リン・エリエイル

2019年9月18日 (水)

なんとなく好きな曲 (2)  「 ESTATE (夏) 」・・夏の恨み節

どこか哀感のある美旋律が・・・・・

Thfvyj925bw  イタリアのブルーノ・マルティーノの曲「ESTATE」を取り上げたい。

 この曲は現在ジャズ界では、多くの演奏家やヴォーカリストによって歌われ演奏されている曲だ。イタリアのピアニストであり作曲家・歌手であったブルーノ・マルティーノBruno Martino(1925-2000)(右)が作曲した曲であり、彼自身が歌って1950年代にヒットしたもの。
 しかし、現在は女性ヴォーカリストに好まれて歌われているし、一方歌なしのピアノ・トリオとして演奏されている場合も多い。そんなところから、私の所持しているアルバムを紐解いてみると、取り敢えずは下のように11の演奏家、歌手のものが出てきた。
 最もポピュラーなのはピアニスト・ヴォーカリストのEliane Elias(右下)ですかね。演奏としては美しいピアノを聴かせてくれるMichele Di ToroとかLynne Arriale、Steve Rudolphなどが気になりますね。そんなわけでこの11ミュージシャンの演ずるものを取り出して、聴いて楽しんでいるのである。

 

<ESTATE を演ずる11ミュージシャン>

Elianeeliasw 1. Akira Matsuo Trio
2. Clara Vuust
3. Andreas Mayerhofer Trio
4. Mette Juul
5. Michele Di Toro
6. Sara Lancman
7. Lynne Arriale Trio
8. Francesca Tandoi Trio
9.Steve Rudolph Trio
10. Eliane Elias
11. The Kirk Lightsey Trio

 こんな演奏・歌などが出てきたので取り敢えず聴きやすいようにCD一枚にまとめてみた。
 もともと歌詞は下の通りで、ブログで日本語訳も載せているものがあったのでここに紹介する。

[ ESTATE  イタリア語歌詞 ]
Estate sei calda come i baci che ho perduto,
sei piena di un amore che è passato
che il cuore mio vorrebbe cancellar.
estate il sole che ogni giorno ci scaldava
che splendidi tramonti dipingeva adesso brucia solo con furor
Verrà un altro inverno cadranno mille di petali di rose
la neve coprirà tutte le cose e forse un po di pace tornerà.
Odio l'estate
che ha dato il suo profumo ad ogni fiore,
l'estate che ha creato il nostro amore
per farmi poi morire di dolore.

Tornerà un altro inverno cadranno mille petali di rose la neve coprirà tutte le cose e forse un pò di pace tornerà.
odio estate
che ha dato il suo profumo ad ogni fiore
estate che ha creato il nostro amore
per farmi poi morire di dolor.
odio estate.
odio l'estate.

Clara_vuust1wMettejuul1wLynne72145ew_20190915212101Francescatandoi1w

(Clara Vuust,  Mette Juul,  Lynne Arriale,  Francesca Tandoi)

[ Estate (夏 ) 日本語訳 ]

山本のりこ訳 (http://noriko-yamamoto.cocolog-nifty.com/memo/2011/07/estate-0e4b.html )
Cdw
それは失ったキスのように熱く
心から消してしまいたいと私が願う
ある過ぎ去った愛に満ちている

私たちを毎日温めた太陽
絵のように美しい夕暮れ
いまは怒り狂うように照りつける
また冬になれば
幾千の薔薇の花びらが落ち
雪がすべてをおおうだろう
そうすれば しばらくの平和が戻ってくる

それぞれの花に香りを与えて
夏は二人の愛をつくった
私を苦しみで殺すほどに
夏を憎む

 これはがマルティーノが「夏の恨み節」を歌ったようだが、女心なのか自分の経験の男の歌なのかそれは良く解らないが、現在は殆どが女性に歌われていて、私としては女心ではないかと。推測している
 ヴォーカルでは、Clara Vuustが素直な歌、Mette Juulはしっとりと、Sara Lancman、Francesca Tandoiは恨み節、Eliane Eliasは大人の回顧といった感じですね。
 演奏ではMichele Di Toroは静かに回顧する、Lyne Arrale Trioは思い出をかみしめて、Steve Rudolph Trioは思い出を軽く美しく、The Kirk Lightsey Trioは人生の新たな出発点として・・・と、いった異なったムードの演奏だ。

 ヴォーカルもそれぞれ違うし、演奏も全く異なる世界に・・と、十分聴き応えがあった。これぞミュージシャンってとこですね。

 

(試聴)

①   Clara Vuust

②  Eliane Elias

 

③ Lynne Arriale Trio

 

| | コメント (2)

2019年8月30日 (金)

[ 近作名盤検証 ] リン・エリエイル・トリオ Lynne Arriale Trio 三部作

繊細にして情感に満ちた世界

 リン・エリエイル・トリオの三部作は1994年から1996年にリリースされた3枚のアルバムである。今日も愛されているので遅まきながら今になって聴いての私の感想だ。①「THE EYES HAVE IT」(DMPC CD 502 / 1994)、②「WHEN YOU LISTEN」(CD 511 / 1995)、③「WITH WORDS UNSPOKEN」(CD518 / 1996)
 全てアルバムのタイトルは、収録した彼女のオリジナル曲のタイトルであるという拘りがあるところが注目。

<Jazz>

    Lynne Arriale Trio 「THE EYES HAVE IT」
    Digital Music Prod / US / DMO CD502 / 1994(2015再発)

1w

Lynne Arriale (p)
Jay Anderson (b)
Steve Davis (ds)

(Tracklist)

1. My Funny Valentine
2. Witchcraft
3. My Man's Gone Now
4. Heartsong *
5. Yesterdays
6. Elegy *
7. Alone Together
8. The Eyes Have It *
9. Blues for TJ *
10. My One and Only Love

*印 彼女のオリジナル曲

Dyfzntgwoaaw  しかしリン・エリエイルの演奏は繊細にして情感がしっかり描かれていいですね。このアルバムも冒頭のM1." My Funny Valentine "からもうどっぷりその世界に浸かれます。
   M3."My Man's Gone Now" これは Gershwinの曲、繊細なシンバルの響きから、ベースが流れを作り、ピアノが美しく流れ、後半に盛り上がりのアクセントがくる。このあたりのタッチにハイセンスを感ずるのだ。
 M4.、M5.と明るく活発な曲。特にM5.ではジャズ独特のハイスピード・プレイを聴かせ、中盤にドラムス・ソロ。
 M6." Elegy " エリエイルのオリジナル曲、ピアノの調べがしっとりと情感たっぷり。それに伴ってベースも心に響く世界。 
 M7."Alone Together " ぐっと印象を変えての強いタッチ。ジャズの楽しさたっぷりにスウィングしてのこうしたアクセントがインパクトあり。
 M8."The Eyes Have It " これも彼女のオリジナル曲で、アルバム・タイトルに。独特な心の感情を呼び起こす演奏は特筆もの。
 M10."My One and Only Love" 気品ある優雅なバラード曲で締めくくる。

 深みのある感情表現がうまく繊細なピアノ・プレイで、なんか物語を聞かせてもらっているようなアルバムで堪能させてくれます。

(評価)
□ 曲・演奏  ★★★★★☆
□ 録音    ★★★★☆

    - - - - - - -

<Jazz>

 The Lynne Arriale Trio 「WHEN YOU LISTEN」
   Digital Music Prod / US / CD511 / 1995 

2w

ynne Arriale (p)
Drew Gress (b)
Steve Davis (ds)

(Tracklist)

1. How Deep Is the Ocean?
2. My Shining Hour
3. Waiting & Watching *
4. Bess, You Is My Woman Now
5. You and the Night and the Music
6. Slinky *
7. Lonely Woman
8. Seven Steps to Heaven
9. When You Listen *
10. I Love a Calypso *
11. In the Wee Small Hours of the Morning

*印 彼女のオリジナル曲

 これはリン・エリエイルの三部作の二作目で、翌年にリリースされた。上の第一作目はかなり考えて作り上げた印象あるが、好評であったことから、この二作目はもう少しフリーに広い分野にアプローチした感ありだ。

 このアルバムは冒頭の曲M1.、M2. は、ややジャズ・トリオのパワーを見せつけてのスタート。しかし彼女独特の詩的なピアノと早引きのジャスの味はしっかり出ている。
 M3."Waiting & Watching" 彼女のオリジナル曲の登場。ミッド・テンポの楽しい曲。
   M4." Bess, You Is My Woman Now" ここに来て、このアルバムでは初めて詩情豊かなバラードの登場、Gershwineの曲だ。この気品は彼女独特のものだ。
   M5."You and the Night and the Music" ホピュラーなスタンダードを編曲の妙とアドリブが冴える。
   M7." Lonely Woman" この繊細にして哀感のピアノは彼女独特、やはりしっとりと聴かせるのだ。
   M9."When You Listen" 彼女のアルバム・タイトルとなっているオリジナル曲。ゆったりとした演奏の中にメロディの美しさで思索への世界に誘う。
   M.11."In the Wee Small Hours of the Morning" も彼女らしい丁寧に繊細に気品豊かにピアノを聴かせてアルバムを締める。

(評価)
□ 曲・演奏  ★★★★★☆
□ 録音    ★★★★☆

       - - - - - -

<Jazz>

The Lynne Arriale Trio「WITH WORDS UNSPOKEN」
Degital Music Prod / US / CD518 / 1996 (2016年再発)

Withwordsunspoken_20190827200001 一年間隔でリリースされた三部作の三作目。このアルバムは先日ここで取り上げたので、そちらに譲る。
                         ↓
http://osnogfloyd.cocolog-nifty.com/blog/2019/08/post-250f63.html

 

(Lynne Arriale : Discography)

1994 「The Eyes Have It」* DMP Trio, with Jay Anderson (bass), Steve Davis (drums)
1995 「When You Listen」* DMP Trio, with Drew Gress (bass), Steve Davis (drums)
1996 「With Words Unspoken」 * DMP Trio, with Drew Gress (bass), Steve Davis (drums)
1997 「A Long Road Home」 TCB Trio, with John Patitucci (bass), Steve Davis (drums)
1998 「Melody」 TCB Trio, with Scott Colley (bass), Steve Davis (drums)
1999 「Live at Montreux」 * TCB Trio, with Jay Anderson (bass), Steve Davis (drums); in concert
2000 「Inspiration」 TCB Trio, with Jay Anderson (bass), Steve Davis (drums)
2002 「Arise」 Motéma Trio, with Jay Anderson (bass), Steve Davis (drums)
2004 「Come Together」 Motéma Trio, with Jay Anderson (bass), Steve Davis (drums)
2005 「Live」 Motéma Trio, with Jay Anderson (bass), Steve Davis (drums); in concert
2008 「Nuance」 Motéma Quartet, with Randy Brecker (trumpet, flugelhorn), George Mraz (bass), Anthony Pinciotti (drums)
2011 「Convergence」 Motéma Some tracks trio, with Omer Avital (bass), Anthony Pinciotti (drums); some tracks quartet, with Bill McHenry (tenor sax) added
2011 「Solo」 Motéma Solo piano
2018 「Give Us These Days」 * Challenge Trio, with Jasper Somsen (bass), Jasper van Hulten (drums); some tracks quartet, with Kate McGarry added

*印 ここで取り上げたアルバム

(参考試聴)  16:30-29:00 の"ESTATÈ" が聴きどころ

 

| | コメント (0)

2019年8月18日 (日)

[ 近年名盤検証 ] リン・エリエイル Lynne Arriale Trio 「Live at The Montreux」「With words unspoken」

女流ジャズ・ピアニストの究極のバラード演奏に降参

61iybx1eoxlw  米国の女流ジャズ・ピアニストのリン・エリエイル(アリエール)Lynne Arriale の近作と言えば「Give Us These Days」(XATW-00145677)だが、それは今年の一月にここで取り上げた。(→)
(http://osnogfloyd.cocolog-nifty.com/blog/2019/01/lynne-arriale-t.html)。

  しかし最近リリースされた寺島靖国の「For Jazz Ballads Fans Only Vol.1に彼女の名演奏"ESTATE"が取り上げられ、この曲はアルバム「Live in Montreux」(再発2000年)に収録されているもので、たまたまこのアルバムは私は所持していたので改めて・・・かっての手持ちの他の1枚を含めて検証してみたいのだ。

 とにかく私にとってはこの彼女に関してはこれらの3枚のアルバムが知る全てであって、最近実はもう少し過去のアルバムをしっかりそろえてみたいと密かに思っているのだ ( 実はこれを書いているうちに、「WHEN YOU LISTEN」(1995) , 「INSPIRATION」(2001)の2アルバムが到着した )。

 

<Jazz>

Lynne Arriale Trio 「Live at the Montreux Jazz Festival」
TOB / EU / 20252 / 2000

Montreux

Lynne Arriale(p),Jay Anderson(b),Steve Davis(ds)
Recorded Live at Montreux Jazz Festival,July 4,1999

 彼女のトリオの1999年のモントルー・ジャズ・フェスに於けるライブ盤である。

(Tracklist)
1.Alone Together
2.Evidence
3.With Words Unspoken *
4.Seven Steps To Heaven
5.Think Of One
6.Estate
7.Calypso *
8.An Affair To Remember

*印 Arrialeのオリジナル

  彼女のオリジナル曲のM3."With Words Unspoken"が素晴らしい。これはエレガントにしてロマンティシズムいっぱいのバラードで、これで彼女のプレイを知らしめられる。とにかく注目のM6."Estate"は、私の好きなイタリアのMartinoの曲だが、暑い夏の出来事をしみじみと歌い上げるピアノには完全に降参です。
 そして最後のM8."An affair to remember"の演奏はこれ又素晴らしく、最後に司会者 Beautiful ! の言葉が収録されているが、正にBeautiful。過去をしっとり振り返えさせられる。

(評価)
□ 曲・演奏 ★★★★★☆
□ 録音   ★★★★☆

   *     *     *     *     *

<Jazz>

Lynne Arriale Trio「With words unspoken」
Digital Music PROD / US / CD158 / 2016

Withwordsunspoken

Lynne Arriale(p)
Drew Gress(b)
Steve Davis(ds)

  リン・エリエイルがDMP に残したピアノトリオ盤。「The Eyes Have It」(94 年作品) に続き1年ごとにリリースされ、3部作としても人気のあるアルバムである。これがそのうちの一枚(1996年、三作目)。モンクやジミー・ロウルズ、ジョビンやコール・ポーターなどの名曲を彼女の素晴らしいエレガントにしてリリカルなセンスあふるる演奏で、名盤と言ってよい好盤。

Lynne72145ew (Tracklist)

1. Think of you
2. Woody n' You
3. With Words Unspoken *
4. Windswept *
5. The Peacocks
6. A Promse Broken *
7. Zingaro
8. I Loves You Porgy
9. Where or When

 *印 Lynne Arriale のオリジナル曲

 彼女の美しいピアノ・サウンドとエレガントな流麗さ、そして哀感等の演奏に痺れるのは、まずは彼女自身の曲M3."With Words Unspoken "、そしてM5."The Peacocks"(J.Rowles)、さらにはM8."I Loves You Porgy"(G.Gershwin)、M9."Where or When"(R.Rogers)等の曲ですね。そして叙情的なものだけで無く、その他スウィングするジャズ・プレイにもどこか気品があるんですね。このアルバムもお勧めの名盤だ。

(評価)
□ 曲・演奏 ★★★★★☆
□ 録音   ★★★★☆

(試聴)

    "With Words Unspoken"

*

   " Alone Together "

 

 

| | コメント (2)

2019年1月12日 (土)

リン・エリエイル Lynne Arriale Trio 「GIVE US THESE DAYS」

硬派で爽快なプレイの女流ピアニスト作品

 

<Jazz>
Lynne Arriale Trio 「GIVE US THESE DAYS」
ChallengeRecords / AUSTRIA / CR73453 / 2018

 

61iybx1eoxlw

Lynne Arriale (piano)
Jasper Somsen (bass except 9)
Jasper van Hulten (drums except 9)
Kate McGarry (vocal on 9)
Recorded Decem, 18-19, 2017 at MotorMusic Studioa, Belgium

 

39051739w 米国ベテラン女性ピアニストのリン・エリエイルLynne Arrialeとオランダ出身のイェスパー・サムセン(b)とイェスパー・ファン・フルテン(ds)の二人と組んだトリオ作品(→)。ベルギーでの録音だ。

  リンは、知る人ぞ知るピアニストだが、長い経歴の中で幾つかの作品がある。しかし実は私は全く知らないということではないが、ちょっと片聴き程度のところだった。と言うとお解りでしょうが、所謂ユーロ系の叙情派とは全く異なって、むしろ今となればアメリカン・ジャズの古典的流れにある”現代ハード・パップ・ピアノの王道をゆく正統派”と表現されるタイプなのだ。しかし彼女の活動の広さを物語るように、今回のこのアルバムはユーロ製作である。

 

 しかし、彼女の演ずる曲(以前のアルバム『With Words Unspoken』(Digital Music Products/518/2016)に登場する"Where Or When")が、昨年末の寺島靖国の『For Jazz Audio Fans Only Vol.11』に登場して、おやっと、ちょっと関心を抱いたと言う事と、フォーク、ソウル、ジャズに通ずる女性シンガーのケイト・マクギャリーの名もスペシャル・ゲストとして見えた為、ここらで一度はしっかり彼女のアルバムも通して聴いておこうと、この最近作を手に入れた次第。

 彼女は1957年ウィスコンシン州ミルウォーキー生まれ、ピアニスト&作曲家として国際的に演奏活動を行うほか、ノースフロリダ大学でジャズを教え、各国でもワークショップなどを開催。又様々なコンクールで審査委員を務めるという既にもはや重鎮。


Lynne72145ew(Tracklist)
1. Woodstock
2. Appassionata
3. Finding Home
4. Give us These Days
5. Slightly Off-center
6. Another Sky
7. Let it be
8. Over and Out
9. Take it with Me


 これは本流のピアノ・トリオである。そして女流ピアニストということは感じさせない歯切れのよいメリハリのあるピアノ・タッチが特徴といってよいだろう。基本的にはスウィングする流れからの発展形。
 それはジョニ・ミッチェルの曲M1. "Woodstock"の冒頭から見事に展開する。しかもこの曲では、進行するにつれ昂揚のある流れから次第に徐々に盛り上がって、遂に見事なる華を全開する硬派の爽快にして豪快なプレイに驚かされる。
  一方M4. "Give us These Days"のアルバム・タイトル曲では、その心に染み入る抒情的な美しさを演じてくれる。この彼女のオリジナル曲を、アルバムタイトルに持ってきたと云ところからも、彼女はこのようなちょっと物思いにふけるロマンティックな線も大切にしていることと推測できる。
 
M7. "Let it be"は、お馴染みビートルズの曲だが、変にしつこさが無く意外にサラっとしていて原曲も生かしての編曲部もなかなか聴きごたえある。
 
M9. "Take it with Me"は、トリオものでなく、しっとりと聴かせるシンガーKate McGarry が登場する。ピアノとヴォーカルのデュオ作品だ。曲はトム・ウェイツのもので、これが私のもう一つの目当てであったもの。そのムードは抱擁感に包まれて味わい深く良いですね。実はもう一曲ぐらい聴きたいといったところ。

 

 

 結論的には、ジャズの先生の基本をクリアした充実作品として聴いた。

 

(評価)
□ 曲・演奏 : ★★★★☆
□ 録音   : ★★★★☆

(視聴)
"Give Us These Days"

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Audio CLASSIC Progressive ROCK アイオナ アガ・ザリヤン アデル アヤ アレクシス・コール アレッサンドロ・ガラティ アンジェイ・ワイダ アンナ・マリア・ヨペク アヴィシャイ・コーエン アーロン・パークス イエス イタリアン・プログレッシブ・ロック イメルダ・メイ イモージェン・ヒープ イリアーヌ・イリアス イーデン・アトウッド ウィズイン・テンプテーション ウォルター・ラング エスビョルン・スヴェンソン エスペン・バルグ エミリー・クレア・バーロウ エミール・ブランドックヴィスト エンリコ・ピエラヌンツィ エヴァ・キャシディ カレン・ソウサ ガブレリア・アンダース キャメル キャロル・ウェルスマン キング・クリムゾン キース・ジャレット クィダム クレア・マーティン ケイテイ・メルア ケイト・リード ケティル・ビヨルンスタ コニー・フランシス コリン・バロン ゴンザロ・ルバルカバ サスキア・ブルーイン サラ・ブライトマン サラ・マクラクラン サラ・マッケンジー サンタナ サン・ビービー・トリオ ザーズ シェリル・ベンティーン シゼル・ストーム シネイド・オコナー ショスタコーヴィチ シーネ・エイ ジェフ・ベック ジャック・ルーシェ ジョバンニ・グイディ ジョバンニ・ミラバッシ ジョルジュ・パッチンスキー スザンヌ・アビュール スティーヴン・ウィルソン スティーヴ・ドブロゴス ステイシー・ケント ステファン・オリヴァ スノーウィ・ホワイト スーザン・トボックマン セリア セルジオ・メンデス ターヤ・トゥルネン ダイアナ・クラール ダイアナ・パントン ダイアン・ハブカ チャーリー・ヘイデン ティエリー・ラング ティングヴァル・トリオ ディナ・ディローズ デニース・ドナテッリ デヴィット・ギルモア デヴィル・ドール トルド・グスタフセン ドリーム・シアター ナイトウィッシュ ニコレッタ・セーケ ニッキ・パロット ノーサウンド ハービー・ハンコック パスカル・ラボーレ パトリシア・バーバー ヒラリー・コール ビル・ギャロザース ピアノ・トリオ ピンク・フロイド フェイツ・ウォーニング フランチェスカ・タンドイ フレッド・ハーシュ ブッゲ・ヴェッセルトフト ブラッド・メルドー ヘイリー・ロレン ヘルゲ・リエン ペレス・プラード ホリー・コール ボボ・ステンソン ポーキュパイン・ツリー ポーランド・プログレッシブ・ロック ポール・コゾフ マティアス・アルゴットソン・トリオ マデリン・ペルー マリリオン マルチン・ボシレフスキ マーラー ミケーレ・ディ・トロ ミシェル・ビスチェリア メコン・デルタ メッテ・ジュール メラニー・デ・ビアシオ メロディ・ガルドー モニカ・ボーフォース ユーロピアン・ジャズ ヨアヒム・キューン ヨーナス・ハーヴィスト・トリオ ヨーナ・トイヴァネン ラドカ・トネフ ラーシュ・ダニエルソン ラーシュ・ヤンソン リサ・ヒルトン リッチー・バイラーク リリ・ヘイデン リン・エリエイル リン・スタンリー リヴァーサイド リーヴズ・アイズ ルーマー レシェック・モジュジェル ロジャー・ウォーターズ ロバート・ラカトシュ ロベルト・オルサー ローズマリー・クルーニー 中西 繁 写真・カメラ 北欧ジャズ 問題書 回顧シリーズ(音楽編) 女性ヴォーカル 女性ヴォーカル(Senior) 女性ヴォーカル(ジャズ2) 女性ヴォーカル(ジャズ3) 寺島靖国 戦争映画の裏側の世界 手塚治虫 文化・芸術 映画・テレビ 時事問題 時代劇映画 波蘭(ポーランド)ジャズ 相原求一朗 私の愛する画家 私の映画史 索引(女性ジャズヴォーカル) 絵画 趣味 雑談 音楽 JAZZ POPULAR ROCK SONYα7