ヴォルファート・ブレーデローデ

2020年1月28日 (火)

イエトゥル-・ルンデの美声 Gjertrud Lunde 「HJEMKLANG」

とにかく素晴らしい心洗われる美声に包まれて・・・

<Jazz>

Gjertrud Lunde 「HJEMKLANG」
ozella music / Germ. / OZ054CD / 2014

81lzprxoh7lw

Gjertrud Lunde - イェトゥルー・ルンデ - voice
Wolfert Brederode - ヴォルファート・ブレーデローデ - piano
Florian Zenker - フロリアン・ゼンカー - guitar, baritone guitar ,electronics
Bodek Janke - ヴォデック・ヤンケ - drums, percussion
Guest : Arve Henriksen - アーブ・ヘンリクセン - trumpet

 美女・美声のノルウェーのシンガー=イェトゥルー・ルンデは、2017年に来日しているが、この一月に再び来日して各地でのライブを行うと言うことで、取り敢えず聴いてみたアルバムである。さらに、ここでかって紹介したことのあるヴォルファート・ブレーデローデ (アルバム「Black Ice」(ECM2476/2016))がピアノでバックを固めている。来日も彼はトリオで同行してのカルテット構成で演奏してくれるというので楽しみである。

971c231dfe944410c4bbbab7b55bdcea

  まあジャズと言えばジャズ。つまりジャズ特有の境界域の不明なジャンルには入るのだろうが・・・ちょっと違うと言えば違うようにも・・・というアルバムですね。

(Tracklist)

1.Akk Mon Min Vei
2.Going Home
3.Marche Vers L'aube *
4.I Dine Tanker / Tanto *
5.Finnskogene *
6.Pilgrim *
7.Rêve Bleu *
8.Beautiful *
9.Lead Me *
10.Gjendines Bådnlåt
11.Eg Veit I Himmerik Ei Borg

 収録曲11曲中7曲が彼女のオリジナル曲と来るから、音楽院の学位を持つ彼女の立ち位置が想像できるところであり、とにかく冒頭から清涼感ある透明度の高い歌声に驚かされる。
 M1."Akk Mon Min Vei "はノルウェーのトラッドのようであり、M2."Going Home"は、我々もよく知るドヴォルザークの「家路」である。その他の彼女の曲以外の2曲(M10, M11)はやはりノルウェーのトラッドと記されていて、深淵である。
 バックの演奏もギターが、ピアノが、北欧ならではの幻想的というか、広い静かな空間に広がるサウンドを聴かせてくれる。

 彼女のオリジナル曲も、伝統を重んじての美しい世界を描いていて感銘を受けるが、 そこには単に美しいと言うだけで無く、ノルウェーの北欧の暗さもあるし、海の冷たい青も描いている。又深遠な森にある不思議な空気感も訴えてくる。
 とにかく全編ブレることなく 北欧の自然を我々に見せてくれる世界だ。アルバムとしての価値は高い。
E0081206_10152935
 イェトゥルー・グルンデGjertrud Lundeは現在ドイツで活動中のようだが、彼女はノルウェーの音楽一家に生まれる。4歳で最初のコンサートを行う。ノルウェー Stavanger音楽院で学んでいる間においても、幾つかの歌唱コンペで優勝したり幾多の賞や奨学金も得ていたという。オランダのハーグ音楽院でクラシック歌唱と古楽を学んで学位を得ている。このあたりの実力がこのアルバムではにじみ出ている。
 学業と並行してヨーロッパやアメリカでフェスティヴァルやコンサート・ツアーなども行ったらしい。ドイツに住んでからは、古楽、ワールド・ミュージック、ジャズを合わせての自分の音を作り出したのだそうだ。そしてこの2014年のデビュー・アルバムである 「Hjemklang」 は、世界的なジャズ批評サイト All About Jazz により 2014年のベストアルバムの一つに挙げられていると紹介されている。

Image_20200125213601  ヴォルファート・ブレーデローデWolfert Brederode (ピアノ) は、オランダ出身。現代オランダ・ジャズ・シーンで最も輝き、評価は非常に高く、三枚の ECMレーベル・アルバム( 「Currents」( 2007)、「Post Scriptum」(2011)、「 Black Ice」( 2016) ) がある。スイスのシンガーSusanne AbbuehlのECMアルバムにも参加していて一緒に来日した(右は来日時の私とのツーショット)。洗練されたピアノ・タッチから生まれる深遠な世界も聴きどころ。

(評価)
□ 曲・演奏・歌  ★★★★★☆      95/100
□ 録音      ★★★★☆         85/100

(参考視聴)

*

 

| | コメント (0)

2016年5月17日 (火)

スザンヌ・アビュールSusanne Abbuehl の深遠なる自然との対話の世界~日本ライブ

時にはこうした心が洗われるような世界も良いモノだ・・・・
   ~新潟県上越市=浄興寺ライブ~
      ~ECMアルバム 「The Gift」 (2013)~

 

 前回取りあげたECM盤のピアノ・トリオ作品「Black Ice」のオランダのピアニスト=ヴォルフェルト・ブレデロ-デに関心を抱き、その結果至った一つがこの女性ヴォーカリスト=スザンヌ・アビュールSusanne Abbuehl
  丁度タイミングよく、彼女は初の「日本ライブ」として現在日本の地にあり、そのライブに足を運んだ次第。勿論、彼女のヴォーカルを支えるピアニストがヴォルフェルト・ブレデロ-デである。
    (来日ライブメンバー)
     Susanne Abbuehl – voice
     Clément Meunier – clarinet
     Wolfert Brederode – piano
     Øyvind Hegg-Lunde - drums

 

Sa_2彼女の紹介を見ると(要約)・・・・・・
 「1970 年、スイスのベルン生まれ(オランダ+スイス国籍)。子供の頃から音楽に魅かれ、作詞作曲を行いながら、ハープシコードを習う。17才の時にロス・アンジェルスに移り、クラシック音楽の歌を習い始めた。アメリカとカナダをツアーした高校のジャズ・グループに所属していた。ヨーロッパに戻った後、ジャズとクラシック歌唱を Rachel Gould と Jeanne Lee にハーグ王立音楽院で学んだ。歌唱と音楽教授法で修士の学位を首席で得ている。また、アムステルダムにおいて Indurama Srivastava から古典北インド音楽歌唱を習い、その後よりボンベイで Prabha Atre に師事している。更に、作曲と分析をオランダの作曲家 Diderik Wagenaar から学んでもいる。スイスのルツェルンとローザンヌで大学教授を務める」・・・・と、ある。

P5121747trw そしてそのミュージックの世界は・・・・・「淡々と、しかし聴く者の耳にじわりと染み渡る深遠な魅力に溢れた歌声で、ヨーロッパを中心に人気を集める。1997年デビューで4作目という寡作ぶりながら、ECMを中心とする数多くのアーティストにも支持を受けている
・・・・・と、こんなところで、おおよそ彼女の世界を想像することが出来ると思うが、実のところライブでの実感は、それ以上であったと言うのが偽らざる私の感想だ。(写真:ライブ会場で私(顔は隠してあります)とのツーショット。ライブ終了後の彼女は非常に明るい印象だった)

         彼女のサイン(↓)~私の名前は頭文字のみで隠してあります
Sign2
P5121713w 彼女の歌い上げる曲の世界は、私から見ると、やはり一種の前衛ジャズというところか?、プログレッシブ・ジャズという範疇にも入るのか?。今回のライブでは、深遠にして思索的な世界を歌い上げ、ヨーロツパの民族的歴史の世界を感じさせ、描くところ自然に迫る情景をしっとりと聴かせるのである。
 又会場が、新潟県上越市(高田)の静かで広い敷地にある親鸞のゆかりのある浄土真宗の浄興寺という、敬虔にして重厚なお寺の本堂であったため、なおのことそんな気持ちに引き込まれたのであった。このヨーロッパからのメンバーも、東京から長野県、新潟県と車で来たため、日本の自然に感動したようだ。
          (本堂のライブ演奏ステージ ↓)

 

P5121740w
13220542_220232945025979_48834831_2   
                     (浄興寺での演奏=Susanne Abbuehl のFacebookより)

 

■スザンヌ・アビュールの作品

<ECM レーベルよりのアルバム>
① 2001 年 「April」 (オランダのグラミー賞にあたる Edison 音楽賞受賞)
② 2006 年 「Compass」
③ 2013 年 「The Gift」 (↓)

Gift<Jazz>
Susanne Abbuehl 「The Gift」

 ECM Records / Germ. / ECM 2322  3727084 /  2013

 

 Susanne Abbuehl (Voice)、Matthieu Michel (flugelhorn)、Wolfert Brederode (piano Indian harmonium)、Olavi Louhivuori (drums percussion)

 

 1. The Cloud
2. This And My Heart
3. If Bees Are Few
4. My River Runs To You
5. Ashore At Least
6. Forbidden Fruit
7. By Day By Night
8. A Slash Of Blue
9. Wild Nights
10. In My Room
11. Bind Me
12. Soon (Five Years Ago)
13. Fall Leaves Fall
14. Sepal
15. Shadows On Shadows
16. This And My Heart var.

 

 これは女流詩人のSara Teasdale(1800年代後半から1900年代アメリカの詩人)とか Emily Brontë(イギリス「嵐が丘」の作家) そして Emily Dickinson (1800年代のアメリカの詩人)の詩に彼女が作曲したアルバム 。深遠な魅力に溢れた歌声で、ヨーロッパの深い森の中で自然に溶け込むが如くの世界を聴ける。

 

<その他>
  Jeanne Lee Music & Dance Ensemble、Christof May、Stephan Oliva、Michel Portal、Mats Eilertsen、Paolo Pandolfoなどと共演。

 

 しかし、スザンヌ・アビュールのヴォーカル・アルバムを聴き、そしてライブで歌声を直に聴いてみると、ほんとにジャズの世界の広さを感じます。以前に同様の世界として感じたRadka toneff と比べてみても、勝るとも劣らず彼女の世界は自然の中の深遠なる世界に敬虔な気持ちで人間を感ずるところに導くのだ。聴きようによっては”暗い”と感ずるところもあるが・・・しかし、ここまで歌い込むというのは、そう安易な気持ちでないものと推測している。
<追記>2016.5.19
    (参照)「タダならぬ音楽三昧」http://invs.exblog.jp/24392081/

 

(参考視聴)

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月14日 (土)

ヴォルフェルト・ブレデロ-デ・トリオWolfert Brederode Trio「Black Ice」

静と思索を透明感ある演奏で・・・・

 

    <Jazz>
       Wolfert Brederode Trio 「Black Ice」
       ECM / Germ / ECM 2476  4776462 / 2016

 

815itpxjpvl__sl1400__2Wolfert Brederode (piano)
Gulli Gudmundsson (double bass)
Jasper van Hulten (drums)

Engineer: Stefano Amerio
Recorded July 7-9, 2015 at Auditorio Stelio Molo RSI, Lugano

 

(Tracklist)
1. Elegia
2. Olive Tree
3. Bemani
4. Black Ice
5. Cocoon
6. Fall
7. Terminal
8. Conclusion
9. Curtains
10. Rewind
11. Bemani (var.)
12. Glass Room
13. Fall(var.)

 

 これは、このところECMを愛する多くの輩が、ブログで取りあげているオランダのピアニストのヴォルフェルト・ブレデロ-デWolfert Brederode(1974年生まれ)のトリオ作品だ。

P5121752w 彼に関しては実は私は白紙状態。ところがタイミングよく、このトリオ・メンバーではないが、現在異色の女性ジャズ・ヴォーカリストのスザンヌ・アビュール Susanne Abbuehl のサポート役(ピアノ演奏)で来日ライブを行っていた。
 会場は東京、横浜もあるが、新潟県上越市にある浄土真宗の浄興寺本堂でのライブに、これは面白いと私は興味を持って参加してきたのだ。ここにはピアノは立派な「Bøsendorfer」が、デンと構えていた。(ちょっと私の顔は隠してあるが、その時の彼とのツーショット(浄興寺本堂にて)2016.5.12)

 

Sa1 とにかくECMから何枚かのアルバムをリリースしているスザンヌ・アビュールは、いずれ取りあげたいと思うが、スイス出身で広くヨーロッパで活躍し評価の高い女性歌手。前衛ジャズという範疇としてよいか、深遠にして思索的な世界を歌い上げ、異色の世界を構築する。そしてヴォルフェルト・ブレデロ-デは、彼女のECM作品「The Gift」、「Compass」、「April」などのアルバムで、ピアノ演奏面で支え、大きな役割を果たしてきた。そんな事で今回の彼女の来日公演にも彼が同行しているし、このような経験が、ここで取りあげたトリオ作品にも活きていることは間違いない。

 

Trio_3
 これまでに、ブレデロ-デは、カルテット編成でのアルバム「Currents」(2007年)、「Post Scriptum」(2011年)をECMからリリースしているが、この「Black Ice」は、ECMでは初のピアノ・トリオ作品。
 リーダーのヴォルフェルト・ブレデロ-デは、ベーシストGudmondsson(アイルランド出身)とは1990年代に出会い、それ以後、フリー・インプロヴィゼーションから演劇のための音楽までコラボレーションは多く経験しているのだという。又ドラムスのJasper van HultenはGudmundssonと共に演奏活動をしてきている。そんな関係で出来上がったトリオであるようだ。

 

P5121753w_2 さて彼らのこのアルバムを聴くと、先ずはECMということもあってトルド・グスタフセンの作品と比較したくなる出来である。
 落ち着いた世界が全編に流れ、透明感ある演奏によって静と思索と優しい旋律が漂ってくる。Gulli Gudmundssonのベースもピアノと負けて劣らず十分に聴かせる思索の余韻ある音で迫ってくる。ドラムスのJasper van Hultenはしっかりとバックでの世界作りに貢献して、シンバルの余韻には透明感ある情景を描く。
 トータル・アルバム的流れでこの作品は作られていて。Gudmundsson作の1曲を除き、全てBrederodeのオリジナル曲。

 

 彼らの描く世界は、究めてECM的といえばそうなのだが、トルド・グスタフセンとの違いも聴きどころ。若さの割にはこの落ち着きは何なんだろうと不思議にも思う。しかしこのトリオECM第一作は好評に受け入れられており、続いての第二作に流れていくのは間違いないと思うが、彼らがこれだけの世界に馴染んでしまうのか、それとももう少しアグレッシブな冒険的音も築くようになるのか、目下は未知数。いずれにしても私は大歓迎で今後を楽しみにしているところだ。

 

(試聴) ”Elgia” from 「Black Ice」

 

(参考視聴) ”Common Fields”

 

 

| | コメント (5) | トラックバック (2)

その他のカテゴリー

Audio CLASSIC Progressive ROCK アイオナ アガ・ザリヤン アデル アヤ アレクシス・コール アレッサンドロ・ガラティ アンジェイ・ワイダ アンナ・マリア・ヨペク アンヌ・デュクロ アヴィシャイ・コーエン アーロン・パークス イエス イタリアン・プログレッシブ・ロック イメルダ・メイ イモージェン・ヒープ イリアーヌ・イリアス イーデン・アトウッド ウィズイン・テンプテーション ウォルター・ラング エスビョルン・スヴェンソン エスペン・バルグ エミリー・クレア・バーロウ エミール・ブランドックヴィスト エンリコ・ピエラヌンツィ エヴァ・キャシディ カレン・ソウサ ガブレリア・アンダース キアラ・パンカルディ キャメル キャロル・ウェルスマン キング・クリムゾン キース・ジャレット クィダム クレア・マーティン ケイテイ・メルア ケイト・リード ケティル・ビヨルンスタ コニー・フランシス コリン・バロン ゴンザロ・ルバルカバ サスキア・ブルーイン サラ・ブライトマン サラ・マクラクラン サラ・マッケンジー サンタナ サン・ビービー・トリオ ザーズ シェリル・ベンティーン シゼル・ストーム シネイド・オコナー シモーネ・コップマイヤー ショスタコーヴィチ シーネ・エイ ジェフ・ベック ジャック・ルーシェ ジョバンニ・グイディ ジョバンニ・ミラバッシ ジョルジュ・パッチンスキー スザンヌ・アビュール スティーヴン・ウィルソン スティーヴ・ドブロゴス ステイシー・ケント ステファン・オリヴァ スノーウィ・ホワイト スーザン・トボックマン セリア セルジオ・メンデス ターヤ・トゥルネン ダイアナ・クラール ダイアナ・パントン ダイアン・ハブカ チャンピアン・フルトン チャーリー・ヘイデン ティエリー・ラング ティングヴァル・トリオ ディナ・ディローズ デニース・ドナテッリ デヴィット・ギルモア デヴィル・ドール トルド・グスタフセン ドリーム・シアター ナイトウィッシュ ニコレッタ・セーケ ニッキ・パロット ノーサウンド ハービー・ハンコック パスカル・ラボーレ パトリシア・バーバー ヒラリー・コール ビル・ギャロザース ピアノ・トリオ ピンク・フロイド フェイツ・ウォーニング フランチェスカ・タンドイ フレッド・ハーシュ ブッゲ・ヴェッセルトフト ブラッド・メルドー ヘイリー・ロレン ヘルゲ・リエン ペレス・プラード ホリー・コール ボボ・ステンソン ポーキュパイン・ツリー ポーランド・プログレッシブ・ロック ポール・コゾフ マティアス・アルゴットソン・トリオ マデリン・ペルー マリリオン マルチン・ボシレフスキ マーラー ミケーレ・ディ・トロ ミシェル・ビスチェリア メコン・デルタ メッテ・ジュール メラニー・デ・ビアシオ メロディ・ガルドー モニカ・ボーフォース ユーロピアン・ジャズ ヨアヒム・キューン ヨーナス・ハーヴィスト・トリオ ヨーナ・トイヴァネン ラドカ・トネフ ラーシュ・ダニエルソン ラーシュ・ヤンソン リサ・ヒルトン リッチー・バイラーク リリ・ヘイデン リン・エリエイル リン・スタンリー リヴァーサイド リーヴズ・アイズ ルーマー レシェック・モジュジェル ロジャー・ウォーターズ ロバート・ラカトシュ ロベルト・オルサー ローズマリー・クルーニー ヴォルファート・ブレーデローデ 中西 繁 写真・カメラ 北欧ジャズ 問題書 回顧シリーズ(音楽編) 女性ヴォーカル 女性ヴォーカル(Senior) 女性ヴォーカル(ジャズ2) 女性ヴォーカル(ジャズ3) 寺島靖国 戦争映画の裏側の世界 手塚治虫 文化・芸術 映画・テレビ 時事問題 時代劇映画 波蘭(ポーランド)ジャズ 相原求一朗 私の愛する画家 私の映画史 索引(女性ジャズヴォーカル) 絵画 趣味 雑談 音楽 JAZZ POPULAR ROCK SONYα7