メラニー・デ・ビアシオ

2019年3月31日 (日)

寺島靖国プレゼント「For Jazz Vocal Fans Only Vol.3」

 

今回も女性ヴォーカルで満たされた

<Jazz>

Yasukuni Terashima Presents
「For Jazz Vocal Fans Only Vol.3」
 Terashima Records / JPN / TYR-1078 / 2019 

A-41fmv8afgnl

 寺島靖国のコンピレーション・アルバム・シリーズの中ではニューフェースである「Vocal Fans Only」の第3巻目が登場した。彼のシリーズも「Jazz Bar」「Audio Fans Only」「Drums Fans Only」と増加の一途をたどって若干近頃乱発ぎみの為、このシリーズもちょっとどうなのかなぁと不安を抱きながらの購入である。
 過去の二巻、比較的マイナーなところにも焦点を当ててくれて大いに楽しんだことがあった為、どうしても注目してしまうのである。さて今回の3巻目はいかなるところに至ったか、ちょっと見てみることにする。

 

(Tracklist)

1 Carme Canela & Joan Monn / Left Alone (Billie Holiday, Mal Waldron)
2 Pascale Lavoie / Speak Low (Ogden Nash, Kurt Weill)
3 Cara Campanelli / Smile (John Turner, Geoffrey Parsons, Charlie Chaplin)
4 Connie Evingson / Close Your Eyes (Bernice Petkere)
5 Melanie De Biasio / I'm Gonna Leave You (Rudy Stevenson)
6 Orla Murphy / The Old Country (Curtis Lewis, Nat Adderley)
7 Bonnie J Jensen / Just The Two Of Us (Bill Withers, William Salter, Ralph MacDonald)
8 Jane Krakowski / Let's Face The Music And Dance (Irving Berlin)
9 Karolina / If You Go Away (Jacques Brel, Rod McKuen)
10 Lauren Koval and The Page Cavanaugh Trio / Embraceable You (Ira Gershwin, George Gershwin)
11 Anna Luna / What Are You Doing The Rest Of Your Life (Michel Legrand, Alan Bergman, Marilyn Berg man)
12 Kendra Lou / Black Coffee (Paul Francis Webster, Sonny Burke)
13 Lauren Meccia / You Don't Know What Love Is (Don Raye, Gene de Paul)
14 Shannon Forsell / Georgia On My Mind (Stuart Gorrell, Hoagy Carmichael)

A71enc3iflw_1Asonearw_1A-song-of-hope_1

 

 一番の評価はスタートM1"Left Alone"のカルメ・カネラCarme Canelaだろうか、この曲が収録されているアルバム「Ballads」(FSNT559)(上左)は2018年リリースで、それ程話題にはならなかったのだが・・こうして聴いてみると成程「ジャズ批評」で"ジャズオーディオ・ディスク大賞2018"のヴォーカル部門で金賞に選ばれたアルバムだと言える。とにかくこの曲、彼女は哀愁の伴った切なさをもって歌いあげていて聴く者に訴えてくるんですね。私は即、このアルバムを注文してしまった(感想は又いずれ)。
  M2 Pascale Lavoie / Speak Low M5 Melanie De Biasio / I'm Gonna Leave You は、特にMalanie De Biasioは注目。既に私はここで3年前の2016年3月に取り上げたアルバムからである。私の評価は良好ではあるが、そちらを見てもらうということで、ここでは省略だ。
  M3.Cara Campanelli / Smile : アルバム「So Near」(2009)(上中央)より、このアルバムはピアノ等がほぼソロ状態で静かにサポートするスタイルでデュオの形をとっている。 しっとりと彼女の細工のない唄が聴ける。高音も伸びるが低音も魅力あり、ちょっと注目したくなる歌手。Adam Birnbaumのピアノも聴きどころ。
 M9 KaroliNa / If You Go Away も注目。このカロリーナという歌手、ポーランド生まれ、アメリカ在住、ビオラ奏者だという。これがなかなかのヴォーカル、質の良さが伝わってくる。この曲の納められているアルバム「Song of Hope」(RHO7129)(上右)は2016年のリリースで今やプレミアもの。
 M11 Anna Luna / What Are You Doing The Rest Of Your Life :なかなかしっとりと聴かせる。アルバム「Sketches」(FAM22042/2007)(下左)から。
   M12 Kendra Lou / Black Coffee : アルバム「To The End Of The World」(CALI111/2010)(下中央)から。このケンドラ・ルーはデンマーク国籍、このアルバムは殆ど彼女のオリジナル曲で埋め尽くされているが、このスタンダードがここでは選ばれた。情感たっぷりの唄で、意外にユーロ的でないクラシック・ジャズ・ムードがある。
   M14 Shannon Forsell / Georgia On My Mind  : アルバム「The Nearness Of You」(LML CD 254/2011)(下右)から 、これは米国ピアニストで歌手の"スターダスト"を作曲したHoagy Carmichaelのトリビュート・アルバム。ヒット曲"我が心のジョージア"をなかなかの芸達者な歌声で聴ける。

SketchesTo-the-end-of-the-worldThenearnessofyouw

 今回も女性ヴォーカルものになっている。寺島靖国流の選曲にはやはり女性独特の世界を追求する姿勢があって参考になる。ただ少々古いアルバムからの選曲もあって苦労しいる様子が伺えた。もっと新しい発掘に期待したいのだが。

(評価)
▢ 選曲・歌 :  ☆☆☆☆★
▢ 録音        : ☆☆☆☆★

(視聴)  Carme Canela "LEFT ALONE"

  



| | コメント (0)

2018年3月24日 (土)

メラニー・デ・ビアシオMelanie De Biasio 「LILIES」

<My Photo Album (瞬光残像)>       2018-No7

Img_0740trmnw

「異世界」       (Feb. 2018  撮影)


ダークな世界はその止まるところを知らない・・・

<Jazz, Blues, Soul, Rock>
Melanie De Biasio 「LILIES」
Hostess Entertainment / JPN / HSE-4286 / 2017

Liliesw

Melanie De Biasio : Vocals
Pascal Paulus : Piano, electric Guitars, Clavinet
Pascal Mohy : Piano
Dre Pallemaerts : Drums

 個性派女性ジャズ・ヴォーカリストと言えば、なんといってもこのベルギーのメラニー・デ・ビアシオでしょうね。自己のオリジナル曲を中心に彼女の描く世界は類をみないダークの中に社会派とも思えるメッセージを感ずるところだ。又そればかりでなく女性独特の人生観に自己を裏切らずに訴えているところだと思う。しかも唄もうまい。私の最も注目している一人で、ここでは数回目の登場である。

 そのメラニーの最新盤はつい昨年10月に思ったより早くにリリースされた。遅まきながらここに登場だ。
 今回のアルバムは前作のEP盤『BLACKENED CITIES』(PIASLO-50CD/2016)を別にして3枚目のアルバムだ。なにせ1stアルバムが『a stomach is burning』(IGL193/2007)という強烈なタイトルでデビュー、2ndアルバム『NO DEAL』(PIASR-690CDX/2014)では、そのダークな特異性と音楽性の高さによって圧倒的賞賛を得た。そして直近EP盤『BLACKENED CITIES』では、そのダークさと深刻さが一層増し、もう救う道すらあり得ないところまで沈みきった。そしてその後の今作、果たして何処へ行くのかと興味津々であったのだ。

P01rhyd4(Tracklist)
1.  Your Freedom Is The End Of Me *
2.  Gold Junkies *
3.  Lilies *
4.  Let Me Love You *
5.  Sitting In The Stairwell *
6.  Brother *
7.  Afro Blue
8.  All My Worlds *
9.  And My Heart Goes On *

                            (*印 Original)

  例の如く音は少ないが深みがある。又その余韻が効果抜群、そして低音から響くメラニーの歌声。それでも冒頭のM1. "Your Freedom Is The End Of Me"は、過去の一連の曲からすればリズムとメロディーの豊富な流れで音もクリア、前作とは異なるスタート。
 なかなか難解なM2." Gold Junkies" 、これも思いの外アップテンポの軽快な曲。しかし決して彼女のヴォーカルは明るくない。この"黄金の中毒者"(?)というのが彼女の重大テーマ、EP盤の前作から続いている。
  M3. "Lilies"になって、いよいよメラニー節の登場。 暗く不安の世界から何処かに光明があるのか?。
  M4. " Let Me Love You" ラブ・ソング?、深刻の愛?。もちろんメラニーの詩"あなたを愛させて、でなきゃ私を刺し殺して・・・ちゃんと殺して、息を引き取るまで・・・でもベイビー私は生きている、だからあなたは私のものになるはず"。
 彼女はもともとフルート奏者、M7. "Afro Blue"でようやくその音が聴ける。
 M8. "All My Worlds" 深く静かに沈み行く世界に更に深くメラニーのスローな歌声。
 M9. "And My Heart Goes On" 深く陰鬱に、唄うと言うよりは・・語り、しかしそこに不思議なメロデイーが流れている。

Mlaniedebiasiocopyrightcarstenwilde

 相変わらず総じて暗い。彼女の唄声にしても深く重く暗い。しかしそこに引き込むパワーは凄い。相変わらず背筋にゾクゾクくる世界だ。

 メラニー・デ・ビアシオは、ジャズ、ブルース、ソウルの影響を受けるというベルギー出身のまさに個性派シンガー(1978年生まれ、父はイタリア人、母はベルギー人)。その歌唱力と、音と余韻を曲に仕上げる抜群の能力を身につけている。ベルギーの名門大学ブリュッセル王立音楽院で音楽を探究。2007年に発表したデビュー・アルバム『ア・ストマック・イズ・バーニング』から注目を浴び、2ndアルバム『ノー・ディール』は絶賛を浴びた。2015年、2016年と"モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン"出演のため来日している。

  • (評価)
    □曲・演奏     ★★★★☆
    □唄             ★★★★★
    □録音          ★★★★☆
  • (視聴)

    **

    | | コメント (2) | トラックバック (0)

    2016年9月 7日 (水)

    メラニー・デ・ビアシオMelanie De Biasioの1st「a stomach is burning」

    ブルーな世界、憂鬱なる哀愁によって描かれる「メラニーの奥深い心情の世界」

    <Contemporary Jazz,  Soul>
    Melanie De Biasio 「a stomach is burning」
    Igloo / EU / IGL193 / 2007


    Astomachw
    <a atomach is burning> was a "3 days live session"recorded and mixed in Dec.2006 at Igloo Studio by Daniel Léon

    MELANIE DE BIASIO (vocal)
    PASCAL MOHY (P)
    PASCAL PAULUS (HAMMOND他)
    TEUN VERBRUGGEN (DS)
    AXEL GILAIN (B)
    FEAT.STEVE HOUBEN (SAX,FL)

    Melaniedebiasio ベルギーの個性的異色女性シンガーのメラニー・デ・ビアシオは、有能なコンポーザーでもあり、どうも私の気になるところである。
     その為なんとなくいろいろと知りたくなるのだが、その結果、この1stアルバムも、しばらく前に海外発注で手に入れてみたものである(今から9年前のリリースものであるのだが)。
     そこで、このアルバムを考察してみたいのだが、彼女を取りあげるのはこれで3回目ということになってしまった。

     彼女には自己名義のアルバムが3枚ある。その3枚を私の場合は、2nd『No Real』2014)から聴いて、次に3rd『Blackened Cities』(2016)を、そしてその後この1st(2007)という順に聴いたんですが、異色性は1st<2nd<3rdの順にニューアルバムに従って濃くなり、この1stも異色ではあるが最も一般ジャズに近いアルバムだった。

     このアルバムでも、彼女のヴォーカルは近代ジャズ演奏とともにその芸の域は深い。声の質も中低音に幅の広さがあり端麗ヴォイス、高音域はクリアーで快感。2ndで受けた印象通りのブルーな世界、憂鬱なる哀愁が漂っていて、しかしそこには彼女の不思議な魅力が溢れている。歌詞は英語であるが歌詞カードが無いため詳しくは知り得ていないが、ここには彼女の奥深い心情の世界が訴えられているのでは?と思うところ。
     ”a stomach is burning”という曲があり、アルバム・タイトルにもなっているのだが、”胃が焼ける”という意味なのか”欲望が燃える”との意味なのか?不明だ。
     しかし既にこの1stから、独特な「メラニー・デ・ビアシオ世界」が築かれていてお見事。

    (Tracklist)
    1 DWON *
    2 A STOMACH IS BURNING *
    3 NEVER GONNA MAKE IT *
    4 MY MAN'S GONE NOW *
    5 BLUE
    6 LET ME LOVE YOU *
    7 THE LATEST LIGHT OF LOVE
    8 CONVICTIONS *
    9 ONE TIME *
    10 LES HOMMES ENDORMIS
    (*印 Comp. M. De Biasio)


    Bando5  曲は彼女自身の手によるものと、このアルバム・メンバーの曲が中心で、基本的にはオリジナル曲構成のアルバム(←)。

     アメリカン・スウィング・ジャズの軽快にして気持ちを高揚させるものとは全く異なるところで、ジャズ形式も多彩で゛、ブルースあれば、ファンクそしてスウィングもみられる。
     そのバック演奏は、全体にスローではあるがそこにあるスリリングな演奏によって緊張感たっぷりの陰影を描ききる。このあたりからも、かなり洗練されたバンド・メンバーであることが解るが、特にヴォーカルとのバランスにおいてもその締める位置も控えめではあるが、ジャズ演奏の質の高さは、クールな中に繊細な演奏を極め、キラリと光るものを感ずる。特にピアノ、サックスのジャズィーな競合は聴くに十分な味を堪能させる。そしてメラニーの物語調のバラード歌唱を支えるのだ。

     いや~~、これも埋もらせては惜しい異色の名盤である。

    (視聴)

    | | コメント (2) | トラックバック (0)

    2016年8月20日 (土)

    メラニー・デ・ビアシオMelanie De Biasioの問題作「BLACKENED CITIES」

    ロック、ソウルからの発展型?=異色の女性ヴォーカル・ジャズ

       <Soul, Jazz, Alternative Rock
       Melanie De Biasio「BLACKENED CITIES」
       Play It Again Sam / UK / PIASLO-50CD / 2016

    Blackenedcities3

      (Tracklist)
       M1.Blackened Cities   24:14

     ベルギーの異色の個性派女性ジャズ・シンガーのメラニー・デ・ビアシオ。彼女の最新作3rdアルバムだ(このアルバムは約25分の1曲のみ)。
     これを取りあげたいために、先日彼女の前作2ndアルバム(2014年『ノー・ディールNo Deal』((参考) ”Melanie De Biasio「No Deal」” ))を紹介した訳だが、この3rdアルバム『BLACKENED CITIES』は、更に負けず劣らずの衝撃の問題作である。私にとっては今年の注目作の最右翼。

      このアルバム(というかこの曲)は、明らかに社会派の作品とみれる。まずジャケからみても暖かさの感じられない工業都市のモノクロ写真。真っ黒な雲の合間からさす逆光によって浮き出る工業建造物の影は印象深い。そこに果たして人間の世界はどのように構築されているのか?、そして人間性の回復は得られたのか?、まずそんなテーマを感ずるアルバム・ジャケなのだ。
     この”Blackened Cities”という作品、”黒ずんだ工業都市”ということなのだろうが、メラニーが18歳までに過ごした事のある街、マンチェスター(英国)、デトロイト(米国)、バルバオ(スペイン)そして地元でもあるシャルルロワ(ベルギー)などの脱工業地域の街の風景から、インスピレーションを得て完成させたものだという。
    Mdb
     曲は深く暗く静かにして荒涼たる世界を聴く者に描かせるところから始まり、メラニーの美しい中・低音の訴えかけるようなヴォーカルが静かにスタートする。繰り返し歌え上げる”goldjunkies”という言葉が焼き付けられる。
     明らかに、「黒ずんだ工業都市」にうごめいてきた人達の生活は・・・・・そこにはこの曲が描くところにみるとおり”明るさ”というものは感じとれない。彼女はこの曲によってこのような都市の再生を期して歌うのであろうか?・・・それに関しては、今聴いている私には解らない。
     前作『ノー・ディール』とはテーマは異なるところであろうが、その暗さはやはり共通している。しかしそこに響くメラニーの歌声が、妙に暖かく美しく心に響いてくるのである。

    Bcs このアルバム製作に当たっては、メラニー自身の発想と曲づくりから行われているが、ブリュッセル王立音楽院で出会ったバンド・メンバーや気の知れたアーティスト達と本作を作り上げようだ(←参照)。

    Melanie De Biasio : Voice, Flute
    Pascal Mohy - Piano
    Sam Gerstmans - Double Bass
    Dre Pallemaerts - Drums
    Pascal Paulus - Synth, Backing Vocals
    Bart Vincent - Backing Vocals

    Mdb1

     メラニー・デ・ビアシオは、1978年7月12日、ベルギーのCharleroiに生まれ38歳、フルート奏者にしてコンポーザー。紹介は前回アーティクルを見てもらうことで省略するが、彼女のアルバムは既に世界的に評価が高く、2015年度「ヨーロピアン・ボーダーブレーカーズ(EBBA)賞」を受賞している。

     コンセプティブな発想が盛り込まれていることや、その曲のタイプからも、Jazz分野から見ればContemporary Jazz、 Crossover Jazz、Club Jazz、 Experimental Ambientと言えるのか、一方Rock側からも、Alternative Rock として評価されたりで、一種のProgressive Rockとも言えるところにある。こんなところからもおおよその彼女の世界が見えてくるところである。
     とにかくJazz界からは、その曲の異色性からも関心度が高く、抜群の歌唱力と相まってクールにして、聴きようでは熱い心が感じられ、その矛盾した世界は高評価を持って注目されているわけだ。
     ある紹介によると、彼女は、影響を受けたミュージシャンとしてNina Simone, Betty Davis, Abbey Lincoln, Betty Carter, Funkadelic, Billie Holiday,Siouxsie and The Banshees, Duke Ellington, Sly and The Family Stone, Delroy Washington, burning spearなどの名が挙げられている。

      取り敢えずの評価としては、私が興味を持った前作『No Deal』を彼女のアルバムとしては、お勧めだ。

    (視聴) ”Blackened Cities”

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2016年8月 6日 (土)

    (問題盤)メラニー・デ・ビアシオMelanie de biasio 「NO DEAL」

    ベルギーからの物憂い陰影漂う完璧なジャズ・ヴォーカル
        ~このダークなムードは??~

          <Jazz>
                
    Melanie de Biasio「NO DEAL」
          Hostess Entertainmen / UK / PIASR-690CDX / 2014

    Nodeal
    MELANIE DE BIASIO(vo, flute)
    DRE PALLEMAERTS(ds)
    PASCAL PAULUS(clavinet analog synths)
    PASCAL MOHY(p)

     なんと言っても評価が難しく、私のところで埋もれていたアルバムを今この夏に登場させる。とにかく重い、深く暗い、ジャケの黒そのもの、その響き渡る物憂げな歌声。そしてそれは欠点の無い恐ろしいほどの完璧なジャズ・ヴォーカル。

    (Tracklist) 1.I Feel You   2.The Flow   3.No Deal    4.With Love   5.Sweet Darling Pain   6.I'm Gonna Leave You   7.With All My Love

      唄うは、ベルギーの個性派シンガー、メラニー・デ・ビアシオMelanie de biasio 。ビリー・ホリデイの再来かと比較され期待されているが?。
     このアルバムは彼女がデビューしてから7年目の2014年リリースの2ndアルバムだ。そしてこのアルバムを今となってここに登場させるのは、現在3rdアルバム( 『Blackened Cities』(PLAY IT AGAIN SAM / UK / PIASLO 50 CD / 2016))もリリースされ、それにも焦点を当てたいからである。

     とにかく彼女はフルートを演ずるが、このアルバムでのヴォーカルはその録音もやや残響を聴かせホール感を十分に出したもので、クールにして官能的なところがあり、その深さは尋常では無い。
     又曲の仕上げはなかなか現代的であり、スムースジャズとして評価も受けている。
     このアルバムは上記のとおり7曲の30分少々の短いものだが、過去に無かった世界で強烈な印象を受ける。最近で言うとメロディ・ガルドーのアルバム『CURRENCY of MAN』 に近い印象のところもあって、若干ロックっぽいところも私には好評、その重厚な陰影の世界はまさにピカイチ。

    Resize_1464360147
     紹介文はこんなところだ・・・・→「古き良きジャズ、ブルース、ソウルの影響を受けるメラニーはベルギーの名門大学、ブリュッセル王立音楽院で音楽の才能を開花させ、2007年に『Stomach Is Burning』でアルバム・デビュー。母国ベルギーやフランスなどのフランス語圏の国で高い評価を受けた。クラシック・ダンスからフルート、ヴォーカルの勉強を続けてきた彼女の歌声はビリー・ホリデイやニーナ・シモンを彷彿とさせ、本作からは大人のスムースジャズのフレイヴァーが漂う。またポーティスヘッドなどのトリップ・ホップの世界観も見事に表現している」・・・・・・と。

    A328269114659421017140_jpeg さて、このアルバムは「好きか?」と聞かれれば、私は即「好きだ」と言える。それほど暗い中にバック陣のハイレベルな演奏と曲仕上げ、重厚な魅力のあるヴォーカルが漂っているからだ。ちょっと類の無い恐ろしいどちらかというとクールなヴォーカルのコンテンポラリー・ジャズ・アルバムだ。

     本人に言わせると・・・・・・・・”前作と比べるとよりジャズの要素が少なくなっていると思う。空間の広がり、反響するものがそこにはあって、もっとインディーでアンダーグラウンドな雰囲気を出すことができた。プロデュース、ミックス、マスタリング……すべての工程に私が関わったから、より私らしい作品になったわ”・・・・・・・と。
     彼女の意志がこの世界を構築しているようだ。やっぱり恐ろしい。

     このアルバム聴いたことのある方は・・・・是非感想聞かせてください!!(聴く人により、いろいろな感想があるのでは?と思うのである)

    (視聴)

    ① ”The Flow

    ② ”.I'm Gonna Leave You

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    その他のカテゴリー

    Audio CLASSIC Progressive ROCK アイオナ アガ・ザリヤン アデル アヤ アレクシス・コール アレッサンドロ・ガラティ アンジェイ・ワイダ アンナ・マリア・ヨペク アヴィシャイ・コーエン アーロン・パークス イエス イタリアン・プログレッシブ・ロック イメルダ・メイ イモージェン・ヒープ イリアーヌ・イリアス イーデン・アトウッド ウィズイン・テンプテーション ウォルター・ラング エスビョルン・スヴェンソン エスペン・バルグ エミリー・クレア・バーロウ エミール・ブランドックヴィスト エンリコ・ピエラヌンツィ エヴァ・キャシディ カレン・ソウサ ガブレリア・アンダース キャメル キャロル・ウェルスマン キング・クリムゾン キース・ジャレット クィダム クレア・マーティン ケイテイ・メルア ケイト・リード ケティル・ビヨルンスタ コニー・フランシス コリン・バロン ゴンザロ・ルバルカバ サスキア・ブルーイン サラ・ブライトマン サラ・マクラクラン サラ・マッケンジー サンタナ サン・ビービー・トリオ ザーズ シェリル・ベンティーン シゼル・ストーム シネイド・オコナー ショスタコーヴィチ シーネ・エイ ジェフ・ベック ジャック・ルーシェ ジョバンニ・グイディ ジョバンニ・ミラバッシ ジョルジュ・パッチンスキー スザンヌ・アビュール スティーヴン・ウィルソン スティーヴ・ドブロゴス ステイシー・ケント ステファン・オリヴァ スノーウィ・ホワイト スーザン・トボックマン セリア セルジオ・メンデス ターヤ・トゥルネン ダイアナ・クラール ダイアナ・パントン ダイアン・ハブカ チャーリー・ヘイデン ティエリー・ラング ティングヴァル・トリオ ディナ・ディローズ デニース・ドナテッリ デヴィット・ギルモア デヴィル・ドール トルド・グスタフセン ドリーム・シアター ナイトウィッシュ ニコレッタ・セーケ ニッキ・パロット ノーサウンド ハービー・ハンコック パスカル・ラボーレ パトリシア・バーバー ヒラリー・コール ビル・ギャロザース ピアノ・トリオ ピンク・フロイド フェイツ・ウォーニング フランチェスカ・タンドイ フレッド・ハーシュ ブッゲ・ヴェッセルトフト ブラッド・メルドー ヘイリー・ロレン ヘルゲ・リエン ペレス・プラード ホリー・コール ボボ・ステンソン ポーキュパイン・ツリー ポーランド・プログレッシブ・ロック ポール・コゾフ マティアス・アルゴットソン・トリオ マデリン・ペルー マリリオン マルチン・ボシレフスキ マーラー ミケーレ・ディ・トロ ミシェル・ビスチェリア メコン・デルタ メッテ・ジュール メラニー・デ・ビアシオ メロディ・ガルドー モニカ・ボーフォース ユーロピアン・ジャズ ヨアヒム・キューン ヨーナス・ハーヴィスト・トリオ ヨーナ・トイヴァネン ラドカ・トネフ ラーシュ・ダニエルソン ラーシュ・ヤンソン リサ・ヒルトン リッチー・バイラーク リリ・ヘイデン リン・エリエイル リン・スタンリー リヴァーサイド リーヴズ・アイズ ルーマー レシェック・モジュジェル ロジャー・ウォーターズ ロバート・ラカトシュ ロベルト・オルサー ローズマリー・クルーニー 中西 繁 写真・カメラ 北欧ジャズ 問題書 回顧シリーズ(音楽編) 女性ヴォーカル 女性ヴォーカル(Senior) 女性ヴォーカル(ジャズ2) 女性ヴォーカル(ジャズ3) 寺島靖国 戦争映画の裏側の世界 手塚治虫 文化・芸術 映画・テレビ 時事問題 時代劇映画 波蘭(ポーランド)ジャズ 相原求一朗 私の愛する画家 私の映画史 索引(女性ジャズヴォーカル) 絵画 趣味 雑談 音楽 JAZZ POPULAR ROCK SONYα7