シゼル・ストーム

2020年11月10日 (火)

寺島靖国 Yasukuni Terashima Presents 「For Jazz Vocal Fans Only vol.4」

華やかに14歌姫の登場

<Jazz>

Yasukuni Terashima Presents 「For Jazz Vocal Fans Only vol.4」
TERASHIMA RECORDS / JPN / TYR-1093 / 2020

61qxlnubrzl900_20201109223101

  今年も無事リリースされた寺島靖国のコンピレーション・アルバム「ジャズ・ヴォーカル・ファン 第4巻」、今年も14人の女性のオンパレードだ。このところのジャズ・ヴォーカルは完全に女性に席捲されている現在、当然と言えば当然のことである。
 さて今年は、選ばれた14枚のアルバムだが、私が所持しているのは5枚止まりだった。寺島靖国は、このアルバム作成においてはできるだけマイナーなミュージシャンを選ぶようにしているようで、その為ここでは実は私は知らなかったアルバムが多いことを期待しているところがある。つまり新しい発見が大歓迎なんですね。そんな訳でこれはなかなか良さそうだと初めて知ったアルバムがあると手に入れて聴くのが例年の楽しみでもあるのである。

(Tracklist)
1. Close Your Eyes [Saskia Bruin] 3:26
2. Manha De Carnival [Karen Lane] 4:05
3. I'll Be Seeing You [Beth Goldwater] 3:34
4. From The Inside Out [Lauren Henderson] 6:30
5. Johnny Guitar [Carol Welsman] 2:28
6. That Old Feeling [Alma Mi?i?] 3:47
7. I Didn't Know About You [Sidsel Storm] 3:36
8. Get Out of Town [Hetty Kate] 3:11
9. Stardust [Emma Pask] 6:35
10. I Concentrate On You [Callum Au & Claire Martin] 6:57
11. Deep In A Dream [Gretje Angell] 5:25
12. Let's Face The Music And Dance [Cajsa Zerhouni] 4:24
13. Windmills Of Your Mind [Stefanie Schlesinger] 6:55
14. The Carioca [Kimba Griffith] 5:05

  収録曲は、取り敢えず上のリストにみるような14曲だが、オープニングは低音の魅力のサスキア・ブルーイン、彼女は何時も聴いている一人。そしてまあ何と言ってもこの中でもガッチリ自己の立場を固め、トップクラスの圧力が感じられるのはキャロル・ウェルスマン(M5)、クレア・マーチン(M10)でしたね。何時もアルバムを持っていて聴いているこの二人の他に、私が既に聴いてきたのはシゼル・ストーム(M7)、ヘティー・ケイト(M8)、キンバ・グリフィス(M14)あたりである。従って彼女らは初ものでなくちょっと空しかったが、初もので結構興味を持ったヴォーカリストも何人かいて喜んでいる。

61tttcpncil_ss500_100652889141ijszvtycl_ac_

 私にとっての初もの、まずその一人がM3."I'll Be Seeing You "のベス・ゴールドウォーター(上左)ですね、ちょっと一瞬カレン・ソウザを思い起こす歌いっぷりで面白いし、高音がひっくり返るところは、ヘイリー・ロレンだ。早速アルバム注文した。
 そして
 M4."From The Inside Out"のローレン・ヘンダーソン、ここではデュエットものだが魅力的。
 M6."That Old Feeling "のアルマ・ミチッチ、セルビアの出身とか、力みの無いところがむしろ刺激的。
 M.9." Stardust"のエマ・パスク、オーストラリア出身とか、なんとなくあどけなさの残った発声が引きつける(上中央)。
 M11."Deep In A Dream"のグレッジェ・エンジェルもなかなか柔らかさがあっていいですね(上右)。
 M13." Windmills Of Your Mind"のステファニー・シュレジンガー、彼女はドイツ出身で、歌のこなしがお見事。
 以上、この6人のアルバムは聴いてなかった中でも注目株として捉えた。是非ともそれぞれのアルバムにアプローチしたい。(下にアルバム取上げる)

(試聴 ↓ Beth Goldwater)

      ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 ところで注目したアルバムの中で、何と言っても「ジャケ」が気に入ったのが、M13のステファニー・シュレジンガーだ。これは取り敢えず"ジャケ買い"をしてみようと仕入れてみた。(↓)

<Jazz>

Stefanie Schlesinger 「REALITY」
HIPJAZZ RECORDS / GERM / HIPJAZZ 012  / 2017

710xjzhh5sl900

STEFANIE SCHLESINGER(vo)
WOLFGANG LACKERSCHMID(vib)
MARK SOSKIN(p)
JOHN GOLDSBY(b)
GUIDO MAY(ds,per)
RYAN CARNIAUX(tp-3,8,9,12)

  どうですか、なかなかジャケ買いしそうなのが解りますか、彼女はドイツ・ハンベルグ出身1977年生まれのシンガーだ。声も低音から高音まで標準的に見事に美しく歌う。曲もなんとビートルズの"Fool on the Hill"があったりして是非聴いてみたいと思ったところ。
 私的には彼女は高音は張り上げずに静かに歌い上げた声の方がいい。寺島靖国がライナーで書いているように歌が旨い、そしてその特徴の出ているこのアルバムのM9."Windmills of Your Mind"のスタンダード曲が彼によって選ばれている。
 アルバム冒頭M1."Parole, Parole"は、ラテンタッチだが、彼女が好きなのか、しかしあまり向いていないように思うが。
 M2."The Summer Knows"、M7."With You"、M11."Munich Butterfly"のバラードものはなかなかいけると言う感想で、私は彼女はその方が魅力的で良いと思う。
 注目したM10."Fool on the Hill"は見事にジャズに変身してバック陣もそれなりの演奏で聴き応え十分だった。

Stefanieschlesinger20170616074135 (Tracklist)
1.Parole, Parole
2.The Summer Knows
3.Reality
4.Hotel Shanghai
5.Com Amor, Com O Mar
6.Ganz leise
7.With You
8.Hurra, wir leben noch
9.Windmills of Your Mind
10.Fool on the Hill
11.Munich Butterfly
12.The Winner Takes It All

(評価)
□ 編曲・歌  85/100
□ 録音    85/100

(参考視聴)

| | コメント (0)

2019年6月15日 (土)

シゼル・ストームのニュー・アルバム Sidsel Storm 「AWAKE」

ソフトでテンダリーな円熟ムードで

108609860x484

<Jazz>

Sidsel Storm 「AWAKE」
 CALIBRATED / JPN /  CALI146 / 2019

41xv9jeallw

Sidsel Storm (vocal)
Magnus Hjorth (piano)
Lasse Mørck (double bass except 9)
Snorre Kirk (drums except 9)
Tobias Wiklund (cornet on 1, 2, 3, 4, 5)

*guests:
Pernille Kristiansen (violin on 6)
Jenny Lüning (viola on 6)
Nicole Hogstrand (cello on 6)

 シゼル・ストームSidsel Stormのニュー・アルバム、考えてみると久しぶりのような感じだが、前作は「CLOSER」(2015)だと思うで4年ぶりという事になるか。手持ちとしては4枚目のアルバムとなる。今までのアルバムはラーシュ・ヤンソンとかヤコブ・カールソン、マグネス・ヨルトといった欧州人気ピアニストのバックでのヴォーカル・アルバムであったので、それも手伝って結構人気があった。
 彼女はデンマークの美人歌手として紹介がされて、端正な清澄ヴォイスとして評価もある。今回のアルバムは久しぶりという事での彼女に進化があるか、期待をこめて興味津々で聴いたところだ。

(Tracklist)

1. Comes Love (Stept/Brown/Tobias)
2. The Road (Hjorth/Storm)
3. You're Getting To Be A Habit With Me (Warren/Dubin)
4. I Didn't Know About You (Ellington/Russell)
5. Back To You (Hjorth/Storm)
6. I Got It Bad (And That Ain't Good) (Ellington/Webster)
7. All Through The Night (Porter)
8. Too Marvelous For Words (Whiting/Mercer)
9. Awake (Otto/Storm) (vocal & piano duo)

Sidsel  まず聴いての感想は、彼女の瑞々しく誠実感あるどちらかというと優し気な温かみある美声派は変わっていない。
  オープニングM1."Comes Love"快調なスタート、そしてM2."The Road"でがらっとバラード調にしっとりと聴かせる。両曲ともPianoとCornetが彼女のヴォーカルのバックと曲のメロディーとを演じてのムード作りが功を奏している。
 M3."You're Getting To Be Habit With Me"のハイテンポに続いて、M4."I Dn't Know About You"のしっとり寄り添ったヴォーカルと、多彩なところで飽きさせない。
 その後もリズムカルとバラードの交互な展開をして単調でなく聴きやすいアルバム仕上げ。
 M6."I Got It Bat"は特に説得力のあるテンダリーな情感的なヴォーカルとViolin、 Viola、 Cello のストリングスと共に大人の味付けが妙に説得力がある。
 最後のM9."Awake"が、落ち着いた語り聞かせるような曲展開で、ピアノの調べと共にソフトなヴーカルが聴きどころ。

 デビュー・アルバムから10年、来日公演なども経て日本では北欧の気風とマッチングして人気を獲得しつつある彼女も、なかなか円熟してきたという印象を持つ。今回のアルバムは快調なスウィング感からラテンタッチそして本領のソフトに語りかけてくるようなバラードと幅広く網羅していて聴きごたえ十分。今や、なかなか洒落たバックの好演にのって、北欧の重要なヴォーカリストの位置を築いた感がある。

(評価)

▢ 選曲・演奏・歌 :  ★★★★★☆
▢ 録音               : ★★★★☆

(視聴)

 

 

| | コメント (10)

2015年4月 3日 (金)

シゼル・ストームSidsel Storm のニュー・アルバム : 「CLOSER」

      <My Photo Album 瞬光残像 = 南イタリア編>

Dsc01317monowh2
        マテーラ(南イタリア)の街で出会った少年    (photo 2012.12)

                *    *    *    *

<Jazz>

      SIDSEL STORM 「CLOSER」
    Victor Entertainment / JPN / VICJ61735 / 2015

Closer_2
Sidsel Storm : vocal
Magnus Hjorth : piano
Snorre Kirk : drums
Jesper Thorn : Bass    
その他、Tobias Wiklund(trumpet) 、Gustaf Ljunggren(guiter) 、 Magnus Wiklund(trombon) 、 Carl-Oscar Osterlind(cello)

 2008年にアルバム「Sidsel Storm 」でデビューして、地元デンマークの音楽賞”最優秀国内ジャズ・ヴォーカル作品”を受賞。2010年「Swedish Lullaby」(バックにLars Janssonトリオで注目盤)、そして2012年の「Nothing In Between」(アルバム・ジャケが印象的)を経て、ここに順調に四枚目のスタジオ・アルバムの登場。
(参照 http://osnogfloyd.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/jansidsel-storm.html )

 彼女はデンマーク出身のジャズ・シンガー・ソングライター。非常に落ち着いたジャズ・ヴォーカルを聴かせるので、2~3年前に彼女を知って以来マークしている北欧女性ジャズ・ヴォーカリスト。そしてそうこうしているところにニュー・アルバムの登場で、美女狩りを得意とする友人が即勧めてくれたアルバムです。

Ss<tracklist>

01.WALKING BLINDLY
02.APRIL IN PARIS
03.GET OUT OF BED
04.THAT OLD BLACK MAGIC
05.SADNESS
06.LEAD THE WAY
07.WHO CARES
08.I’VE GOT A CRUSH ON YOU
09.YOU LEAVE ME LOW

10.THE PARTY’S OVER
11.HOW DEEP IS THE OCEAN *

12.I’LL SEE YOU IN MY DREAMS *


 (*印 bornus tracks for japan)

 シゼル・ストームは、このアルバムでも派手さのないヴォーカルと言ってよいのか、落ち着いたバックの北欧ジャズ演奏に溶け込んで静かに歌い込んでいる。いわゆるバック演奏にも曲を表現する重点がしっかり置かれていて、まずは彼女一点張りのヴォーカル・アルバムと言うのでなく、バンド演奏の一つのそれぞれの楽器と対等な位置を占めるヴォーカルと言えよう。そんな意味で私にとってはむしろ納得のジャズ・アルバムなのである。
 そして演奏は、基本的にはトロンボーンまたはトランペットとピアノ、ベース、ドラムスのカルテットやクインテット・スタイルが基本で、かなり意欲的なところを聴かせてくれる。

 とにかく彼女の歌声は低音部はややハスキーなところがあるが高音部に行くに従って澄んでゆくというタイプで、シャウトするところはなく、非常に聴きやすい。父親がフォーク・シンガーだったとか、そんな血筋なのかゆったり歌い聴かせるというタイプである。
 面白いことに、このデンマークという国に流れる曲の特徴なのか、私が聴くと時に半音ずれるようなところがヴォーカルにあって、それが又妙に魅力的なのである。
 そして日本盤ボーナス・トラックを別にすると、”The Party's over”が最後の曲となるが、ここで初めてバック演奏は彼女のヴォーカルを支えるスタイルなって、しっとりと歌うシゼル・ストームを聴かせて締めくくるのである。

 昨年は日本ライブも行われ、それなりに成果もあったようで、これから更に日本のファンも獲得して行くのだろうと思っているところだが・・・・・。私的には、強いて難を言えば、”彼女のヴォーカルのここに痺れる”というポイントが癖のなさから薄いというところだろうか。

(参考視聴)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 1日 (火)

謹賀新年  Jan.1.2013 (シゼル・ストームSidsel Storm)

 明けましてお目出度うございます
 今年もよろしくお願いします     
風呂井戸

Pc032058tr1blog
                     (2012.12 Kagamiike,Togakushi)

    *        *

Swedishlullaby SIDSEL STORM 「Swedish Lullaby」
calibrated CAL1106 (Disk UNION DUJ-062) , 2010

 今年は北欧からスタートです。
 とにかくバックがラーシュ・ヤンソンLars Janssonのピアノということ、そしてこのジャケですから・・・・・・昨年手に入れた女性ヴォーカル・ジャズ・アルバム。
 まずはポイントは、スウェーデン・ジャズを堪能できるというところである。このシゼル・ストームSidsel Stormという女性は、コペンハーゲンの大学で心理学を学んだとか。そしてなんと言っても、彼女の声は私にとっては懐かしい声・・・、と言うのは、ふと昔のあの魅力の歌声、ルネッサンスのアニー・ハズラムを思い起こさせたのであった(と言えば、おおよそ想像がつくことでしょう)。

Swedishlist  収録曲は左の10曲。そしてポイントは、やっぱりラーシュ・ヤンソンがトリオ編成で全曲バックでピアノを聴かせてくれる。それに加え曲によりトランペット、ヴァイオリン、チェロ、ハモンド・オルガンなどが加わり、単なるヴォーカルもののバック演奏というのでなく、本格的ジャズを演じていることだ。これに彼女のヴォーカルが乗るのであるが、いやはやなかなかの歌い手だ。

member
Sidsel Storm(voc)
Lars Jansson (p/Rhodes)
Morten Lund (ds)
Jesper Thorn(b)

Guest
Gunnar Halle (tp)
Alexander Kraglund (Vn/Harmonica)
Carl-Oscar Osterlind (Vc)
Peter Otto (Hammond Organ)

 なお参考までに、このジゼル・ストームは、昨年ニュー・アルバム「Nothing In Between」をリリースしている。

(試聴)http://www.youtube.com/watch?v=yO_Ie04y_VM

| | コメント (6) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Audio CLASSIC Progressive ROCK アイオナ アガ・ザリヤン アデル アヤ アレクシス・コール アレッサンドロ・ガラティ アンジェイ・ワイダ アンナ・マリア・ヨペク アンヌ・デュクロ アヴィシャイ・コーエン アーロン・パークス イエス イタリアン・プログレッシブ・ロック イメルダ・メイ イモージェン・ヒープ イリアーヌ・イリアス イーデン・アトウッド ウィズイン・テンプテーション ウォルター・ラング エスビョルン・スヴェンソン エスペン・バルグ エミリー・クレア・バーロウ エミール・ブランドックヴィスト エレン・アンデション エンリコ・ピエラヌンツィ エヴァ・キャシディ カレン・ソウサ ガブレリア・アンダース キアラ・パンカルディ キャメル キャロル・ウェルスマン キング・クリムゾン キース・ジャレット クィダム クレア・マーティン ケイテイ・メルア ケイト・リード ケティル・ビヨルンスタ コニー・フランシス コリン・バロン ゴンザロ・ルバルカバ サスキア・ブルーイン サラ・ブライトマン サラ・マクラクラン サラ・マッケンジー サンタナ サン・ビービー・トリオ ザーズ シェリル・ベンティーン シゼル・ストーム シネイド・オコナー シモーネ・コップマイヤー ショスタコーヴィチ シーネ・エイ ジェフ・ベック ジャック・ルーシェ ジョバンニ・グイディ ジョバンニ・ミラバッシ ジョルジュ・パッチンスキー スザンヌ・アビュール スティーヴン・ウィルソン スティーヴ・ドブロゴス ステイシー・ケント ステファン・オリヴァ スノーウィ・ホワイト スーザン・トボックマン セリア セルジオ・メンデス ターヤ・トゥルネン ダイアナ・クラール ダイアナ・パントン ダイアン・ハブカ チャンピアン・フルトン チャーリー・ヘイデン ティエリー・ラング ティングヴァル・トリオ ディナ・ディローズ デニース・ドナテッリ デヴィット・ギルモア デヴィル・ドール トルド・グスタフセン ドリーム・シアター ナイトウィッシュ ニコレッタ・セーケ ニッキ・パロット ノーサウンド ハービー・ハンコック パスカル・ラボーレ パトリシア・バーバー ヒラリー・コール ビル・ギャロザース ピアノ・トリオ ピンク・フロイド フェイツ・ウォーニング フランチェスカ・タンドイ フレッド・ハーシュ ブッゲ・ヴェッセルトフト ブラッド・メルドー ヘイリー・ロレン ヘルゲ・リエン ペレス・プラード ホリー・コール ボボ・ステンソン ポーキュパイン・ツリー ポーランド・プログレッシブ・ロック ポール・コゾフ マティアス・アルゴットソン・トリオ マデリン・ペルー マリリオン マルチン・ボシレフスキ マーラー ミケーレ・ディ・トロ ミシェル・ビスチェリア メコン・デルタ メッテ・ジュール メラニー・デ・ビアシオ メロディ・ガルドー モニカ・ボーフォース ユーロピアン・ジャズ ヨアヒム・キューン ヨーナス・ハーヴィスト・トリオ ヨーナ・トイヴァネン ラドカ・トネフ ラーシュ・ダニエルソン ラーシュ・ヤンソン リサ・ヒルトン リッチー・バイラーク リリ・ヘイデン リン・エリエイル リン・スタンリー リヴァーサイド リーヴズ・アイズ ルーマー レシェック・モジュジェル ロジャー・ウォーターズ ロバート・ラカトシュ ロベルト・オルサー ローズマリー・クルーニー ヴォルファート・ブレーデローデ 中西 繁 写真・カメラ 北欧ジャズ 問題書 回顧シリーズ(音楽編) 女性ヴォーカル 女性ヴォーカル(Senior) 女性ヴォーカル(ジャズ2) 女性ヴォーカル(ジャズ3) 寺島靖国 戦争映画の裏側の世界 手塚治虫 文化・芸術 映画・テレビ 時事問題 時代劇映画 波蘭(ポーランド)ジャズ 相原求一朗 私の愛する画家 私の映画史 索引(女性ジャズヴォーカル) 絵画 趣味 雑談 音楽 JAZZ POPULAR ROCK SONYα7