シェリル・ベンティーン

2016年8月17日 (水)

シェリル・ベンティーンCheryl Bentyneのソロ・アルバム考察(2)

グループ・ヴォーカルからソロ・ヴォーカル・アルバムの成功

 前回に続いて、シェリル・ベンティーンCheryl Bentyneのソロ・ヴォーカル・アルバムを聴き込んでいると、その二十数年の歴史においての変遷が結構面白い。
 ここでは、むしろ彼女のその初期から中期のアルバムをチェックしてみよう。

<Jazz>
Cheryl Bentyne  『something cool』
columbia / US / ck48506 / 1992

Somethingcool_2

Cheryl Bentyne(voc.), mark Isham(trump, Flgel), Chuck Damonico(bass), Kurt Wortman(dum.), Corey Allen(piano)

1. Something Cool 
2. Les Modernes (Still They Tango)
3. Les Enfants

4. Fever
5. Moonray
6. Invitation

7. Daydream
8. Let's go out tonight

9. Lonely house
10. I didn't know about you

 ベンティーンが今から24年前若き38歳の華々しき時のアルバム。ヴォーカル・グループ「マンハッタン・トランスファー」にあってのこれが彼女の1stソロ・アルバムという新展開を狙った試み。
 近年の中低音域のソフトなヴォーカルものと明らかに違って、グループでソプラノ・ジャズ歌手としての役を担っているだけあって、そのソプラノの味を十分発揮しているヴォーカル・アルバムである。

3294_9 スタートのM1.”Something Cool” は、ストリングスがバックにあってアメリカ・ミュージカル映画のサウンドトラック調でり、はたまたM2.”Les Modernes (Still They Tango)”では、ジャズそのもので、トランペットの響きとピアノ・トリオがバックを支える中にしっとりと歌い上げる。
 そしてM3.” Les Enfants”はピアノなしのフルーゲルホーンとパーカッションの活きたバック演奏でムードは一変、ヴォーカルはやっぱりソプラノ域が中心。
 続くM4.”Fever”は、ベース、パーカッションの軽快なリズムに乗ったジャズの展開を堪能させる。
 更にM5.”Moomray”、M7”Daydream”は一転して深遠な世界を歌い込む。
 曲によって、ジャズといってもそのパターンは多彩で、近年の聴きやすさのJazzy not Jazz路線寄りのものと違って、彼女なりきのジャズへの挑戦の姿が感じられるなかなかの傑作である。彼女の一連のアルバムの中でも異色でありながら、評価されるべきものだと思う。

さて、ついでに・・・・

<Jazz>
Cheryl Bentyne  『Talk Of The Town』
バトルホイール/JPN / KICJ439 / 2002

Talk_of_the_town_2_3

CHERYL BENTYNE(vo),KENNY BARRON(p),LEWIS NASH(ds),JOHN PATITUCCI(b)

1. ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ
2. 誰も奪えぬこの想い
3. リトル・バタフライ(パノニカ)
4. ザ・ベリー・ソート・オブ・ユー
5. ラブ・ミー・オア・リーブ・ミー
6. エブリシング・ハプンズ・トゥ・ミー
7. ファーマーズ・マーケット
8. ザ・トーク・オブ・ザ・タウン|ゲット・アウト・オブ・タウン
9. ガール・トーク
10. ザ・ミーニング・オブ・ザ・ブルース
11. 春の如く
12. ジーズ・フーリッシュ・シングス
13. スティル・グッド・フレンズ

  このアルバムはジャズ・アルバムそのもの。バックのジャズ演奏においてもKenny Barron以下のメンバーの魅力が感じられ、それに乗っての彼女のリズムカルな歌と、一方ムーディーなヴォーカルも冴えている。更に歌唱力を訴える曲も盛り込んでのなかなかの良盤ですね。彼女の完成型の表現アルバムと言っておきたい。

 こうして聴いているとシェリル・ベンティーンってなかなか技巧派であることが実感するところである。

(試聴) ”Moonray”

”You'd Be So Nice To Come Home To”

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月13日 (土)

シェリル・ベンティーンCheryl Bentyneのソロ・アルバム考察(1)

ベテランのムーデイーなヴォーカル・アルバムは味なものだ

564017_10150756819470851_922965618_  何故か、CDアルバムを少々持ちながらここで取りあげなかった女性ヴォーカリストとしてこの米国のベテラン・シンガーのシェリル・ベンティーンCheryl Bentyneがいる。
 彼女の最新アルバムは今までにリリースしたアルバムからのベスト盤での『Lost Love Songs』(Summit Records 2016)だろうか、ここ何年か彼女の新作には触れて来ていない。

 彼女は男2+女2の4人ジャズ・ヴォーカル・グループ「The Manhattan Transfer」のメンバーで、このタイプのジャズ・ヴォーカルはどうも私の好みと違っていて何となく敬遠してしまっていた。
 しかし彼女はもう60歳を超えてのベテラン、従って彼女を中心として(ソロ)のアルバムは現在まで14枚リリースされているが、その中の『The Book of Love』(Telarc Distribution 2006)、 『Sings "Waltz for Debby"』(king 2004)、 『Something Cool』(Columbia 1992)の3枚のアルバムは私のいつも聴ける棚に鎮座している。その為ふと良く拝見しているジャズ愛好家のブログで彼女のアルバムに触れているのを拝見すると、そうそう・・・と釣られてなんとなく聴くことになるのである。
  そして最近、爵士さんからも『MOONLIGHT SERENADE』(King 2003)、『Talk Of The Town』 (Telarc 2003)の2アルバムを聴かせて頂いて、なんとなく彼女の世界も頭に描けるところに至っています。

そんな訳でこのあたりで取りあげておくと言うことになったのだ。

<Jazz>
Cheryl Bentyne 「Sings "Waltz for Debby"」 
KING / JPN / KICJ 477 / 2004 

 
Waltz_for_debby_2Cheryl Bentyne(vo)  Kenny Barron (p)  Ray Drummond (b)

1.Last night when we were young
2.Blue moon
3.The boy next door
4.I must have that man
5.But Beautiful
6.Thou swell
7.When your lover has gone
8.Easy living
9.In a Sentimental mood
10.Stopin' at the savoy
11.I get along without you very well
12.Walts for debby

                 *      *     *     *     *     *

<Jazz>
Cheryl Bentyne 「The Book of Love」
TELARC / US / CD83652 / 2006


The_bbok_of_loveCHERYL BENTYNE(vo) JOHN PIZZARELLI(vo),  MARK KIBBLE(vo),ALVIN CHEA(vo)

1. YOU DON'T KNOW ME
2. BE MY LOVE
3. BLUE MOON
4. LET'S DO IT
5. DON'T SAY A WORD
6. THE BOOK OF LOVE
7. YOU TAUGHY MY HEART TO SING
8. YOU GO TO MY HEAD
9. CRY ME A RIVER
10. I'M A FOOL TO WANT YOU
11. GOODBYE
12. THE BOOK OF LOVE (REPRISE)

 この2枚のアルバムが取り敢えずここ10年来の中での愛着ものである。彼女のソロ・アルバムはあの「The Manhattan Transfer」ものとちょっと違って、所謂スタンダード曲を中心にバラード調のムーディーなジャズ・ヴォーカルを展開してくれてなかなか聴き心地が良い。そして彼女の声はグループではソプラノ領域の担当ではあるが、これらのソロ・アルバムでは中低音になかなかソフトにして説得力のある魅力があり良いですね。高音域はそれなりに特徴あり若い時と違って若干堅めにハスキーなって、イマイチと感ずるところもある。そうは言っても全体にはテクニック的にも百戦錬磨のジャズ・ヴォーカルで好感度抜群で迫ってくる。

 アルバム『The Book of Love』の方は、近年流行のパターンであるストリング・オーストラをも導入してムーディーに仕上げていて、こちらの方が一般受けするのかも知れない。ただ私の好みとしては、どちらかというとアルバム『Sings "Waltz for Debby"』に軍配を挙げる。これはピアノにKenny Barron 、ベースにRay Drummond の二人のみのバックで、ジャズ因子が高く、バラードをしっとりと歌い上げてくれて更に好感度抜群なんですね。まあそれぞれ好みはひとによって違うとは思うところだが・・・・・。

Manhattantransfer シェリル・ベンティーンは、1954年1月17日米国ワシントン州生まれ。父はディキシーランド・ジャズのクラリネット奏者であった。それによったかどうか解らないが、高校の時からクラブで歌い始めたようだ。卒業後はスウィング・ジャズのバンドに入る。79年にオーディションを受け、ローレル・マッセイの後任のソプラノ担当としてジャズ・ヴォーカル・グループ「マンハッタン・トランスファー」に加入し活躍。92年になって初のソロ・アルバム『Something Cool』を発表し好評、ソロのジャズ・シンガーの道も歩み始める。

・・・・と、言うところが私のシェリル・ベンティーンのお話。
  実は彼女の1stアルバム『Something Cool』(Columbia 1992)は、既に20年以上前になるので、今回触れなかったんですが・・・、これが彼女のアルバムとしては実に中身が多彩にして快作であるので、次回に触れたいと思っている。

(視聴)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Audio | CLASSIC | Progressive ROCK | アイオナ | アガ・ザリヤン | アデル | アヤ | アレクシス・コール | アレッサンドロ・ガラティ | アンジェイ・ワイダ | アンナ・マリア・ヨペク | アヴィシャイ・コーエン | イエス | イタリアン・プログレッシブ・ロック | イメルダ・メイ | イモージェン・ヒープ | イリアーヌ・イリアス | イーデン・アトウッド | ウィズイン・テンプテーション | ウォルター・ラング | エスビョルン・スヴェンソン | エミリー・クレア・バーロウ | エンリコ・ピエラヌンツィ | エヴァ・キャシディ | カレン・ソウサ | キャメル | キャロル・ウェルスマン | キング・クリムゾン | キース・ジャレット | クィダム | クレア・マーティン | ケイテイ・メルア | ケティル・ビヨルンスタ | コニー・フランシス | コリン・バロン | ゴンザロ・ルバルカバ | サラ・ブライトマン | サラ・マクラクラン | サンタナ | ザーズ | シェリル・ベンティーン | シネイド・オコナー | ショスタコーヴィチ | シーネ・エイ | ジェフ・ベック | ジャック・ルーシェ | ジョバンニ・グイディ | ジョバンニ・ミラバッシ | ジョルジュ・パッチンスキー | スザンヌ・アビュール | スティーヴン・ウィルソン | スティーヴ・ドブロゴス | ステファン・オリヴァ | スノーウィ・ホワイト | セルジオ・メンデス | ターヤ・トゥルネン | ダイアナ・クラール | ダイアナ・パントン | ダイアン・ハブカ | チャーリー・ヘイデン | ティエリー・ラング | ティングヴァル・トリオ | ディナ・ディローズ | デニース・ドナテッリ | デヴィット・ギルモア | デヴィル・ドール | トルド・グスタフセン | ドリーム・シアター | ナイトウィッシュ | ニッキ・パロット | ノーサウンド | ハービー・ハンコック | パトリシア・バーバー | ピアノ・トリオ | ピンク・フロイド | フェイツ・ウォーニング | フランチェスカ・タンドイ | フレッド・ハーシュ | ブラッド・メルドー | ヘイリー・ロレン | ヘルゲ・リエン | ペレス・プラード | ホリー・コール | ポーキュパイン・ツリー | ポーランド・プログレッシブ・ロック | ポール・コゾフ | マティアス・アルゴットソン・トリオ | マデリン・ペルー | マリリオン | マルチン・ボシレフスキ | マーラー | ミシェル・ビスチェリア | メコン・デルタ | メラニー・デ・ビアシオ | メロディ・ガルドー | モニカ・ボーフォース | ユーロピアン・ジャズ | ヨーナス・ハーヴィスト・トリオ | ラーシュ・ダニエルソン | リッチー・バイラーク | リリ・ヘイデン | リヴァーサイド | リーヴズ・アイズ | ルーマー | レシェック・モジュジェル | ロジャー・ウォーターズ | ロバート・ラカトシュ | ロベルト・オルサー | ローズマリー・クルーニー | 中西 繁 | 写真・カメラ | 北欧ジャズ | 問題書 | 回顧シリーズ(音楽編) | 女性ヴォーカル | 戦争映画の裏側の世界 | 手塚治虫 | 文化・芸術 | 映画・テレビ | 時代劇映画 | 波蘭(ポーランド)ジャズ | 相原求一朗 | 私の愛する画家 | 私の映画史 | 絵画 | 趣味 | 雑談 | 音楽 | JAZZ | POPULAR | ROCK