger (Sting)
7. Little Requiem (Yuri Goloubev)
8. Seaward (Enrico Pieranunzi)
9. La luna e i falò (Roberto Olzer)
10. Adagio (from Piano Concerto) (Francis Poulenc)
11. Chàrisma (Roberto Olzer)

Robertoolzerright1 このトリオ2ndアルバムも1stの好評のためか、同メンバーによるもの。特にロシアのベーシストYuri Goloubev の強力なバックアップで、今回も見事なアルバムが完成している。

  M1. ”Beautiful Love” はVictor Youngの曲でスタートから美しさが迫ってくる。そしてRoberto Olzerの曲M2.”La bella estate”がクラシック調の世界を見せてくれる。
  M3. ”Bibo no Aozora (美貌の青空)”が登場。坂本龍一の曲だ。この美しさには絶句、う~ん、これだけでも満足だ。
 そして続くはM4.” Ich will meine Seele tauchen” はシューマンの曲で、Roberto Olzer のクラシックの世界からのジャズ・アプローチの真髄をみせる。それもベースのYuri Goloubevも、クラシック・オーケストラでのベース奏者としての世界をかぶせてくるので、いやはやそれはジャズと言うかクラシックというか・・・・とにかく美しさに浸れるのである。

Yuri2 M5. ”Le Vieux Charme”を聴くと、Yuri Goloubev(←)というベーシストも、忘れられない美旋律を作り出す人なんですね、素晴らしい。
 ところが、続くはStingが・・・・ロックの世界と来るからM6. ”Muirruhgachs, Mermaids, and Mami Wata,Wrapped Around Your Finger ”で驚きですが、なんとピアノ・プレイは軽快なクラシックになってしまい、ドラムスが頑張って辛うじてロックを思わせる。
 M7. ”Little Requiem ”、Yuri Goloubevの曲。ここでもRoberto Olzer のピアノと共に、彼のの美しいベースが堪能できる。いやはや参ります。
 M8. ”Seaward” 、聴いたことがあると思ったら、ついに登場ですね、Roberto Olzer の師匠Enrico Pieranunziの曲。あの美しさを彼は軽快さとダイナミズムを加えて演じてみせる。
 M9. ”La luna e i falò” この曲もRoberto Olzerのオリジナル曲。軽快に流れる美しさに圧倒されます。
 そしてM10.、M11.と完全にジャズを超越した美しさに満たされるのである。

 とにかく、このアルバムも、全編ジャズにせよロックにせよ、クラシック的美しさで纏め上げてしまうRoberto Olzer には脱帽ですね。

(参考視聴) ”Die Irren” from 1st Album

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2014年11月11日 (火)

久々の大歓迎~ロベルト・オルサーRoberto Olzer:「Steppin'Out」

エンリコ・ピエラヌンツィの流れを汲んで・・・・・

     <European Jazz>

          Roberto Olzer Trio 「Steppin'Out」
            
ABEAT Records / Italy / ABJZ517 / 2013
            
Recorded June 2012 at Artesuono (Udine)

Steppinout
  久々に良いアルバムに出会えました。これは良い!・・・先ごろ紹介した寺島靖国企画もの「For Jazz Audio Fans Only Vol.7」(参照 http://osnogfloyd.cocolog-nifty.com/blog/2014/11/for-jazz-audio-.html )の中で、これは!と思ったのが、このロベルト・オルサー・トリオRoberto Olzer Trioで、さっそく遅まきながら昨年のリリースされたこのアルバムを聴いてみたというところである。

Roberto Olzer(piano)
Yuri Goloubev(double bass)
Mauro Beggio(drums)

Robertoolzertrio
 メンバーのピアニストのロベルト・オルサーRoberto Olzerは、1971年イタリア生まれ、名門ベルディ音楽院ではオルガンを専攻したが、あのエンリコ・ピエラヌンツィにジャズ・ピアノを学んたというから、なるほどと思うところである。そしてベース、ピアノ、ギターのジャスト・ミュージック・トリオ(JMT=アルバム「Standpoint」)で知られるようになる。このアルバムはユーリYuri Goloubev(1972年ロシア生まれ)の絶大な強力を得てのロベルト・オルサーの名を冠した最新トリオの第一作。

SteppinoutlistTracklistは左の如くの全10曲。寺島靖国に選ばれたのが4曲目の”Gloomy Sunday”、しかしこのアルバムにはロベルト・オルサーのオリジナルが見て解るように、01,06,08,10 の4曲有り、それが又なかなかどれも出色である。
 聴いてすぐ感ずるのが、宣伝文句にあるように”クラシックのフィーリングとジャズの即興を高次元で両立”というところだ。
 1曲目の”Die Irren”では、ユーリのアルコ・ベースにクラシック調のオスラーのピアノが乗って、品格のある叙情的なムードで迫ってくる。このパターンで襲われると私は弱いんですね。
 そしてベーシスト・ユーリの曲も2曲提供されている。この二人JMT以来、かなりの人間関係が出来上がっているとみる。Stingの曲”Every Little Thing She Does Is Magic ”も登場するところは、やはり現代ミュージシャンというところか。
 最後の2曲”Sad Simplicity ”と”The Edge”を聴くと、ベーシストは即興性を、ピアニストはメロディーと、両者の特徴がうまくかみ合っていることが解る。

 さて、これからが益々楽しみなトリオであるが、アルバム・ジャケも品があると同時に、はっとするところがあって印象深い。良いアルバムに出会えた。

(試聴)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2014年11月 8日 (土)

寺島靖国の看板シリーズ~「for Jazz Audio Fans Only Vol.7」 / A.Galati , R.Olzer

良き演奏は良き録音で・・・・・・A.Galati,   R.Olzer

    <Jazz>

       Yasukuni Terashima Presents 「for Jazz Audio Fans Only Vol.7」   
         TERASHIMA RECORDS ,  TYR1044  ,  2014

V7

 寺島靖国プレゼントとして今年も登場しましたこのシリーズ。これで7年目と言うことですね。まあ彼の「Jazz Bar」シリーズも14年目になり人気がありますが、Audioをかなり意識してのこのシリーズも私にとっては注目品。今年の収録は12曲で・・・・

(収録曲)

01. Roberto Olzer Trio「Gloomy Sunday」
02. Geoff Peters Trio「Stella By Starlight」
03. Alessandro Galati Trio「Softly as in a Morning Sunrise」
04. Cengiz Yaltkaya Trio「Dustin' Away」
05. Tan T'ien「Struggle Through Lucubration」
06. Francesco Marziani Trio 「Myself In Blue」
07. Roger Friedman「Not Quite Yet」
08. Luca Mannutza Trio「Pingoli」
09. Joan Diaz Trio「Muma」
10. Geoff Eales Trio「Iolo's Dance」
11. Ken Peplowski「Maybe September」
12. Samuele Grau etc.「Outro/Sunny Day」

・・・・と、いったところ。

Seals
 私にとっての納得一押しは3曲目の愛するAlessandro Galati Trioの「Softly as in a Morning Sunrise 朝日のように、さわやかに」ですね。これは既にここで紹介したアルバム「Seals」(右)からですが、録音良し、演奏良しの代表格。特に序盤のこの曲のメイン・テーマに入るまでの流れは、最右翼。さすがガラティ・トリオと言いたくなるところでした。(参照:http://osnogfloyd.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/seals-7acb.html
 それに続いて、トップに登場したRoberto Olzer Trioの「Gloomy Sunday」も注目。これは既に2012年リリースのアルバム「Steppin'Out」(Abeat For Jazz / Europe / ABJ2517 / 2012)からですが、クラシック調のジャズ・ピアノがやさしく迫ってくるところは見逃せない。このアルバム私は聴いてなかったのでいやはや今からさっそく何とかしたいところ。
 そして Ken Peplowskiの「Maybe September」のムードが良いですね(アルバム「Maybe September(Capri Records / USA / 74125 / 2013) )。彼のサックスは静かに心に響くところが魅力で、このように静かな夜を描くが如くサウンドは歓迎です。

 聴きどころは今回も満載で、楽しみな一年行事ですね。

(関連視聴) Alessandro Galati "Seals"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Audio | CLASSIC | Progressive ROCK | アイオナ | アガ・ザリヤン | アデル | アヤ | アレクシス・コール | アレッサンドロ・ガラティ | アンジェイ・ワイダ | アンナ・マリア・ヨペク | アヴィシャイ・コーエン | アーロン・パークス | イエス | イタリアン・プログレッシブ・ロック | イメルダ・メイ | イモージェン・ヒープ | イリアーヌ・イリアス | イーデン・アトウッド | ウィズイン・テンプテーション | ウォルター・ラング | エスビョルン・スヴェンソン | エミリー・クレア・バーロウ | エンリコ・ピエラヌンツィ | エヴァ・キャシディ | カレン・ソウサ | ガブレリア・アンダース | キャメル | キャロル・ウェルスマン | キング・クリムゾン | キース・ジャレット | クィダム | クレア・マーティン | ケイテイ・メルア | ケイト・リード | ケティル・ビヨルンスタ | コニー・フランシス | コリン・バロン | ゴンザロ・ルバルカバ | サスキア・ブルーイン | サラ・ブライトマン | サラ・マクラクラン | サンタナ | サン・ビービー・トリオ | ザーズ | シェリル・ベンティーン | シゼル・ストーム | シネイド・オコナー | ショスタコーヴィチ | シーネ・エイ | ジェフ・ベック | ジャック・ルーシェ | ジョバンニ・グイディ | ジョバンニ・ミラバッシ | ジョルジュ・パッチンスキー | スザンヌ・アビュール | スティーヴン・ウィルソン | スティーヴ・ドブロゴス | ステイシー・ケント | ステファン・オリヴァ | スノーウィ・ホワイト | スーザン・トボックマン | セリア | セルジオ・メンデス | ターヤ・トゥルネン | ダイアナ・クラール | ダイアナ・パントン | ダイアン・ハブカ | チャーリー・ヘイデン | ティエリー・ラング | ティングヴァル・トリオ | ディナ・ディローズ | デニース・ドナテッリ | デヴィット・ギルモア | デヴィル・ドール | トルド・グスタフセン | ドリーム・シアター | ナイトウィッシュ | ニコレッタ・セーケ | ニッキ・パロット | ノーサウンド | ハービー・ハンコック | パスカル・ラボーレ | パトリシア・バーバー | ヒラリー・コール | ピアノ・トリオ | ピンク・フロイド | フェイツ・ウォーニング | フランチェスカ・タンドイ | フレッド・ハーシュ | ブッゲ・ヴェッセルトフト | ブラッド・メルドー | ヘイリー・ロレン | ヘルゲ・リエン | ペレス・プラード | ホリー・コール | ポーキュパイン・ツリー | ポーランド・プログレッシブ・ロック | ポール・コゾフ | マティアス・アルゴットソン・トリオ | マデリン・ペルー | マリリオン | マルチン・ボシレフスキ | マーラー | ミシェル・ビスチェリア | メコン・デルタ | メッテ・ジュール | メラニー・デ・ビアシオ | メロディ・ガルドー | モニカ・ボーフォース | ユーロピアン・ジャズ | ヨーナス・ハーヴィスト・トリオ | ヨーナ・トイヴァネン | ラドカ・トネフ | ラーシュ・ダニエルソン | ラーシュ・ヤンソン | リッチー・バイラーク | リリ・ヘイデン | リヴァーサイド | リーヴズ・アイズ | ルーマー | レシェック・モジュジェル | ロジャー・ウォーターズ | ロバート・ラカトシュ | ロベルト・オルサー | ローズマリー・クルーニー | 中西 繁 | 写真・カメラ | 北欧ジャズ | 問題書 | 回顧シリーズ(音楽編) | 女性ヴォーカル | 女性ヴォーカル(Senior) | 女性ヴォーカル(ジャズ2) | 女性ヴォーカル(ジャズ3) | 寺島靖国 | 戦争映画の裏側の世界 | 手塚治虫 | 文化・芸術 | 映画・テレビ | 時代劇映画 | 波蘭(ポーランド)ジャズ | 相原求一朗 | 私の愛する画家 | 私の映画史 | 索引(女性ジャズヴォーカル) | 絵画 | 趣味 | 雑談 | 音楽 | JAZZ | POPULAR | ROCK