オルガ・コンコヴァ

2021年10月23日 (土)

オルガ・コンコヴァ Olga Konkova Trio 「Open Secret」

ジャズにしてもう芸術としか表現できない・・

<Jazz>

Olga Konkova Trio 「Open Secret」
Losen Records / EU / LOS244-2 / 2021

81pqmetgq6lw

Olga Konkova オルガ・コンコヴァ (piano except 08) (Fender Rhodes on 03, 07, 08, 10)
Per Mathisen ペール・マティセン (upright bass)
Gary Husband ゲイリー・ハズバンド (drums)

2020年3月13日ノルウェー-アスケルのMusikkloftet録音

  旧ソ連出身、モスクワ音楽アカデミーと米バークリー音大に学び、1994年に夫のノルウェーへ移り住んで以来オスロを拠点にヨーロッパ全域で精力的に演奏活動、個性派女性ピアニスト:オルガ・コンコヴァ(1969年旧ソ連のモスクワ生まれ)の、ノルウェー人である夫のベーシスト:ペール・マティセンと英国のドラマー:ゲイリー・ハズバンドとのトリオ作品。
 前作は、ここで取上げた2015年の「The Goldilocks Zone」であり、もう6年にもなるのかと思いつつ聴いているアルバム。全曲彼女のオリジナルである。

Channels4_profilew (Tracklist)

01. Hymn For My Brother (Olga Konkova)
02. Loved Before (Olga Konkova)
03. All Sorts Of Weird And Wonderful (Olga Konkova)
04. Rest In Motion (Olga Konkova)
05. Darwin's Point (Olga Konkova)
06. No Rules (Olga Konkova)
07. The Man With The Van (Olga Konkova)
08. Les Hommes Des Sables (Olga Konkova)
09. Open Secret (Olga Konkova)
10. Grande Capitano (Olga Konkova)
11. Discovering The Truth (Olga Konkova)
12. Triste Realidad (Olga Konkova)

   今作も、現代ヨーロッパ抒情派ピアノ・トリオの一つの典型の深遠な世界、それは文学的的内省の哲学的な深遠さと詩的な耽美性に溢れるところを演じ、反面とにかく女流ピアニストとは思えない精悍なタッチのインプロヴィゼイション的ピアノのメロディとスリリングな危機感あるサウンド。そしてベースとドラムのパワフルにして鋭さのある攻勢型のサポートの展開など、高度な演奏技術と、その内容は芸術としての究極の姿を思わせる高度な作品だ。現代ジャズの発展を遂げている姿を知りたければ、最も相応しい作品である。

Unnamedtr

 M1."Hymn For My Brother"
の穏やかなピアノの流れがブラッシと優しいシンバル音をバックに、一つ一つの音を大切に余韻を聴かせての展開。それと対照的にM2."Loved Before"は、激しいドラムスと低打鍵音のピアノで荒々しく展開とするという対比が、極めて哲学的なのである。
 M3."All Sorts Of Weird And Wonderful"では、この曲の中で優しさとはげしさの両面が描かれ、ベースの響きが印象的。ここではピアノとフェンダーローデス双方を演じて変化が付けられる。
 このように、どの曲においても、その変化と余韻が激しさと優しさとでスリリングな展開を交えて端麗美とリリカルな世界を見せつつ攻撃的とも言えるインタープレイを展開して、もはや単純には行かない中に深遠なる世界を見事に描く。
 M6."No Rules "に見せる低音の鋭さと高速のピアノ・アクション・プレイにドラムスとベースの絡みが面白い。
 M7."The Man With The Van "、M8." Les Hommes Des Sables"でも、フェンダー・ローデスを展開してコンテンポラリーな世界の色もうかがわせる。
 M9."Open Secret " アルバム・タイトル曲、ピアノの異様感と優しさと美しさの共存、そしてベースの対話が優しさの中に頼もしさがあり、又一方刺激的でもある。それはM10."Grande Capitano"ではその刺激性がインタープレイの展開が頂点に達して迫ってくる。

630x420xolga_konkova

 ピアノの流れは、文学的詩情の世界を単なるメロディーで迫るので無く、音の変化・余韻・強弱・リズムの変化による表現が秀悦。べースとドラムスの機動的とも言える変化との対話の中で、トリオとしての芸術的とも言える曲展開が多様な色彩をみせて迫ってくる。これは現代音楽にも通ずる音楽芸術の何物でもない。

(評価)
□ 曲・演奏 :   95/100
□   録音   :   90/100

(試聴)

① http://www.losenrecords.no/release/open-secret

 

| | コメント (2)

2015年8月11日 (火)

オルガ・コンコヴァ・トリオOLGA KONKOVA TRIO「The Goldilocks Zone」

哲学的思考からの洗練された詩情と攻撃性の世界

 

<Jazz>

 

      OLGA KONKOVA TRIO「The Goldilocks Zone」
      Losen Records / LOS13421 / 2015

 

The_goldilocks_zone

 

        Olga Konkova(piano)(electric piano on 8,9,11)
        Per Mathisen(bass)
        Gary Husband(drums,percussion)

                 2015年2月7-14日Studio Barxeta録音


 久々に魅力あるトリオ作品に遭遇した。瞑想と攻撃的アプローチ、そして思考する詩情。これが全編に展開する「芸術」とはっきり言える世界に圧倒された。
 これはモスクワ生まれでノルウェーで活動している女流ピアニストのオルガ・コンコヴァ(もしかして”コンコワ”が正しいか?)のトリオ盤。ここには友人の紹介で到達(感謝)、私にとっては初聴きの世界。
  彼女はモスクワ音楽アカデミー卒業後ボストンのバークリー音大でも学び、94年ノルウェーに移住。そしてオスロを拠点にヨーロッパ全域に渡るライヴ活動展開中のようだ。甘さの無い抒情派とスリリングな演奏で注目株だ。1969年生まれ、まさに目下脂の乗ったところと言える。


Olgakonkova1b<Tracklist>

 

1. Nardissism
2. Moscow Tears

The Goldilocks Zone Suite
                  (tracks 3to8 )
3. The Pillars Of Creation
4. Havvil
5. The Retina Nebula
6. People Of Bwiti
7. The Goldilocks Zone
8. Kepler 22B

9. Forgotten Future
10. Casa De Che
11. Matangi

 

1曲目Nardissism このスタート曲を聴くと同時に、ピアノとベースの洗練された精悍にしてメロデックなタッチに圧倒され、完全に虜になる。
2曲目 静かなクラシックかと思わせるピアノの美しい詩情。後半のベースも味がある。。
3~8曲は組曲「The Goldilocks Zone Suite」となっている。この流れはスタートから緊張感ある三者のスリリンクな交錯。ダークな世界に攻撃的とも言えるタッチで宇宙空間に放たれた異空間そのもの。全てコンコヴァの作品。この組曲のタイトルは難解というか哲学的というか、説明には「生命体が生まれ育つことのできる宇宙の領域を、”芸術”を生む”人の心の内にある、美しい思考の生まれ育つ場所”の暗喩」とある。
9曲目から再び美しいピアノが先導するが、ただそれには終わらず危機感ある響きも聴かせる。そしてそれに続くテクニカルなベースの奏法も聴きどころ。

 

Olga_konkova_a
 とにかく女流ピアニストとは思えない精悍なタッチのインプロヴィゼイション的ピアノのメロディと低音の危機感あるサウンド。そしてベースとドラムのパワフルにして鋭さのある攻勢型のサポートの展開。
 ベース奏者のペール・マティセンPer Mathisenはノルウェー人の彼女の夫。そのテクニックも尋常では無い。
 ドラムスのゲーリー・ハズバンドGary Husbandはアメリカのオールラウンド・パーカッション奏者。その為ただのリズム隊に納まらず、その攻めとサポートの落としどころをこころえている。いやはや恐ろしいトリオに遭遇した。

 

(試聴)http://www.losenrecords.no/release/the-goldilocks-zone

 

(参考視聴)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Audio CLASSIC Progressive ROCK アイオナ アガ・ザリヤン アダム・バルディヒ アデル アメリカン・ジャズ アヤ アレクシス・コール アレッサンドロ・ガラティ アンジェイ・ワイダ アンナ・マリア・ヨペク アンヌ・デュクロ アヴィシャイ・コーエン アーロン・パークス イエス イタリアン・プログレッシブ・ロック イメルダ・メイ イモージェン・ヒープ イリアーヌ・イリアス イーデン・アトウッド ウィズイン・テンプテーション ウォルター・ラング エスビョルン・スヴェンソン エスペン・バルグ エミリー・クレア・バーロウ エミール・ブランドックヴィスト エレン・アンデション エンリコ・ピエラヌンツィ エヴァ・キャシディ オルガ・コンコヴァ カティア・ブニアティシヴィリ カレン・ソウサ ガブレリア・アンダース キアラ・パンカルディ キャメル キャロル・ウェルスマン キング・クリムゾン キース・ジャレット クィダム クレア・マーティン グレッチェン・パーラト ケイテイ・メルア ケイト・リード ケティル・ビヨルンスタ コニー・フランシス コリン・バロン ゴンザロ・ルバルカバ サスキア・ブルーイン サラ・ブライトマン サラ・マクラクラン サラ・マッケンジー サンタナ サン・ビービー・トリオ ザーズ シェリル・ベンティーン シゼル・ストーム シネイド・オコナー シモーネ・コップマイヤー シャイ・マエストロ ショスタコーヴィチ シーネ・エイ ジェフ・ベック ジャック・ルーシェ ジョバンニ・グイディ ジョバンニ・ミラバッシ ジョルジュ・パッチンスキー スザンヌ・アビュール スティーヴン・ウィルソン スティーヴ・ドブロゴス ステイシー・ケント ステファン・オリヴァ スノーウィ・ホワイト スーザン・トボックマン セバスチャン・ザワツキ セリア セルジオ・メンデス ターヤ・トゥルネン ダイアナ・クラール ダイアナ・パントン ダイアン・ハブカ チャンピアン・フルトン チャーリー・ヘイデン ティエリー・ラング ティングヴァル・トリオ ディナ・ディローズ デニース・ドナテッリ デヴィット・ギルモア デヴィル・ドール トルド・グスタフセン ドリーム・シアター ナイトウィッシュ ニコレッタ・セーケ ニッキ・パロット ノーサウンド ハービー・ハンコック バンクシア・トリオ パスカル・ラボーレ パトリシア・バーバー ヒラリー・コール ビル・エヴァンス ビル・ギャロザース ピアノ・トリオ ピンク・フロイド フェイツ・ウォーニング フランチェスカ・タンドイ フレッド・ハーシュ ブッゲ・ヴェッセルトフト ブラッド・メルドー ヘイリー・ロレン ヘルゲ・リエン ペレス・プラード ホリー・コール ボボ・ステンソン ポーキュパイン・ツリー ポーランド・プログレッシブ・ロック ポール・コゾフ マッツ・アイレットセン マツシモ・ファラオ マティアス・アルゴットソン・トリオ マデリン・ペルー マリリオン マルチン・ボシレフスキ マーラー ミケーレ・ディ・トロ ミシェル・ビスチェリア メコン・デルタ メッテ・ジュール メラニー・デ・ビアシオ メロディ・ガルドー モニカ・ボーフォース ユーロピアン・ジャズ ヨアヒム・キューン ヨーナス・ハーヴィスト・トリオ ヨーナ・トイヴァネン ラドカ・トネフ ラーシュ・ダニエルソン ラーシュ・ヤンソン リサ・ヒルトン リズ・ライト リッチー・バイラーク リリ・ヘイデン リン・エリエイル リン・スタンリー リヴァーサイド リーヴズ・アイズ ルーマー レシェック・モジュジェル ロジャー・ウォーターズ ロバート・ラカトシュ ロベルト・オルサー ローズマリー・クルーニー ローレン・ヘンダーソン ヴォルファート・ブレーデローデ 中西 繁 写真・カメラ 北欧ジャズ 問題書 回顧シリーズ(音楽編) 女性ヴォーカル 女性ヴォーカル(Senior) 女性ヴォーカル(ジャズ2) 女性ヴォーカル(ジャズ3) 寺島靖国 戦争映画の裏側の世界 手塚治虫 文化・芸術 映画・テレビ 時事問題 時代劇映画 波蘭(ポーランド)ジャズ 相原求一朗 私の愛する画家 私の映画史 索引(女性ジャズヴォーカル) 絵画 趣味 雑談 音楽 JAZZ POPULAR ROCK SONYα7